初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

中古車を購入するための基礎

中古車選びで走行距離の目安は?それよりも大切な2つのポイント!

更新日:

名称未設定.001

中古車を買うとき基準となる「走行距離の目安」はあるのか。

「やっぱり50000kmぐらいがベスト?」「100000kmを超えたら危険?」「いやいや200000km走っても全然大丈夫だよ」など中古車には絶対的な基準がありません。

ただ、それではやはり困ります。

そこで、今回の記事では中古車を失敗せずに購入するための走行距離の目安。
そして、走行距離よりもっと重要なポイントについて解説する。

後悔しない中古車選びをするために、1番大切なことを教えます。

中古車の走行距離と重要なポイント

走行距離の目安は1年1万kmが基準になる。

中古車を購入するときの理想的な目安は、「1年1万km」走行している車がやはりベストです。

なぜなら、距離数が短いほど車のコンディションが良いものと思われがちなんですが、実は年間で1万km程度走行している車のほうが状態が良い場合が多く、さらに価格も下がるのでお買い得感があるからです。

例えば、10年前の車が1万kmしか走行していなかった場合、走行距離が短すぎるゆえに乗らずに放置されていた可能性があります。

例えば、バッテリーは完全に消耗している可能性が高いですし、長期間車が動いていなかったことで、ブレーキ関係が錆で腐食している可能性もあります。

走行距離が短すぎても危険。

 

また、距離数が少なくても、動いていなかったら下回りのフロアが腐食している可能性もあります。

 

ある販売店では、距離数が少なくても下回りの腐食がひどい車種には、わざとシャシブラックなどで腐食を隠しているところもあります。

こんな行為、外見が可愛くない女が厚化粧して誤魔化しているようなもので、メッキはすぐに剥がれるだけです。

また、それだけではありません。

長期間エンジンが始動していなければ、エンジンオイルが乾いた状態になるので「ドライスタート」が頻繁に起きている可能性があり、エンジン本体が摩耗している危険性もあります。

ダイハツ販売株式会社

だから、走行距離が短すぎるのもデメリットになりえる危険性もあるのです。

10万kmでも今の車は問題がない

昔は、走行距離が10万kmを超えてしまうと限界などと言ってしましたが、現在の国産乗用車は「はっきりって10万kmじゃ壊れません」

故障しないとは言いませんが、故障に応じたメンテナンスさえすれば全く問題がありません。

もちろん、ブレーキパッドやエンジンのエアクリーナー、バッテリーなど消耗部品については車検のタイミングなどで交換する必要がありますが、それ以外の機能的な面でいくと故障のリスクは限りなく低くなってきているのです。

10万kmを目安に交換する必要だったタイミングベルトも、現行車ではほとんど装着されていません。

また、足回りのショックアブソーバーやスプリングなども耐久性が上がっているので10万km超えても故障しなくなってきています。

故障が少なくなってきたのは、メーカーの努力と部品の耐久性が上がったことが最大の要因です。

走行距離より大事なメンテナンス履歴

「10年間で3万㎞だから全然問題ありません!」「3年間で10万㎞も走ってるけど新しいから大丈夫!」

どの答えも基本的には間違ってはいません。

でも、本当に大切なことはちゃんと「メンテナンスをしっかりと行っているのか?」ということに尽きるでしょう。

  • 最低1万kmごとにオイル交換を実施している。
  • 12ヶ月ごとに点検は実施している。
  • 車検はディーラーや実績のある民間工場で実施している。

など、どこでどのようなメンテナンスをしていたのかが重要なんです。

医師免許を持っている歯医者で治療をしてもらっていたのか、モグリの医者に診てもらっていたのかで歯の状態は全く違います。

考え方は一緒で、その距離数に応じた適切な整備をされていたのかが重要なんです。

IMG 1356

走行距離よりもっと大切なお店選び。

確かに、走行距離が少ない中古車のほうが失敗しない可能性がありますが、実際にはそうではありません。

安くて状態の良い中古車を買うにはお店選びが大切なんです。

結論からいうと、やはり「中古車販売のガリバー」が圧倒的におすすめです。

なぜなら、ガリバーは他の販売店と違って保証制度が充実しているからです。

例えば、新車登録から7年70000km未満の車であれば「最大10年の長期保証」があります。

ガリバー保証対象条件
保証期間 国産車 カテゴリー 購入時の年数 購入時の走行距離
10年保証 国産乗用車
(3・5・7ナンバー)
軽自動車 6年未満 6万km以下
普通乗用車 7年未満 7万km以下

 

もちろん、7年70000未満でも有償対応になりますが最大で3年間の保証をつけることができます。(無料では6ヶ月間)

ガリバーアウトレット保証対象条件
種類 保証期間 オプション価格
国産乗用車
(3・5・7ナンバー)
3ヶ月保証 国産車無料0円!
6ヶ月保証 19,800円
1年保証 29,800円
3年保証 69,800円

つまり、ある程度走行距離数に目をつぶった状態で安く購入し、対応策として長期保証をかけることでリスクを最小限に減らすことが可能になるんです。

 

またガリバーで車を購入するメリットはもうひとつ。

それは「100日以内で返品」が可能であること。

本当に返品ができるのですか?
ガリバーでは納車後100日以内にご連絡をいただき、
返品条件を全て満たしている場合は、車両本体価格の5%に相当する
返品サービスご利用料をご負担いただくことで、返品ができます。

従来型の中古車販売では、販売店側に違法行為など大きな違法行為などがない限り、車を返すことなどできませんでした。
※中古車にクーリングオフ制度はありません。

なので、購入時に不満があったとしても我慢して乗り続けるしか方法がなかったのですが、返品できるという安心感があるおかげで安心して中古車を購入することができるのです。

まとめ

今回の記事をまとめると、

  • 1年1万km程度であれば問題がない。
  • 走行距離が短すると放置車両の可能性がある。
  • 走行距離よりも、メンテナンスをしてきているのかが重要。
  • 同じく走行距離よりも、お店選びのほうがもっと大事。

走行距離にこだわる気持ちも理解できますが、あまり執着しないほうがいいでしょう。

それよりも、日頃のメンテナンス状態と、お店選びのほうにウエイトを置いて後悔のない中古車選びをしましょうね。

スクリーンショット 2016-02-17 03.54.33

ガリバーは条件次第で最大「10年の長期保証」があるので、他の中古車販売店よりも圧倒的にアフターサービスが充実しています。

しかも、中古車としては異例とも言える100日間の返品制度もあるので安心して購入することができます。

長く乗られる愛車を探している方にもおすすめ、豊富な在庫車と未公開車両を優先的に探してもらうことができる。

►►ガリバーで厳選された中古車を探してみる。
 


私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

 
かんたん一括査定ガイド

-中古車を購入するための基礎

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.