クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

メーカー保証の名義変更と長期保証が可能な中古車販売店はどこ?

   

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-001年式が新しい中古車を、ディーラー以外での場所にて購入を予定していますが、
そのお店の保証ではなく、新車(メーカー)保証はどうなっているのだろうか?

中古車を購入するなら、保証は手厚くかけておきたい。
そこで、

  • 新車の保証の名義変更はできるのか?
  • 保証の名義変更はどうやって行うのか?
  • 保証が充実している中古車業者はどこなのか?

この3つを重点的に解説していきます。

 ディーラー以外で中古車を購入した場合の「メーカー保証」について。

保証制度とは一体なに?

まずは、メーカーの保証制度とは一体何なのか?
説明しておいたほうがいいでしょう。
ここでは、トヨタの保証を例にして説明していきます。
トヨタ車には「一般保証」と「特別保証」という2種類の保証制度があります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-12-22-23-50※クリックすると大きなります。

一般保証は「3年間 or 60,000km」どちらか早い方の範囲で保証をして、
一方、特別保証は「5年間 or 100,000km」どちらか早い方の故障について保証します。

それぞれの保証の違いについて、説明します。

一般保証とはどういった保証制度か?

一般保証の保証範囲とは、
走行上問題のない部位の修理費用を保証します。
例えば、

  • エアコン全般の故障
  • オーディオ・ナビゲーション全般の故障
  • パワーウインドウの故障

など、走行に危険性がない部位に対して保証します。

特別保証とはどういった保証制度か?

対して、特別保証とはどのような保証制度なのか?
特別保証では「走る」「曲がる」「止まる」に前提する部品の故障を指します。

例えば、

  • ウォーターポンプ本体の異音=走る
  • エンジン本体からオイル漏れ=走る
  • ステアリングギアボックスのガタ=曲がる
  • ブレーキペダルの振動=止まる

など、走行に影響を及ぼすもの、すべて特別保証に該当します。
ですから、特別保証のほうが一般保証よりも期間と距離数の範囲が広いんですね。

つまり、5年または100,000㎞走行前の中古車を購入した場合、
保証を継続することで、メーカーの保証を前のオーナーからあなたへ、
継承することができます。

「メーカー保証」を名義変更することができるのか?


もちろん、保証継承することは可能です。

ただし、何もせずに名義変更ができるわけじゃありません。
条件としては、購入する予定の車を扱っているディーラーで、
定期点検もしくは、車検整備を受けること。

ここであなたの車が問題がないと判断された場合に限り、
「メーカーの保証」を前のオーナーからあなた名義に切り替えることができます。

定期点検もしくは車検整備を受ける

大手の中古車業者などでは、保証継承と納車前点検も兼ねて、
ディーラーに依頼し保証の名義を変更します。
ですから、大きな心配はありません。

その一方で、個人売買で購入したり、あまり名前の通っていない中古車屋さんで購入した場合には、
自分でディーラーに依頼して点検もしくは車検を受けるしかありません。

こちらがトヨタのメンテナンスノートにある保証書になります。

個人情報の関係から、旧使用者の名前は切り抜かれているはずですが、
個人情報などに疎い中古車屋さんなどでは、あっさり前のオーナーが記載されたりしています(怖い)
img_5372

ディーラーにて点検もしくは車検を受けることで、
二次保証としてあなたの名前が記入されます。

ここでディーラーからのハンコをもらうことができれば、
晴れてあなたの名前で、メーカーの保証を受けられることができます。

img_5374

ただ、ひとつだけ注意して欲しいポイントがあって、
もし、現時点で保証で交換できそうな部位があっても、費用はあなたが負担しなければなりません。

保証継続する前には、すべて依頼者が負担する必要がある。

例えば、新車から3年経過した車を、個人売買で購入したケースを見ていきましょう。

エンジンから異音がしていて、エンジン内のピストン不良が原因だった場合、
流れはこうなります。

ディーラーの保証継承のルール
保証継続のために点検を依頼。

エンジン異音が発覚

保証の名義人は「前のオーナー」であって「あなた」ではないので有償にて修理が必要。

ディーラーにてエンジン修理

点検して問題がないのを確認のうえ、二次保証手続きをする
このような流れになります。

つまり、点検時になにか異常があった場合には、
部品がメーカー側の責任であっても、あなたが自己負担しなければならないんです。

もちろんエンジンだけではありません。
ナビゲーションが故障していた場合だって一緒です。
購入した段階で故障したとしても、保証の名義人は前のオーナーなので、
保証を受けることができません。

ですから、メーカー保証の名義人になるには、
「ディーラーにて異常なし」と判断された場合に限り、保証継承ができるんですね。

だからこそ、どんなに新しい車を購入するとしても
「個人売買」や「怪しい中古車業者」よりも、
メーカー系列であるディーラーや大手販売店である「ガリバー」「ビッグモーター」などを利用するべきだと思うんですよね。

ガリバーの「長期10年保証」は驚異的

img_navimain_h1_02

確かに、メーカーの保証に加入していたほうが良いと思います。
でも、メーカー保証にも見劣りしない、中古車業者独自の保証があります。

それが中古車のガリバーの「10年間の長期保証」なんです。

7年70,000km以内の国産中古車なら、免責代を1万円支払うことで、
すべての車に保証をつけることが可能なんです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-13-4-47-24※クリックすると大きなります。

もちろんエンジンやミッションなど主要部品はもちろん、
ナビゲーションやエアコンなども同様に保証修理することができるんです。

つまり、メーカー保証にこだわらなくても、ガリバーで車を購入すると独自の保証が充実しているので、
購入後のメンテナンス費用節約にも大きく貢献することができます。

これが個人売買や地元で中古車ならそうはいきません。

  • 保証部位の故障なのに「故障じゃない」と非を認めない。
  • 粗悪な中古パーツで代用される。
  • 部品交換が必要なのに、修理で誤魔化す。

など、最初どんなに安く購入できたとしても、アフターフォローでトラブルになりやすいんですね。

まあ、怪しい中古車を購入するなら、
やはりそれなりの知識がなければ痛い目に遭う確率は高くなるってことなんですね。

まとめ

  • メーカー保証が残っている中古車は、「点検」「車検」を受ければ名義変更は可能
  • 点検した時点での不具合は、自己負担する必要がある。
  • 個人売買や怪しい中古車屋から購入すると保証の面でトラブルになりやすい
  • メーカー系列か、ガリバーのような長期保証が充実している中古車を購入するのがベスト

新車と違いは中古車について「保証の充実」が何よりも重要です。

前のオーナーがどんな乗り方をしていたのかわからない以上、
自分の車を守るのは自分だけしかいません。

自分身を守るということは、守備力の高い鎧を装備することと一緒で、
ガリバーが提供している「長期10年保証」などがその大きな鎧になるんです。

「長く乗ろう」と考えて、愛車を探している方には特におすすめ、

►►中古車販売実績NO.1のガリバーで、あなたの条件に合う最高の1台を見つけよう。

車一括査定がおすすめ
私は新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - 中古車を購入するための基礎