クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

50万円以下の車を狙え!失敗しないはじめての車選びコツ

      2016/02/17

2f3a078be7492fb01d2536f96f37e393_m

はじめて車を購入するコツは「50万円以下の車を選ぶこと」
私はいつもこのように思っています。
「安いから」という理由ももちろんありますが、車はそれだけではありません。
「安い」という価値感にプラスαが存在しているのです。

「50万円以下」の車は税金がかからない

最初に伝えますが50万円以下の車は「自動車取得税」がかかりません。
非課税になります。まずここが大きなメリットではないでしょうか。

2015年 中古車・新車を賢く購入するため自動車取得税の計算方法
今回は、自動車取得税について説明します。 ちょっと車の税金ってきくと、とっつきづらく感じている人もいるかと 思いますが安心してください。 ・・・・・ ・・・

参考:2015年 中古車・新車を賢く購入するため自動車取得税の計算方法

自動車取得税は車の基準価額によって左右されるので、
元々低価格な中古車に関しては課税されないような計算式になっています。

「50万円以下」の車を購入しても税金が高ければ全く購入する意味がありません。
はじめての車選びはとにかく経費を抑えることが先決です。

「50万円以下」の車は価格の安心感が違う

また50万円の車をおすすめしている理由が、
価格面での安心感だと思います。

はじめて車を購入するときには不安はつきものです。
いきなり100万円以上する車を購入しても大丈夫なのだろうか。
はじめて車を購入するならば悩む気持ちもよくわかります。

また最近では不景気ということもあり給料が少なく不安なことも多いですし、
ボーナスカットという企業も珍しくありません。

そんな状態では長い年数の自動車ローンを組みたがらなくなってきていまし、
不安を抱えたまま車を乗り続けることは、あまりいいことではありません。

それでも「50万円以下」の車なら、金額的にも心理的にも不安がなく購入できるのではないでしょうか。
人間はなにかおおきな買い物をするときには「50万円」や「100万円」というのは
心理的にも安心できる数字なのです。

最近では「50万円以下」の車もしっかりと整備されて安心に
乗られる車が増えてきています。

「50万円以下」の車でも壊れにくい

また50万円以下の車といっても、
今の車ははっきりいって壊れにくいのが特徴です。
60年代、70年代の日本車などは10年10万kmなのて乗っているだけで、
骨格に亀裂などが入ったものです。
しかし今の車は10万kmは当たり前で、
20万km、25km過ぎている車だって珍しくありません。
現にプリウスのタクシーなどは50万km走行車だってあるのです。

10年を超えた車が1年車検から2年車検になったことも、
同じ理由からです。
定期交換部品の長寿命化、また部品品質の向上で50万円以下の車だって、
しっかり整備された車は安心してもいいでしょう。

安いだけの中身の無い会社を選ばずに、
購入先さえ間違えなければ長く乗ることだって可能です。
車が売れないことも、車が壊れないからだという結論も間違ってはいないのですね。

ただ、だからと言ってはじめて車を購入される方は特に、
個人売買はおすすめしていません。
車の知識も十分ではないうえに、保証がないので後々のトラブルを招きかねません。

自動車の知識はありますか? 車の個人売買が危険な3つ事例
車をできるだけ安く購入したい。 そのように思っているかたはたくさんいるでしょう。 車は高額な買い物ですし、今の時代長期ローンなんてとても組めない。 だけど欲しいも

参考:自動車の知識はありますか? 車の個人売買が危険な3つ事例

同じ中古車でも、個人で購入するのと、しっかりとした販売店から購入するのでは
故障のリスクと故障後のアフターフォローなども全然違います。
個人売買はしっかりと知識を持ったうえでチャレンジしてみよう。

はじめての車は「事故」が多い

やはりはじめて車を運転する初心者ドライバーさんは、
どうしてもベテランドライバーさんと比べて事故をおこす可能性が高くなります。
それは若い方々の保険料金の違いからも明らかになっています。

事故を起こす前提で車を乗るわけではありませんが、
常に起こりうるリスクと考えていたほうがいいでしょう。

新車を購入して車両保険に加入せずに支払いができなくなった、
悲惨な状態を何度も見てきました。
新車と比べてはいけませんが、やはりショックの大きさが違います。
「自分は事故をおこすことはないだろう」と決めつけるのではなく、
「自分も事故をおこすかもしれない」と考えなければいけません。

なにも自分だけが原因なわけではありません。
相手からくるもらい事故だってあるのです。
それなら運転が未熟なうちはできるだけ安い車を購入したほうがいいだろう。

それならやはり50万円以下の車が、適切かもしれませんね。

まとめ:はじめての車はなるべく安く抑えよう!

すこし視点をずらせばわかりますが、「数百万円」の新車を購入するより、
「50万円以下」の中古車を購入したほうが、
楽ですし、なによりも支払いに無理がないので楽しい日々が過ごせます。

また50万円以下の車は価値が下限まで下がっているので、
もったいないと思うこともありません。
自分の手となり足となりよりアクティブに使用することができますからね!

スクリーンショット 2016-02-17 03.54.33
やはり中古車の在庫を確認するなら大手のメーカーが1番です。
ガリバーの累計販売台数は30万台。
累計買取台数は300万台。時間にすると、
4分に1台を買い取り、11分に1台を販売している計算になります。
しかも最大で10年の保証期間があるから、長く乗る愛車を探している方にはおすすめします。

できるだけ安く、さらに安心してクルマ選ぶなら、

中古車のガリバーで格安中古車を購入しましょう。


また、中古車の購入に伴い、今乗っている車をより高く売るなら、

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

►►愛車の「 最高額 」を一括査定で調べてみる。

かんたん一括査定ガイド

 - 予算50万円の格安中古車