クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

中古車はどこで買う?自分に合ったクルマがみつかる5つの方法

      2016/02/16

9f1340df3511159dd8cc3f8147f9f4b2 m

本当に自分にとって最高のクルマを買うためにはどうすればいいのでしょう?

あなたはいつもクルマを購入するときにどこで購入を検討していますか?
大体のかたは今までお付き合いがある「販売店」だと思います。
ですがその販売店には「自分が本当に欲しがっている希望車種は並んでいますか?」

僕の経験でも、また周りの人の話をきいても、
ほとんどの場合「在庫がない」という状態です。

「希望車種待ち」の状態でいつまでもクルマが来ないから、
いっこうに話は進まない。
また仕方がないから違う在庫車から選んでしまった。
そんな困った話も耳にします。

「クルマを買う」というイベントは一生のうち何度も訪れることでもありません。

今日はみなさんにも一応は知っておいてもらいたい、
希望車種の中古車を上手に探すについて方法、選び方をお話しします。

1.地元のカーディーラーや中古車業者

地元のカーディーラーや中古車販売業者の中でも
2種類の購入方法があるとおもいます。

ずっと付き合いのある販売店

ほとんどのかたがこのパターンではないでしょうか?
新車や中古車をキッカケにしてその営業マンと知り合い、
ずっとこの営業マンから購入を続ける。

親の代から続いている関係も珍しくありません。

安心はできるかもしれませんが、
どうしてもクルマを購入するときに、
在庫車を購入させたがる感じがします。

それもそのはずで、
なぜかっていうと販売店は早く在庫車を売りたいからです。
販売店にとって在庫車は負債でしかありません

なぜ負債かっていうと中古車を長期間展示し続けるということは、
4月になってで自動車税がかかってきたり、
クルマが経年劣化していくため販売店にとってデメリットしかないのです。

中古車は新車のように色やグレードが選べません。
在庫車がメインの商品となる中古車販売店はなかなか
希望車種を購入することは難しいのです。

例えば同じトヨタ店でも、
「トヨタ店、トヨペット店、ネッツ店、カローラ店」
が存在します。

同じトヨタのクルマでも実際は別会社なのです。
それを考えるとカーディーラーが保有している在庫車は、
とても在庫が少ない状態と言えるのです。

全国ネットワークチェーン店

同じ販売店でも全国ネットワークで運営しているところもあります。

有名どころではガリバーなどが思いつきますよね。

ガリバーなどの全国ネットワークチェーン店は
やはりそのネットワーク網で全国から希望車種やグレードを
調べることが可能。

例えば、沖縄に住んでいたとして4WD車が欲しくなったから
全国から4WDの在庫を調べるなんて簡単なことです。

またグレードやカラーなども比較的選べることが強み。

カーディーラーよりは若干知名度は劣りますが、
検討してみる価値は十分にあると思います。

2.中古車ネット検索

Blogging 336375 640

こちらも比較的安全でおすすめです。
ネット検索ではやはり大手が安心だと思います。

  1. Goo-net
  2. カーセンサーネット
  3. ズバット車販売

などがやはり安心でしょう。

在庫も豊富ですし、販売価格のお見積りや問い合わせだけでも便利です。

まだ中古車を検討中のかたで、将来的に購入を考えていくのならば、
知らないお店に入り営業マンに捕まって無理な売り込みをされるよりは、
よっぽど精神的に楽ですね。

買う気がないときのセールスほどキツイものはない(笑)

3.中古車雑誌

こちらも王道といってもいいかもしれません。

ネット普及期の現在となってはあまり売れなくなりましたが、
まだまだ書店等にはたくさん並んでいます。

情報量も多く、ページ数も多いので、
希望車種は豊富に掲載されておりますね。

ただどうも誌上ということもあって、
なかなか読みにくいことがマイナスポイント。

かなり分厚い本になっているので、
途中で飽きてしまったりも雑誌によってはありますね。

4.個人売買

あまりおすすめしていませんが、個人売買での購入です。

Partnership 526413 640

知り合いとの個人売買

あまりおすすめしないのが個人売買。
仲の良し悪しがあるかもしれませんが、
意外とトラブルになりやすいです。

参考:自動車の知識はありますか? 車の個人売買が危険な3つ事例

トラブルにも種類があって、
書類上のトラブル以外にも、
クルマ本体の故障などアフターフォローが効きません。

例えばエンジン本体の故障があってそれがエンジン内部の故障であれば
見た目では全然判断ができません。

それが1か月後、3か月後、半年後、1年後となり
症状がでてきたときにエンジン本体の修理が必要です。。。

なんてなったときに文句をいったところで、
「は?シラネ。」って言われるだけです。

こんなトラブルもよく聞きますよね。

ヤフオクなどの個人売買

この方法が僕の中で1番NGなクルマの購入方法です。
見ず知らずの人から購入する「個人間取引」

ヤフーのような大手が運営していたとしても結局個人で動くことが多いです。

また情報量の違いで
販売側>>>購入側」 取引がこのように進みがちです。

さらには全く違う都道府県から購入すると、
もう大変!書類関係や食い違いなどからくる
手間が半端ないですよ。

さらには現車確認もできません。

せめて知り合いでの個人売買をしたほうが
幾分マシ。

個人売買には断固反対の姿勢です。

5.オークション代行

最近ではオークション代行を選ぶ方も増えてきているようです。

オークション代行とは販売店にかわって、
あなたのクルマをオークションから探してきてくれます。

オークション代行をするには資格が必要ですので、
代行業者に委託します。

手数料は5%ほど取られますが、
クルマに知識があってメンテナンスなどに自信があるかたならば、
積極的に使ってみてもいいでしょう。

ただ大きなエンジントラブル等の故障は
クレームが効きますが、ボデーが傷だらけだったなどは
クレーム対象外となります。

最悪の事態を想定した覚悟も必要になるでしょう。

たしかに安く購入できることは魅力ですが、
クルマの知識など中級者以上のかたにおすすめします。

できれば初心者のかたは違う方法をおすすめします。

まとめ

中古車購入を前提とするのならば、
僕の中ではおすすめは「2」「3」でしょうか。

在庫も豊富ですし、アフターケアも当然ある。
なによりも気に入った車種、グレード、カラーが購入できる。

お付き合いから妥協して100万円のクルマとか購入なんて
正直バカげていると思いません?

「自分の好きなクルマぐらい自分で100%納得して買いたい!」
って思う感情は当然で人間がもっている当たり前の欲なんですよね。

お付き合いがあるディーラーから
好きでもない中古車購入するなんて、
親同士が知り合いで好きでもない女性とお見合いデートさせられるような
もんですよ。

そこでうまくいく可能性もないわけではないが、
ほとんどが失敗します。 しかも高額です。

自分の結婚相手は自分で選びたいですよね。
それと一緒だと思いません?

やはり中古車の在庫を確認するなら大手のメーカーが1番でしょう。
ガリバーの累計販売台数は30万台。
累計買取台数は300万台。時間にすると、
4分に1台を買い取り、11分に1台を販売している計算になります。
しかも最大で10年の保証期間があるから安心です。

できるだけ安く車を購入するなら
中古車のガリバーがおすすめです。


車一括査定がおすすめ
私は新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - 中古車を購入するための基礎