初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

人気記事セレクション1.プリウスの下取り額に大きな不満!一括査定を使って高く売却する方法
2.【悲願達成】私が新車のハリアー(PREMIUM)を買うことができた3つの理由
3.新車におすすめ!ガラスコーティングは「ピカピカレインプレミアム」で決まり!

高く売れる車の特徴

10万以上の差が?! 車が高く売れる人気のボディーカラーはどんな色?

更新日:

車が高く売れる!人気のボディーカラーはどんな色?
車が高く売れるボディーカラーって何色?

新車や中古車を購入するときにも悩みますよね、「車の色」

購入するときには、これから愛車として付き合っていくために、また将来車を売るときにできるだけ高く売るために、人気のボディカラーを選択することに越したことはありません。

そもそも、ボディーカラーによって査定額の”違い”があるのか?

やはり、「ホワイト」や「ブラック」などの定番色のほうがいいのか、また奇抜な色を選ぶと、最終的には安く見積もられてしまうのか。

意外と知られていなかった、車査定とボディーカラーの相場についてお話しましょう。

車の査定にボディーカラーは関係する?

日本の道路では、どの色が多く走っているのか。

査定額についてお話する前に、日本の主要道路では何色の車が多く走っているかご存知でしょうか?

Img color 0
(GAZOOより転載)

このデーターを見てもらえればお分かりになると思いますが、

「ブラック」「パールホワイト」「シルバー」が圧倒的に多い。

なんと全体の80%以上がこの3種類のカラーです。

正直、もっと少ないと思っていましたが、それだけ日本人が「無難な色」「鉄板カラー」を選ぶ気質があることがわかるはずです。

また、奇抜な色は年齢層で言うと若者や、車のタイプでいってもスポーツカーや軽自動車が多いので、どちらにせよ、若年層が多いのが特徴です。

ボディーカラーでの車の査定に影響するのか

それでは買い取り市場において、車の色は査定にどう影響するのでしょうか?

Img 01
(GAZOOより転載)

ここで今回のテーマの結論。

車のボディーカラーで違いで査定額は変わります!

「ホワイト(パールを含む)」と「ブラック」がもっとも買取価格が高く
「シルバー」に関しても赤やグレーなどよりも査定額が高くなる傾向にあります。
考え方は簡単で。

ブラック、ホワイト、シルバーは公道をよく走っている色。

ブラック、ホワイト、シルバーは人気カラーである。

人気があるので、価格の上下変動が少なく、さらによく売れるので人気になる。

査定・買い取り価格も自然とあがっていく。

このように、単純な理由からなんですね。

では実際のとことボディーカラーでどのぐらいの差が出るのでしょうか?

車を同じ条件で査定したとこの違い

スクリーンショット 2015-10-15 06.16.05
(GAZOOより転載)

実際にトヨタのアクアを使って同じ条件にて査定してみました。

アクアは14色もの、カラーバリエーションから構成されているのですが、

なんと、色の違いでだけで、最大約12万円の差がついたのです。

ちなみに、左から「ホワイトパール」「レッド」「イエロー」の順番です。

売り手の立場からすると、奇抜な色よりも、無難な色、悪く言えば「当たり障りない色」の方が売りやすいのが本音なのではないでしょうか。

奇抜な赤や黄色などを選ぶユーザーは限られてしまいます。

そうやって考えてみると答えはでるはずですよね。

定番色のほうが奇抜な色と比較して高く売ることができるのですね。

「ボディーカラー」だけで「高く売れる」ようになるのか

黒い車は傷が目立ち、傷が目立つとマイナス査定にもなる

じゃあ「ブラックカラー」が無条件で高く売れるのか?といえば、そんなことはありません。

黒い車のよく言われる、デメリットが傷が目立ちやすくなること。

傷が目立ちやすいので、しっかりとボデーメンテナンスしていないと、外装がすぐに傷だらけになるのです。

なので、買い取り相場が高い車であっても、せっかくの「人気カラー、売れるカラー」でもマイナス査定になる原因になるのです。

買い取り前の全塗装や補修塗装は無意味

当たり前の話になってしまいますが、不人気カラーだからといって全塗装したり、補修部位の傷を隠すために塗装することは、無意味です。

なぜなら、傷がついていることで、査定は減点にはなってしまうのですが、減点よりも、塗装金額の方が遥かに高くつくからです。

そんな、報われない労力と時間、さらにはお金を投入するぐらいなら、査定前にしっかりと洗車することのほうが大切です。

ボディの傷は、コンパウンドで丹念に磨いても充分目立ちにくくなります。

それでも、傷が消えないのであれば、甘んじて減点を受け入れることも大切ですからね。

まとめ

「ブラック」「ホワイト」「シルバー」などのボディーカラーは、

無難な色だからこそ人気もあり、再販もしやすいので査定額があがります。

でも、ボディーカラーも大切なのですが、市場価値が、なによりも大切だということを忘れてはいけません。

100万円の価値がある車にボディーカラーがプラス査定されて、買い取り金額がアップすることはありますが、価値がない車に、なにを掛けても0なんです。

  • 100万円の価値×1.05のプラスαの査定=105万円
  • 0万円の価値X1.05のα査定=0円

だからと言って、「古いから」また「走行距離を走っているから」って理由だけで
諦めるのはよくありません。

案外自分で思っているよりも、市場での評価は高いかもしれませんよ。

まずは自分の車の価値を知ることが大事ですからね。


私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

 
かんたん一括査定ガイド

-高く売れる車の特徴

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.