初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

予算50万円の格安中古車

安い価格で販売している、外車中古車の故障の確率とその対策方法。

更新日:

「外車=故障」こんな先入観を抱いている方もきっと多いはず。

でも実際、市場に出回っている輸入車は故障が起きやすいのでしょうか?

これから輸入中古車を購入しようと検討している方の不安にある「故障頻度」について。

外車に乗るのは憧れなんだけど、故障が怖いし修理代も高そうなので買うのを躊躇しちゃうんだよね

私も昔からよく質問されることなので、この際はっきりと説明をしましょう。

あなたが思っているほど外車は壊れやすくはないですよ」ってことを。

昔の外車は、国産車よりも壊れやすかった。

確かに、外車は故障するイメージがありますが、ただそれはあくまで80年代から90年代の話です。

90年代後半ぐらいまでの外車、特にヨーロッパ車は消耗品を早めに交換させる高品質車でした。

例えば、アルファロメオなんかは10万kmに1度交換する必要がある「タイミングベルト」も4万〜5万kmで交換する必要があったのです。

ただ、21世紀に入ってからのヨーロッパ車は日本車の「故障しない車」を手本として修理部分を極力少なくして故障の少ない車と変貌を遂げました。

もちろん「ブレーキパッド」「バッテリー」「ベルト」などの消耗品は日本車と同様に外車も走行距離に応じて交換が必要です。

ですが、消耗品の交換は故障とは言いません。

確かに200万円以上もする中古車と、100万円以下で購入する中古車の故障する確率は100万円以下の方が高くなりますが、でもそんなのは国産車も一緒ですよね。

ただ、それよりも外車の修理には国産車に比べて不利な面があるのです。
それが修理費用の高さになります。

修理費用は外車のほうが高い。

残念ながら修理費用については、国産ディーラーよりも外車ディーラーのほうが高くなります。

例えば、車検なんかも国産ディーラーに比べて外車のディーラーのほうが約1.5倍高くなります。

ただ、外車の場合「部品代」が高いわけではなく、その外車を修理する「ディーラー」や「ディーラー直販の修理工場」などの「修理工賃」が高いのです。

つまり、「外車の修理=割高」になるというイメージは、パーツではなく「修理する工場」が高いからこそくる間違った解釈であり、ちゃんと良心的なカーショップに申し込めば修理費用を抑えることも十分にできるのです。

外車を修理する良心的な修理工場は存在する。

例えば、アウディに乗っていて車が購入した場合、本当なら「アウディ正規ディーラー」に修理に出しますよね。

私だってそうするはず。だって「購入した場所=修理する場所」が普通ですから。

ただ、実際にはお金がかからない「中古車の保証修理」や「リコール作業」なら購入場所で修理するべきなのですが、保証期間が過ぎてしまったときには、無理をして「購入先」にて修理する必要はありません。

修理を持ち込んだとしても、いつもどおりの「高額な修理代を請求される」だけ。

それなら、今までのあなたが使っていた馴染みのある修理工場で請け負ってもらうか、もし、知り合いの修理工場が
ないのであれば、外車の格安修理をMKファクトリーなど専門店を選ぶこともひとつの選択でしょう。

※そもそもそんな専門店がある事自体「外車」の修理費は高いと言っていると同じなんですけどね。

「50万円」ぐらいの中古車を購入しても大きな問題ない。

300万円の新車なら購入しても不安を感じることはありません。 だって新車ですから。

だからといって、「50万円代の中古車」が悪い理由にはなりません。

例えば、フォルクスワーゲンゴルフなどは、輸入車の中でも特におすすめです。

なぜなら、「ゴルフ」は日本でも人気が高くて、輸入中古車の中でもとりわけ在庫が豊富だからです。

これは、ガリバーで在庫している一部を切り取ったものですが、ゴルフは、「50万円程度」で購入できるおすすめナンバー1の外車になります。

万が一故障したとしても、部品代は国産車とほとんど一緒ですし、在庫数が多いので中古パーツなど出回っています。

まとめ

外車が壊れやすいのは、21世紀になる前のこと。

現在では、そんな事実は一切ありません。

故障する確率は、予算によって変化していきます。 新車なら故障する確率は低く、安く購入したのなら故障する確率が高いそんなのは国産車でも一緒のこと。

いずれにしても、「輸入車は壊れやすい」という理由で買うのをやめるというよりも、壊れても「保証などが手厚い中古車販売店で購入する」という判断基準にしたほうがいいでしょう。

それだけ、アフター修理があるかないかの違いは、中古車を買うにあたって大事なことなんですから。

スクリーンショット 2016-02-17 03.54.33
やはり中古車の在庫を確認するなら大手のメーカーが1番です。

ガリバーの累計販売台数は30万台。累計買取台数は300万台。

時間にすると、4分に1台を買い取り、11分に1台を販売している計算になります。
しかも最大で10年の保証期間があるから、長く乗る愛車を探している方にはおすすめします。

できるだけ安く、さらに安心してクルマ選ぶなら、

中古車のガリバーで格安中古車を購入しましょう。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

-予算50万円の格安中古車

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.