クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

新車を購入する?トヨタ 新型30系アルファードが欲しくなる!

      2016/07/13

新型30アルファードを撮影

今回改めて新型アルファードをゆっくりと見る機会があったので紹介します。
機能的な面ではなくて「見た目」をざっくりと評価してみた。

やはり「高級ミニバン」の最高峰と言われるだけのポテンシャルは
秘めていますよねぇ。

ではいきましょう。

SponsorLinks

トヨタ30系 新型アルファードのエクステリア

今回の新型アルファードに乗ってみたのですが、
改めて「アルファードは高級ミニバンだなぁ」と感じてしまった。

私も20系でアルファードユーザーになってから5年ぐらい経ちます。
子供が小さいからという理由で家族に急かされて購入しました。

ただこの30系アルファードに関しては、
子供がどうこう言う前に見た目というか、存在感というか
がかなり凄いなと感じました。

ちなみに色は写真ではわかりにくいかもしれませんが、
ラグジュアリーホワイトパールクリスタルシャインガラスフレークながっ!(笑)」
カラーナンバーは086という新色である。

IMG 2451

見た目の品格や落ち着きなどがヴォクシーやエクスワイアなどと比べて明らかに違います。

ボディサイズのせいもあるのだが、どちらかと言えば威圧的といえる。
10系から20系に変わった時は「まぁこんなものか」ぐらいだったが、
30になってからよりフラグシップモデル感が高まった気がします。
もう庶民的な車じゃないよね。

また最近のトヨタ車の特徴はレクサス風のスピンドルグリルが主流になっており、
グリルの形状が10系アルファードに比べると2倍以上大きさがあるのではないでしょうか。

IMG_2495

ヘッドライト形状も流線型になり、睨まれている感がすごい。

IMG_2504

全車標準でLED仕様のヘッドランプを採用しています。
またハイグレードタイプはクリアランスランプにデイライト機能を持たせています。
※カスタマイズ機能を使用してオン・オフ選ぶこともできます。

またフロントバンパーに関してもスポイラーを取り付けしていない状態でも、
カスタマイズされているかのように感じるのは私だけ?

全体的に車高が低く感じるのでそうやって思うのでしょう。

IMG 2455

新型アルファードをサイドから撮影

IMG 2454
ワンタッチオープンになったスライドドアに関しては、
見た目に関して言えば、前のモデルと変化はありません。

サイドからみる30アルファードの特徴的な部分なのですが、
やはり持ち上がったテールレンズの高さが気になるところだろう。

周りでもこちらに関しては、好みがあるようでした。
好きっていう人もいれば、うーんイマイチっていう人もいて
「ホント、車って人それぞれの好みがあるんだぁ」としみじみと感じました。

これが「マルチアングル全周囲モニター」101,520円専用のカメラになります。
下に埋込されているので後付け感が全くありません。
IMG_2503

これがカメラ無しの標準ミラーになっています。

IMG_2494

新型アルファードをリヤからの撮影

IMG 2453
こうやって俯瞰してみると、確かに特徴的だと思います。

初めて見たときは正直「え?」って思いましたが、
今になってマジマジとみると悪くない、いやむしろ高級感があり、重厚感も感じさせてくれます。

バックドア一面に立体的に写していつそのフォルムの
インパクトはかなり大きいです。

天井のリアスポイラーが主張しすぎているきらいもありますが、
それだけ高級ミニバンなら仕方ないか?
もう少し小振りであっても良かったのではないか?
と感じました。

IMG_2493

まとめ:高級ミニバンの金字塔的な存在である

今現状で高級ミニバンのトップを走っている車と言っていいでしょう。

機能面やインテリアなどは次回改めて記事を追加していく予定ですが、
やはりまず大事なことは「人間と一緒で車も見た目だな」ってこと。
それがないと始まらないですしねぇ。

私も前の20アルファードを購入したときは、
子供も、あまりの大きさに目を丸くしていました。

  • 子供が生まれて新車購入を検討中のかた
  • 10系でアルファードをそろそろ入れ替えのかた
  • とにかく大きなミニバンに乗り換えたいかた

一度展示車をご覧になってみてください。

たぶん・・・欲しくなりますよぉ。
だって私もそうですもん笑。

新車を検討中の方は、
一度は見積りをとって、購入シュミレーションをしたほうが、
より具体的にイメージが掴めると思います。

でも、わざわざディーラーのショールームまで来店して、
時間をかけて営業マンと対面してまで、見積りをとってもらうのが面倒な場合や、
まだ購入を決めたわけでもないのに、営業されるのが嫌な方だっているでしょう。

そんなときには、WEBからでも手軽に見積もりがとれるサービスがあります。
新車の詳細な見積もりをかんたんに取るなら、無料で申し込みが可能である。

日本最大級の新車見積もりサイト
オートックワン
を利用してみてはいかがでしょう。
車一括査定がおすすめ
私は新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。
高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - アルファード