クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

後悔しない!新車の色選びに困ったとき失敗しない方法

      2016/02/15

c6175f74c5c4bc9d48e997659ef6456e_m

新車を購入するときに、決めていたはずのボディーカラー。

でも突然急に、どの色を選んで良いのかわからなくなってしまった。

中古車は在庫状況などで色は決まってしまう場合がほとんどであるが、
新車は自分で決められるので選択肢は豊富にあります。。

最終的に後悔したくはありませんので、どんな色を選んだほうが良いのでしょうか。
もし悩んでいれば、基準として考えてみてもいいかもしれませんよ!

新車のボディーカラーを選ぶときの基準方法

carlineup_aqua_compare_01_pc

ボディーカラーを選ぶ基準は人それぞれあると思いますが、

ありすぎて逆に悩むかたもいるでしょう。
確かに新車のボディーカラーというのは決めてしまうともう変更がききません。
(アクアなんて選んだらゴクリ…)

一旦決めてしまうとキャンセルが効くわけではないので、
あとは納車になるまで待つだけなんです。

よく言われているのが、時代背景と選ぶボディーカラーは結構類似するらしく、
景気が良いときにはカラフルな色が人気がでて、
不景気のときにはモノトーンが売れる時代もあったようなんです。

時代背景で消費者の心も変化していくってわけなんです。

カタログにある最初のページがメーカーおすすめ


「色の種類がありすぎて決められません涙」

もしこんな悩みを本気で抱えているなら、
カタログにある最初のページ」のボディーカラーを選びましょう。

基本的にはそのメーカーがカタログに出してくる色が、
メーカー押しのカラーになるので、
「奇抜な色を選んで、失敗したくない!」、
「できれば無難な色がいい」
などと考えているのであれば、カタログを参照にしよう。

カタログに載っているということは、メーカーでのイメージカラーと一緒なので
選んでおいて失敗はないといえるでしょうね。
大きなハズレはしないに越したことありませんからね。

人気車種のボディーカラー:アルファードの場合

IMG_2562

参考:進化が止まらない!トヨタ 新型30系アルファードが欲しくなる!

新型アルファードの場合はラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャイン(086)という、
パールホワイトの新色がイチオシのようです。
確かに街で走行しているのを確認すると、1番多く走っているようなきがしますね。

IMG_2563

ちなみにアルファードのパール系は全て別途32400円かかります。
パールカラーは3層の塗料が塗装されているんで、
金額が、ちょっと高くなります。
ボディカラーを変えると金額変わるって案外知らない人多いと思いますね。

人気車種のボディーカラー:シエンタの場合

IMG_2561

参考:トヨタのショールームで新型シエンタの展示車・試乗車を見にいった!

新型シエンタの場合は、エアーイエロー(586)という、
なかなかの奇抜な色を押していることがわかります。

メーカー押ではありますが、
まだ販売が始まったばかりなので実際にこの色が一番売れているかどうかは
なんとも言えませんね。

売却を想定しておくこと

51029459LF004

それでも悩むっていう方には取っておきの方法を教えます。

悩んだ時には売ることを想定しながら買うことも大切です。
一般的にボディカラーの80%は「白『パールも含む』」「シルバー」「ブラック」系
占められているので、この3色を選んでおけば無難といえば無難です。
よくよく公道で走っている車をみると、本当にこの3色のカラーが多いことに気がつきます。

車が高く売れる!人気のボディーカラーはどんな色?
車が高く売れるボディーカラーって何色? 新車や中古車を購入するときにも悩みますよね、「車の色」 購入するときには、これから愛車として付き合っていくために、 ま

参考:車が高く売れる!人気のボディーカラーはどんな色?

その中でも冒険をせずに安定的に高価買取りを狙いたいのであれば、
ブラックかパール系がおすすめです(シルバー系は個人的に地味すぎて好きではありません)

あえて順列をつけると、もっとも高く買い取りをしてくれるの色が「ブラック系」
ただブラックカラーは傷がとても目立ちやすいので、
新車を購入してマメにボディメンテナンスをすることができる方であれば問題はないだろう。

ただ逆に、車の面倒を見れない人間がブラックカラーのクルマに乗ると、
結局車を傷だらけにしてしまい、査定時に外装評価にてマイナス査定をされてしまうのです。

パール系はボディーメンテナンスをしない方でも大丈夫です。
傷が目立ちにくく、さらに色に深みがあるので、よほどのことがない限り
流行り廃りがありません。

私の場合は、パール系がしか乗ったことがありません。

  • あまり洗車をしない
  • 傷が目立つのが嫌
  • 明るい色が好き
  • 奇抜な色が好きではない
  • 査定するときに高く売りたい

このような理由から私は自然とパールの車を選ぶようになっています。
購入価格が高いということは、買取価格も高いということですからね!

最終的にはあなたの直感

brainstorming-411589_1280

こんなことを言ってしまうと身も蓋もない話になってしまうが、

せっかく新車を購入するなら直感的に「これいい!」と思った色を選んだほうが
後々後悔しないで済むのではないのでしょうか。

赤だって、色鮮やかなブルー系だって構いません。
「自分がこれだ!」と思った色は本当に好きなボディーカラーといえるでしょう。

たぶん私の経験則も入ってきてしまいますが、
悩んで悩んで悩みぬいた色って案外あとで「 後悔 」することが多いですからね。

直感ってなかなか大切な要素なんですよぉ。

車一括査定がおすすめ
私は新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - 新車を購入するための基礎知識