初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

人気記事セレクション1.プリウスの下取り額に大きな不満!一括査定を使って高く売却する方法
2.【悲願達成】私が新車のハリアー(PREMIUM)を買うことができた3つの理由
3.新車におすすめ!ガラスコーティングは「ピカピカレインプレミアム」で決まり!

予算50万円の格安中古車

はじめての車選びに「50万円以下の中古車」にすると失敗しない理由

更新日:


「50万円以下の中古車を選ぶべき」

はじめて車を購入するコツを聞かれた場合、私はいつもこのように答えています。

もちろん「安いから」というベースの考えがあるのですが、決してそれだけではありません。

はじめて車を買うという部分に、もっと着目してもらいたいのからです。

「自分の好きな車が欲しい!」「やっぱり新車が良い!」という気持ちすごく良くわかります。

でも、「50万円以下」の車を買うことで、ランニングコストを抑えることはもちろん、心理的なストレスがなかったりとメリットは思った以上たくさんあるんですよね。

►►中古車のガリバーで50万円以下の車を探してみる。
 

50万円以下の中古車にすると失敗しない5つの理由

「50万円以下」で購入できると金額面・心理面の負担が少ない。

昔は「アルトの新車が50万円以下で!」なんて言われていた時代もありましたが、現在ではそんな安い価格で新車を購入することはできません。

 

現在では、安くてもミライースの76万円、アルトの86万円などがもっとも安い価格です※もちろん税金を含めない車両本体価格。

 

でも当時、47万円で販売していたアルトは飛ぶように売れていました。
なぜなら、50万円以下で車を購入できるという心理的なメリットがあるからです。

 

はじめて車を購入するときには誰だって不安はつきもので、いきなり「100万円以上する車を購入しても大丈夫なのだろうか」と思わないほうがおかしいのです。

 

 

不景気が当たり前になっているこの時代では、給料が少なく毎年の昇給も見込めません。 もちろん年に2回のボーナスなんて当たらないのが当然になっているので、先行きに不安な気持ちになることも多くあります。

 

 

そんな状態で、長く果てしない分割ローンを組むことはおすすめできませんし、支払いに不安を抱えたまま車を乗り続けることは精神衛生上良いことではありません。

 

それでも「50万円以下」の車であれば、金銭的にも心理的にも不安がなく購入できる「ギリギリのライン」ではないでしょうか。また、人間はなにか大きな買い物をするときには「50万円」や「100万円」というのはキリの良い数字は心理的にも安心できる数字なのです。

「50万円以下」の中古車は取得税がかからない

また、50万円以下の車は「所得税が免除」され非課税になります。

 

自動車取得税は、新車時の値段が高ければ高いほど、また高年式であればあるほど課税され税金が重くのしかかってきます。もちろん、新車でも中古車でも税率は違いますがどちらも平等に課税されてしまうのです。

 

どんなに安く購入できても税金が高ければ意味なしです。その点で50万円以下の免税は余計な負担がなく数万円のコストカットに繋がります。

「50万円以下」の車でも現在の国産車は壊れにくい。

50万円以下の車といっても、現在の国産自動車は壊れにくくなっています。

 

例えば、80年代から90年代の国産車または、10年前までの外車などは10年10万km乗っているだけでボディのフレームに亀裂が入ったものです。

 

しかし今の車は10万kmは当たり前で、20万km、25km過ぎている車だって珍しくありません。現に現在タクシーとして使っているプリウスは50万km走行していても状態が落ちていません(もちろん適切な整備は必要です)

 

10年を超えた車が1年車検から2年車検になったことも同じ理由からで、定期交換部品の長寿命化、また部品品質の向上で50万円以下の車だってしっかり整備された車は安心してもいいでしょう。

 

もちろん、友人や知人などから個人売買で車を購入する場合は危険かもしれません。車の知識も十分ではないうえに、保証がないので後々のトラブルを招きかねません。

 

車の初心者が知り合いから個人売買をすると失敗してしまう絶対的な理由

「個人売買を利用して車をなるべく安く購入したい」 できれば借金などせずに、現金で購入できるに越したことはありません。 ただ、車の専門的な知識がない人ほど、個人売買に失敗する方が多いのが現状です。 個人 ...

続きを見る

 

同じ車種の中古車を、全く同じ金額で「個人」と「販売店」から購入するのでは乗ってから起こりうる故障のリスクと、故障した後のアフターフォローなども全然違います。

個人売買ほど、安さにつられて失敗する確率が高い方法はないのです。

はじめての購入する車は「事故」を起こす確率が高い。

やはりはじめて車を購入するユーザーは、運転に慣れたドライバーと比べて事故をおこす可能性は高くなります。それは、若い18歳から25歳までの保険料金の違いからも明らかです。


事故を起こす前提で車に乗るわけではありませんが、常に起こりうるリスクと考えていたほうがいいでしょう。

 

新車を購入して車両保険に加入せずに支払いができなくなった悲惨な状態を何度も見てきました。

また、新車を購入して車両保険の高さに支払いができないユーザーもたくさん見てきました。

 

確かに現在の新車は、自動運転補助装置など安全レベルは非常に高くなってきていますが、そもそもの価格が違いすぎます。

 

運転技術は、経験に伴って上昇してくる傾向があり、1年を通して色々なシチュエーションを経験することで技術も比例して高くなっていきます。まだ、運転が未熟な間は、できるだけ安い車を購入したほうがいいでしょう。

 

「50万円以下で購入できる安い車」なら、自動車保険に手厚い補償をつける必要もありません。

 

修理代が高くなるような事故を起こしてしまったら思い切って廃車にする」ぐらいの割り切りできるのも大きな魅力。
新車だとそうはいかないですしね。

 

最低でも、対人対物無制限だけ加入していれば問題ないですし、自動車保険見積もりを使って安い自動車保険に切り替え、さらなるコストカットを目指しましょう。

まとめ

やはり「100万円」の新車を購入するより、「50万円以下」の中古車を購入したほうが、支払いに無理がないので精神衛生上ストレスがなくなります。

 

その結果、後悔することもなく失敗する確率は非常に低くなります。事故や大きな故障があれば思い切って廃車にすればいい。はじめて車を購入するならこのぐたいの気持ちでいたほうがいいんです。

 

もちろん、事故は自分の不注意で起きてしまいますが、故障については正しくお店選びをすることで回避することができます。

 

例えば、中古車のガリバーは手厚いアフターサービスがあるので故障があっても安心で、100日間の返品制度もあるので「失敗するリスク」を最小限に抑えることもできます。

 

できるだけ安く、さらに安心して中古車を選ぶあなたに最適なサービス。

 

►►中古車のガリバーで格安中古車を購入しましょう。
 

車一括査定がおすすめ
私は新しい車の購入費用のため、自分の乗っていた「プリウス」をディーラーに下取りしたところ予想を下回る査定額でした。

だから、下取りは一旦やめて一括査定を申し込み複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がつきました。

かんたん車査定ガイドは他社とは違い、おおよその「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場」がわかります。

高価査定を勝ち取るには、やはり徹底した査定額の比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

►►【無料】愛車の一括査定はこちら。

 
かんたん一括査定ガイド

-予算50万円の格安中古車

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.