クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

離婚が原因でクルマを処分。新しい生活の再出発にミニバンはいらない。

      2016/02/16

42163cd4598a37f2f656e0421beb0134_m

離婚が原因でせっかく購入したクルマを処分しなければいけなくなった。
ちなみにこれは私の元同僚(男性)の話です。

離婚する危険性は過去にもあったようだが、
子供たちの問題もあるので、夫婦間の問題も先延ばしにしていました。
離婚の危機を乗り越えるため」というよりも
2人の子供たちのために」って思いから購入した新車のアルファード。

ですが、新車購入したぐらいでは、
夫婦の溝は埋まるわけもなく、結局はドロドロの離婚劇になりました。

そのとき同僚が行動した結果を紹介したいと思います。

住宅と車の借金が残った状態での離婚

101496

借金がある状態で離婚した

元同僚の話ですが、離婚危機を乗り越えるために新車のアルファードを購入した。
小学生の息子と娘がいたので、アルファードを購入して、色々なところへドライブにいき、
夫婦の溝を埋めようとしたのだろう。

ですが、私も含めて、同僚の新車購入には反対意見が大多数でした。
なぜなら今の状態で新車を購入することはあまりにもリスキーのため。
アルファードだって当時の価格で450万円ぐらいしたはず。

すごく不安定な状態で新車を購入して、
「もし離婚なんてなったら借金が残るだけではないのか?」
私たちはあまり直接的にもいえないので、
やんわりとした口調で諭したつもりになっていました。

しかしもう夫婦の溝を埋めることに精一杯だった僕の同僚は、
我々の静止を振り切りながら「7年ローン」で新車を購入してしまいました。

ですが私を含めて周囲の予想していた通りの結末。
2ヶ月後には正式に離婚してしまいました。
元の嫁と子供は同僚の元を去り、結局大きな住宅に独り残されてしまいました。

住宅とクルマのローン地獄

最終的には奥さんに子供二人の親権をとられ、
自宅のローンとクルマのローンが残ってしまった。

元奥さんは看護師だったので、
お互いの給料で自宅と車のローンを支払いしていたが、
ついには同僚一人で支払うことになってしまったのだ。

正直なところ当時の僕の同僚はローンで借金まみれになっていたと思う。
それだけ身の丈に合わない買い物をしていたのである。

住宅で35年ローン、そして車で7年ローン。
どう考えても「無謀な買い物である
夫婦が円満だとしても、このような買い物をしてはこの前の不安定な
将来を切り開くことは無坂しいことでしょう。

1からやり直すことの重要性

僕ら会社で仲良しだったので、
毎晩相談に乗っていた。

ですが、どんなに仲良くてもお金だけは貸すことができないので、
私たちは同僚にこんなアドバイスをしました。

  • クルマを売却して少しでも身軽になる
  • 自宅の借金はとりあえず、払いながら新しい彼女を見つける
  • 身の丈にあった暮らしをする

自宅の借金はとりあえずそのままで。

当然の住宅の借金だけは払い続けたほうが良いでしょう。
住宅は生活の基盤となる場所ですので、
そうそう売るわけにもいきません。

元々の値段も大きいので、
大きな借金が残る可能性あった。
しかも同僚は当時30歳とまだ若くやり直すチャンスはいくらでもあった。

新しい彼女を見つけて、再出発を図るべきです。
ではローンが残っているアルファードはどうでしょうか?

大きな車は負債でしかない

奥さんとの離婚が成立したので、
家族とは離れて暮らすことになります。

ですから、新車で購入したアルファードは負債でしかありません。
プリウスやアクアなどの経済的に優しいハイブリッドカーならば、
そのまま借金を払っていても問題はありませんが、
アルファードというと話はちょっと違っていきます。

しかも3500CCのアルファードなので自動車税だけで58000円もするのです。
独り身になってしまった今の同僚には無駄ではないでしょうか。

いつでもやり直すチャンスはある

結局のところ同僚は車一括査定でクルマを売却することにしました。
ディーラーや買い取り業者複数とお話したようですが、
1番高い値段をつけてくれたところで、
売却することにしたようです。

同僚のことなので、
あまり買取金額のことは聞いていません。
ただアルファードのほうは購入時に頭金を多少なりとも入れていたようなので、
借金は相殺されて消えたようです。

もちろん自宅のローンは払い続けています。
ですが、その後新しい出会いがあったようで、
新しい彼女とその住宅に2人で暮らしているようです。

その同僚をみておもったことは、
人生はいつでも時間が解決する」ってこと。
あれだけ借金で悩んでいたのに、もう過去の話になっています。

それはある意味ピンチのときに適切な判断をして、
乗り切った同僚の判断力が功を奏したのかもしれませんね。

なにも下取りや買い取りだけがクルマを売る瞬間なわけではありません。
お金のトラブルになったときも、借金を抱えてしまった場合も
ピンチをチャンスに捉えて、立ち続けることが大事だなー
って勉強になったw

取り留めのない話ですが、そんな話ですね。

車一括査定がおすすめ
私は新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

►►愛車の「 最高額 」を一括査定で調べてみる。

かんたん一括査定ガイド

 - クルマハックブログ