初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

人気記事セレクション1.プリウスの下取り額に大きな不満!一括査定を使って高く売却する方法
2.【悲願達成】私が新車のハリアー(PREMIUM)を買うことができた3つの理由
3.30系アルファードのおすすめグレードが「X」である3つの理由

新車を購入するための基礎知識

新車の大幅値引きは自分の周辺にいる「紹介」で有利なる。

投稿日:

新車の大幅値引きは自分の周辺にいる「紹介」で有利なる。

新車の値引き額を最大にするために、友人や知人、同僚などからディーラーの営業スタッフを紹介してもらえるとこれ以上有利なことはありません。

この記事では「紹介」の大きなメリット。

それから、気をつけなければならない注意点、また最低限やっておくべきことを書いていきます。

もし、あなたの周りにディーラーの常連客がいたら、積極的に利用してみるべきでしょう。

新車購入時には「紹介」で有利になる。

買う側からしてみれば紹介されると有利になる

そもそもなぜ、友人や知人また同僚などの紹介で有利に働く可能性が高いのか。

その理由は、自分のお客さんから紹介されたユーザーを営業スタッフ達も雑に扱うわけにはいかないから。

たとえば、長い付き合いのあるお客さんから紹介を受けた場合、そのユーザーさんの紹介を意味あるものにするため通常の新車の値引額も多めになる傾向があります。

これはもう、一見客として来店し、商談するよりも値引き額に雲泥の差が生まれます。

もちろん、上役から紹介されるのも効果的。

たとえば、役員は当然のこと、店長やマネージャークラスからの紹介なら尚更営業スタッフも値引きも多めにする傾向があります。

つまり紹介とは、1対1の戦いではなく2対1の状況になること。

紹介を受けた時点で営業スタッフとあなたの1対1の交渉のはずなのに、営業スタッフからは1対2の状況になっているのです。

参考:SLAM DUNK

このときの営業マンの心境は、まるで桜木の存在が気になって仕方がない沢北のようですね(笑)

いずれにせよ、もし周りを見渡して知り合いに紹介してもらえる環境があるなら積極的に利用するのがベストでしょう。

有利になるとはいえ、無理難題は禁物

とはいえ、紹介される側も「横柄な態度」をとるべきではないことは肝に銘じておくべきでしょう。

紹介してくれた人のメンツを潰したり、ディーラー内での評判落としてしまうことも十分にあるからです。

たとえば、商談時に非現実的な値引き交渉をしたり、VIPユーザー以上の過剰サービスを要求したりすることです。

しかも、「俺は紹介されたんだから当然と」言わんばかりの態度が続けば、下手をすると「お引取りください」と言われることもあります。

当然、営業マンも血の通った人間です。

誰かの紹介で有利な立場にあるとはいえ、買う側に節度がなければそのアドバンテージを十分に活かすことはできないでしょう。

値引き額が増える一方で下取り額が減る。

紹介を受けると、単純な値引き交渉においては有利に働くと言いました。

ざっくりとした例えで説明すると、通常10万円の値引きが限界な車種を、紹介者のメンツを潰さないためにも15万円の値引きが実行されることがあります。

しかしその一方で、下取り査定額が減る可能性があります。

なぜなら、値引き額の損失を、下取り額で帳尻を合わせようとするから。

さきほどの例をもう一度挙げると、紹介者のメンツを潰さないために限度額の10万円よりも5万円多い、15万円の値引きが実行されたとして、その一方で、下取り査定額が15万円あるはずなのに、10万円しか査定額がつかないこともあるのです。

要はディーラー側としては、販売分のマイナス分を下取り査定額で補填・調整して取り返そうとするんです。

・通常値引き10万円-紹介による値引き15万円=5万円のマイナス
・本来の下取り査定額15万円−下取り調整額10万円=5万円のプラス

 

これでは、せっかくの紹介が意味のないものになります。

そんな意味のないものにしないために、下取りする車種の本来の『市場価値』を知っておくことが必要です。

そのためには、一旦アプローチを変えて下取り車の査定から買取査定に切り離して考えるのがベスト。

とくに、スマホからでも簡単に申し込みできる、無料の一括査定の比較サイトを利用すれば、あなたの下取り額が正当な価格かどうかをすぐに比較することができます。

たとえば、一括査定のサイトである「かんたん車査定ガイド」では、申し込みしたタイミングで概算金額がある程度わかります。

 

また概算価格だけではなく、他の買取業者と同時査定することで最も高い価格を引き出すことも可能です。

いずれにしても、紹介だからと「自分にとって全て有利なサービスしてくれるんだ」と思うのは大きな間違い。

有利な状況でも決して油断せず、あぐらをかかず、今自分ができることをやっておきましょう。

さいごに。

もちろん最初の入り口は、友人や知人、同僚からの紹介かもしれません。

しかし、一旦紹介されてしまえばあとはあなたとその営業スタッフの勝負に移ります。

紹介を上手に利用していけば、一見客として価格交渉するよりも相当有利に値引き交渉が進められます。

それと同時進行で、下取り査定額をもっとも高い価格まで上げるために一括査定の比較サイトを利用して、本来の価値を調べる。

もちろん比較サイトで調べた査定額次第では、下取り査定額すらアップの可能もあります。

いずれにしても、新車を安く買うためには「値引き額を「最大」に、今乗っている車の査定額も「最大」に」することが、自分にとって最高の結果を生むのですから。


私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取り査定を頼みましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

そこで、下取りを一旦辞めてネットから「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

しかも、はじめに「概算金額」から教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

無料一括査定なら最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができることができますし、 申込みも1分程度で終わるのでおすすめ。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

 
かんたん一括査定ガイド

-新車を購入するための基礎知識

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.