クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

絶対に後悔する!事故ったハイエースを廃車にしてはいけない理由

      2016/08/10

IMG_3098-e1450298381751

ハイエースが横転事故を起こしてしまった。

スピードも出ていたようで、そのままカーブに突入していき、
曲がりきれず、そのまま路肩に落ちてひっくり返ってしまった。

フロントからリヤ、さらにはルーフからフロアに至るまで大きなダメージ。
横転してから、エンジンのマフラーから排出されるガスも真っ白い状態が
続いていたので、事故の担当者も
「もしかしてエンジンもだめかもしれない」との見解です。

そのまま搬送をされ、板金屋さんに見積もりをとってもらうと、
100万円以上は軽く超えてしまった。

保険に加入していれば、まったく問題にならない話ですが、
車両保険に加入していなかった。

こうなると、「自腹を切って修理する」「もう諦めて廃車にするか」
この2点の選択に迫られます。ですが、
私はどんなに損傷したハイエースでも軽率に廃車にするのは反対です。

ハイエースを事故を起こしても廃車にしてはいけない理由

ハイエースは海外での人気が高い

あまり褒められた話ではありませんが、
盗難されやすいのも人気の証明
車査定のネットワークを語る上で、海外での人気も重要な指標のひとつになります。

ハイエースは国内だけではなく、海外での人気もとても高く、
いつも盗難グループの格好の餌食になります。

参考:盗まれやすいのが値がつく理由「ハイエース200系」は高く売れる。

その影響からか、毎年盗難車のNO.1の記録をいつも保持していました。
(ちなみに2位はプリウス)

盗難車のグループからはいつも狙われ、海外へ横流しをいつもされています。

それはなぜか、そもそもディーゼル車やハイエースなどの1BOXボディ、
商業用のバンなどは海外から高い評価を受けています。

ルーフが凹んでいようが、少々傷があろうが一向に構いません。
海外は日本のように車検制度がないため、使い方が日本に比べて荒いのが特徴です。

もちろん、海外でも修理しないわけではありません。
日本では完全復元を目指しますが、海外でハイエースを使用するときには、
「走行に問題がない」程度の修理で終わりです。

日本でまた、走行するには100万円程度の修理費が必要でも、
海外では、走行に差し支えない数十万円程度の修理費でいいのです。

古いハイエースでも買い取りができる。

実際に廃車買取り専門の車買取カーネクストでの買取事例を紹介しておきます。

スクリーンショット 2016-07-26 9.53.27
スクリーンショット 2016-07-26 9.58.13

事故車でハイエース200系でも326,000円の買取され、
さらには、多走行車である100系のハイエースですら50,000円で買い取りされています。

これらの車は、海外や国内の必要な場所へ流通され、
さらに必要とされる場所、人の手に渡っていくのです。

  • 板金、修理をして必要な方へ譲る
  • エンジンやミッション、足廻りなどパーツとして使う
  • そのままの状態で輸出する

など、あなたが思っている以上に「ハイエースの事故車」に価値はあるんです。

廃車にした業者も同じことをしている。

もしあなたがディーラー経由などで廃車にした場合、
廃車手数料がかかります。
手数料はディーラーによってまちまちですが、
大体の相場は「2万円から3万円」ほどかかってしまいます。

当然ディーラーは、その費用がそのまま会社の利益になり、
解体業者に連絡して、引き取りをお願いします。

で、そのあと引き取りを請け負った解体業者は
あなたの車をどうするのか?

解体をせずに、そのまま海外や日本国内の必要な場所へ送っているんですね。
しかも、ディーラーからあなたの車を買い取っているんです。

つまり、廃車手数料をユーザーから受け取りながら、
解体業者にも手数料をもらっていることになるんです。

スクリーンショット 2016-07-26 11.23.22

 

ですが、カーネクストを利用した場合には、
ディーラーや解体業者を通すわけではありません。

あなたとカーネクストとの直接の取引になるので、
中間マージンがなくなり、それだけ無駄な手数料がなくなって、
高価買取ができるシステムなんです。

スクリーンショット 2016-07-26 11.26.43

まとめ:ハイエースは廃車ではなく買い取りしてもらおう!

84c65c748fe7ffcc25dacdccac526f84_m

いかがでしたか?
ハイエースは、どんなに事故で損傷があっても、
多走行車・過走行車になったとしても、
ブランド力=価値」があるということを覚えておきましょう。

そんなダイヤの原石のような車を、
ダタで、しかも手数料を払ってまで、
ディーラーに任せ、渡してしまうのはそれだけで損をしている可能性があるのです。

需要もなく、維持費もかかる車なら、廃車になるのは仕方がないでしょう。
ですが「ハイエースを廃車」するつもりなら、
まずその前に、事故車・廃車の買取査定サービスを利用して
査定金額を聞いてみてからでも遅くはありません。

事故による廃車だけではありません。
不動車、水没車などの故障した車でも買い取りが可能です。

もちろん手数料は一切かかりませんので、
車の処分にお金をかけず、できれば買い取りしてもらいたい方におすすめ。

手数料で損をするぐらいなら車買取カーネクストを利用して、
処分に困っている「ハイエース」を高価買取してもらいましょう!

スクリーンショット 2016-07-26 11.45.37

 - 事故車や不動車を廃車にする