クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

中古車選びで走行距離の目安は?それより大事なたった一つのポイント!

      2016/02/26

名称未設定.001

「10年落ちで5万km走行のクルマ、どれぐらい乗れそうですか?」

「10」と「5」って数字を入れ替えて、過去に何百回と聞かれてきました。

やはりみなさんも気になりますよね。
中古車選びに重要な「走行距離の目安

走行距離の答えは正直なところ「正解がありません
ですが、自分なりに中古車購入の選ぶポイントなどは決めています。

今日はそんな走行距離でのポイントを考えてみました。
では本題へいきましょう!

中古車を選ぶときの基準

まず最近の中古車を考える上で
重要なポイントが一つ。

「今のクルマは壊れにくい」

決して壊れないわけではないが、
とても壊れにくくにはなっています。

21世紀からの自動車の耐久性は、
みるみる進化を遂げてきました。

1年1万kmが基準と考える

中古車の走行距離を語るうえでよく出てくる言葉が
「1年1万km」
この基準はやはり中古車を選ぶ目安になるでしょうし、
年式に対しての走行距離の目安の判断としても間違っていないでしょう。
ただあくまで目安は目安です。
あまり過剰に拒否反応をすることはあまりにももったいないと思います。

例えば10年乗って10万キロ走行のクルマってもう危険なのでしょうか?
もう10万kmも走ったクルマに価値なんてないんじゃね?」とか、
過走行車すぎてウケる」とか、
中古車を初めて購入しようとするひとは数字に過剰反応します。
ですがハッキリ言わしてもらいますと、
現在の車は「全く問題がない」と言えます。

確かに昔の車の10万km走行といえば、
ひどいものでした。
足回りから軋む異音やエンジンのオイル漏れ、
さらにはボデーのサビ等いたるところが痛み、消耗していた印象ですが、
現在のクルマの10万kmなんて正直通過点に過ぎません。

さらにはタイミングベルト交換のような、
10万km走行で実施する大掛かりな整備もありません。

メーカーの努力で車自体がタフになっているんですね。

走行距離よりも年式よりも大事なことがある

「10年間で3万㎞だから全然問題ありません!」

「3年間で10万㎞も走ってるけど新しいから大丈夫!」

どの答えも間違ってはいないと思います。
でも本当に大切な事ってこういう単純計算ではないんですね。

もっと大事なことは、
「それまでの期間をどう過ごしてきたか?」

この言葉に尽きると思っています。

大事なことはメンテナンス履歴

走行距離に関して「何年で何キロ」とかっていっても
クルマの耐久性が向上しているので、もはやあまり意味がなくなってきています。

なによりも大事なことは、
ズバリ「メンテナンス状態」

最低5000キロ毎にオイル交換を実施しているのか?
半年の点検はちゃんとやっているか?

ブレーキ、足廻りのチェックはしっかりしているのか?

12か月の定期点検、
車検をしっかりとしたディーラーでの実施

細かいことを言い出すとキリがありません。

整備記録簿をみせてもらおう!

IMG 1356

過去にさかのぼるメンテナンス状態を知りたければ、
クルマの購入を考えている店舗やサービスで整備記録簿を
みせてもらおう!

中古車って乗るだけで新車よりはリスキーですし、
それぐらい聞いたっていいでしょう。
むしろ聞かないほうがおかしいって言うぐらいです。

この整備記録簿の写しを見ただけで

  • どんな整備をしてきたのか?
  • 過去のブレーキやタイヤなどの数値の状態
  • ワンポイントアドバイス

などが掲載されているはずです。

中古車にとって整備記録簿は健康診断結果表と一緒です。

これから長く乗るであろう愛車の現状を
しっておくことはとても重要な事なんですね。

まとめ

逆をいえば、新車だろうが中古車だろうが
大事なことは「メンテナンスをしっかりする
これホント。

オイル交換2年間していませんとか、
車検でしかクルマ屋さんにいかないとかってかたもいますが、
なにかあったときには手遅れだった。
なんてこともよくある話なのでご注意を。

スクリーンショット 2016-02-17 03.54.33
やはり中古車の在庫を確認するなら大手のメーカーが1番です。
ガリバーの累計販売台数は30万台。
累計買取台数は300万台。時間にすると、
4分に1台を買い取り、11分に1台を販売している計算になります。
しかも最大で10年の保証期間があるから、長く乗る愛車を探している方にはおすすめします。

できるだけ安く、さらに安心してクルマ選ぶなら、

中古車のガリバーで格安中古車を購入しましょう。

車一括査定がおすすめ
私は新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - 中古車を購入するための基礎