クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

一括査定業者が確認する車を査定するときのチェックポイント|サイド側面

      2016/02/16

IMG_1628

一括見積り査定に出すときの査定士のチェックポイントです。
第一弾はフロント廻りの外装でしたが、今回はサイドの外装に移っていきます。

過去に、フロント、リヤと記事を書いているので、
気になる方は記事をご覧ください。

こちらがフロントになります。
参考:一括査定業者が確認する車を査定するときのチェックポイント|フロント

こちらがリアになります。
参考:一括査定業者が確認する車を査定するときのチェックポイント|リヤ・トランク&バックドア

サイド外装

ドアの外装の状態と機能性

IMG_1628

まずは大事なことは「ドアの建て付けの状態と実際の開閉状態」です。
この枠の隙間が均一でない場合、ドアの締りが悪い可能性があります。
基本的には隙間が狭ければ締りが悪く、広いと走行中に風きり音がなる可能性があります。

その判断をドアの隙間と締まり具合で確認している訳なんですね。
極端に違和感があるとマイナス査定になるので、確認しておこう。

また、外装の状態も見ておこう。
このようにアウトサイドハンドルの下の錆び進行していますよね。
IMG_1630

プロの査定士はこのような場所をしっかりとチェックしています。
日頃から注意して見る習慣をつけていたら、未然に防ぐことが出来る部分です。

ミラーの機能点検と外装の状態

IMG_1635

ミラーの機能点検もしておこう。
今の車のミラーは商用車(バン)でない限り、
ほとんどの車で格納ミラーが装着されています。

長年格納をしていないと、動きが悪くなって作動しなくなる恐れがあります。
何回か閉じたり、開いたりのテストをしてみよう。
またミラー自体も位置が上下左右に動くはずなのでチェックしておこう。

また写真のようにミラーの塗装が剥げていたら、
もちろん減点対象になるので、注意しましょう。

ミラーって価格が安く思われがちですが、
高価な商品です。

塗装してあり、格納モーターもついているので、
30000円から40000円は普通にします。

クォーターパネルの凹み

IMG_1631

最後にクォーターパネルです。
クォーターパネルの状態が悪い大きな減点対象になります。

クォーターパネルがボコボコに凹んでいると、
交換するしかありません。

見てもらえればわかると思いますが、
クォーターパネルには切れ目がありません。

IMG_1628__1_

なのでクォーターパネルを交換するということは
「事故歴あり」と判断されるのです。
当然、「事故歴あり」と判断されると大幅なマイナス査定をになります。

逆に交換する必要のない、外装の傷などは通常のマイナス査定になります。

あまりボコボコに凹む部分ではありませんが、
目立ちにくい部分でもあるので、明るい場所でも念のため、確認しておきましょうね。

まとめ

ドアやミラーなど外装だけではなく、
機能的な損傷もあるので、事前に点検しておきましょう。

車の査定は減点方式なので、
あれもダメ、これもダメってなると、どんどんあなたの車の価値が下がっていきます。
日頃からしっかりと見ておきましょうね。

車一括査定がおすすめ
私は新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - 査定時のチェックポイント