クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

トヨエーストラックが事故で全損!廃車にしないで売却をする3つの理由

      2016/02/22

IMG 2819
ドライバーの不注意で、1.5t(トン)トラックが散々たる姿になってしまいました。
保険会社曰く、全損とのことなのでしたが、
車対車の車両保険しか加入していなったので、今回の単独事故に関して言えば、
保険の対象外となったのです。

幸い怪我などはありませんでしたが、
タイヤは脱落して、足回り系は損傷、
またご覧のとおりフロント右のドアも反り返っております。

普通なら、このまま廃車にしたほうがいいじゃないか!
と思われるかもしれませんが、それは大きな勘違いです。

トラックはやはり廃車にするより、
査定して買い取りしてもらったほうが断然お得になる可能性が秘めているのです。

トヨエーストラックが事故で全損。廃車なのか売却か?

見た目はとてもすごい状態になっていると思いますが、
実際にひどい状態になっています(笑)
IMG 2820

本当はこちらに右のタイヤがあるはずなのですが、
事故の衝撃で外れています汗
こうやって考えると、やはりシートベルトなどの安全装置は
自分の達の身を守るためにも必需品だと思わせてくれますよね。

IMG 2821

荷台に乗っているタイヤ一式です。
ドライブシャフトのインナーベアリングから抜けているのが
わかるかと思います。

でも私個人の意見としては、このような状態になっていたとしても、
廃車ではなく、査定して買い取りしたほうがいい」と99.9%断言ができるのです。

全損だからといって、クルマの価値がなくなったわけじゃありません。
廃車にすることは諦めでもあり、せっかく新しい車を購入しようとしている投資資金や、
自分の蓄えを放棄することにもなるのです。
IMG 2822

トラックはまだ使えるパーツが存在している

事故車買い取りの記事では度々言っていますが、
やはりトラックやSUV、またハイエースなどのワンボックスタイプの自動車は、
国内だけではなく、海外からの需要があります。

それはなにも、車体本体だけではありません。パーツだってその一部なのです。
今回のトヨエースの事故では、なにも横転しているわけではありませんので、
エンジン」や「トランスミッション」などの主要パーツは全く問題がありません。

またその他のタイヤやエアコン本体などリサイクルとして使用できますし、
パーツ以外にも、鉄やアルミなど違う分野の資源として再利用できるのです。

あなたのクルマのエンジンが他の誰かにとって、
最大級の価値があることを忘れていはいけませんからね。

横転事故をしているわけではないので復活は可能

IMG 2824

トラックのような、主に仕事で使用するタイプのクルマに関しては、
買い取りした後に、同じ買い取りネットワークで集めたパーツを使用して、
修理してしまう場合もあるようなんです。

右側面は中々痛々しい姿になってしまっていますが、
反対の側面に関しては、そこまで状態が悪いわけではありません。

本来ならば、潰れたキャビン交換しなくてはならない状態ですが、
さすがにそこはトヨタのトラック。
板金とドア交換で完全に修復できなくても、形にはなりますし、
足回り系さえ中古部品などで取り揃えたらなんとか走れる状態までは持っていくことが
できるはずです。

事故車の買い取り専門店は、
そのネットワークを最大限に利用することにより、
資源を再利用して自動車を復活させることだって比較的容易にできるのです。

ナンバーがなくたって、トラックが必要な地域なんて、
数多く存在しています。
目線を日本の公道だけに目を向けてしまうと、見えるものも見えなくなっていきますよ。

廃車にすると無駄な費用がかかるだけ

Scrap_yard_22l3

このまま廃車にするだけなら、得をすることがなく、
ただ損をするだけではないでしょうか。

廃車にするにしても、決してタダでやってくれるわけではありません。
必ず廃車をするには「お金」が発生します。

お金がかかるのが嫌なのであれば、個人で書類などを用意することで対応も可能なのですが、
やはり時間だってかかるし面倒くさいと思いませんか。

また業者に依頼するにしても、委託する業者によって費用はバラバラなのですが、
高額な廃車代行手数料だって当然かかってくる可能性だってあるのです。

それなら、まず無料の査定サービスを使用してみたうえで
廃車にする決断をしてもいいのではないでしょうか。

必ずしも、満足できる査定額が出るとは限りません。
でも、だからと言ってなにもせずに指をくわえているのであれば、
自分が所有しているクルマの価値を改めて再評価してくれる場所を選んでみましょう。

最近では、アパレルや本だけではなく、
スマホなどでも下取りに出す時代です。
それだけ「使い終わったら捨てる」という時代ではなくなってきているのです。

そして、これはその他いろいろな持ち物でも言えるのですが、
あなたが不要だと思っているものは、
決して違う誰かにとっては必要な物だったりします。

このように考えると、自ずと行動は決まってくるでしょう。

まとめ:事故を起こしたしまったあとが大切

事故を起こしたからと言って、
自動車保険に加入していないからといって、
全て悲観する必要はありません。

大切なことは、やってしまったことを後悔するより
やってしまった後にどうするか?

事故を起こしたあとの行動のほうが大切になるのです。

もし、処分などで困っているのであれば、
インターネットを利用した事故車の買い取りが便利です。

また、事故車だけではなく、不動車、水没車などの故障した車でも買い取りが可能です。
廃車にすると、手数料がかかるので
車の処分にお金をかけたくないかたに利用して貰いたいと思っています。

事故車の処分にお金をかけたくない」「事故で破損した車を高く買い取ってもらいたい
無料で申し込みが可能な、事故車買取の「タウ」の査定サービスはいかがでしょう。

スクリーンショット 2016-02-22 09.15.08
自動車保険に加入するときに一括見積もりを使用してみると、
全く同じ補償内容であるのにも関わらず、
保険料金が102,100円→76,500円25,600円も安く抑えることができました。

「保険の窓口 インズウェブ」は
複数の保険会社に見積もり依頼ができる、自分に最適な保険を選ぶサービスになります。
たった一度の入力で、しかも完全に見積もりが無料な、
自動車保険一括査定見積もりはいかがでしょう。

自動車保険保険の窓口インズウェブ

 - 事故車や不動車を廃車にする