初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

人気記事セレクション1.プリウスの下取り額に大きな不満!一括査定を使って高く売却する方法
2.【悲願達成】私が新車のハリアー(PREMIUM)を買うことができた3つの理由
3.30系アルファードのおすすめグレードが「X」である3つの理由

アルファード

ディーラーで20系アルファードのエアバッグリコール対策品に交換!

投稿日:

トヨタ自動車から、「リコールのお知らせ」という一通のDM(ダイレクトメール)が届きました。

該当車種は20系のアルファードで、リコール内容をDMで確認したところ「エアバッグの異常破裂する可能性があるから対策品に交換してください」とのこと(怖い)

しかも、最近ではテレビやラジオでも「リコールを実施しなければ車検に合格できない」と、やぶさかではないCMも流れていたので、早速とあるトヨタディーラーにお願いして対策品に交換してもらったのです。

ディーラーでアルファードのエアバッグリコールを実施した。

エアバッグリコールを実施しなければ車検が通らない。

まず、実際にどんなCMがやっていたのか、詳しくはまずこの動画をみましょう。

冒頭の1発目に言っていますね「平成30年5月から、エアバッグ未改修の場合、車検が通らなくなります!

多分、思っている以上にリコール作業が進まなかった結果、車検という法律のところまで抑えにきたって感じです。
 
もし自分の車が対象かどうかは、国土交通省のリコール情報検索のページで調べることができるので要チェック。
 
ちなみに、私も以前記事にしているので合わせて確認してください。

関連記事
エアバッグを交換していないリコール対象車は「車検が通らない」新制度を解説

日本国内で、いや全世界でもっとも大きな問題となったリコール。 それは、タカタ製エアバッグの異常破裂によるリコールで間違いないでしょう。 国産・外車問わず、たくさんのメーカー、車種で対象範囲でしたが、2 ...

続きを見る

車検に通らないとは具体的にどうなるかというと、

エアバッグリコールの対象車両が未改修の状態で車検に入庫する。

ディーラーや民間工場で車検を受けて発行される『保安基準適合証』という、仮の車検証が発行される。

この段階では仮の車検証なので、新しい車検証を陸運支局にて交付するために、書類を持ちこんでもエアバッグリコール未改修の状態がわかると車検証が発行させずストップする。

アルファードのエアバッグリコールをディーラーで作業してもらった。

平成30年の5月には車検が通らない車が増えそうなので、ディーラーにて入庫予約をして車を持ち込みしました。

せっかくなんで、作業中の写真をパシャリ。迷惑にならない程度に見させてもらいました。

車によって違いはありますが、アルファードの場合はインストルメントパネルという内装パネルを分解するようですね。

もう見た目から、バラバラになっているのがわかるかと思います。

 

こちらが、今回交換した車両側に装着されていたエアバック。

ハッキリいって、見た目だけじゃ何がどう悪いのか全く分かりません(汗)。

アルファードのエアバッグリコール作業は半日程度あれば終わる。

ちなみにエアバッグ交換にかかる作業時間は、車種によって全く異なります。

アルファードは、半日程度あれば作業は終了。

このあたりの交換に必要な作業時間は、車種によって全然異なりますので、それぞれの販売店に連絡して確認してみましょう。

エアバッグを交換すると『改善措置済証』がもらえる。

4月ぐらいから、各メーカーにてエアバッグリコールを実施すると『改善措置済証』という1枚の紙が発行されます。

改善措置済証の役割とは、本来メーカーは販売店からの売上情報を元に国交省のデータベースを日々更新しますが、更新までに約4日程度のタイムラグが発生します。

このタイムラグのおかげで、陸運支局がリコールを実施したのかしていないのか判断することができません。

つまり、この改善措置済証に販売店の押印されることで、改修作業が終わった「証明(証拠)」となり、陸運支局で交換の実施を判断することができます。

突然の車検に慌てないようにしよう!

この記事を書いている現在、4月の中旬ぐらいなので「エアバッグ未改修の車検制度」の5月まであと、1ヶ月もありません。

丁度車検の時期も近づいて、さらにこのアルファードのようにエアバッグリコールまで未実施なら、車検が切れてしまう恐れもあります。

そのため今のうち、事前の準備だけはしっかりしておこう。

ただでさえ、5月にはゴールデンウィークもありますから。

その一方で、車検の時期が近づいてきても、車検をとらずに買い替えなども検討中なら、わざわざリコールを受ける必要はありません(安全という意味ではなく車検の合否の意味でね

それならまず先に、アルファードの査定をおこない、実際の査定額を調べてみておくことが必要です。

とくに、20系のアルファードはディーラーで査定するよりも、ネットで申し込む一括査定がおすすめ。

実際、最大10社から同時で査定額を比較するかんたん一括査定ガイドでは高価買取されています。

たとえば、提携会社のひとつ『ビッグモーター』では、200万円を超える、査定価格が提示されているのです。

※クリックすると大きくなります。

いずれにせよ、車検が切れてからでは査定額がグッと下がる恐れもあるので、車検が残ってる今のうちに参考価格だけでも出しておくと車検を「とる」か「とらない」かの判断の役に立つはずでしょう。

まとめ

話は多少逸れてしまったけど、今回アルファードのエアバックリコールをディーラーで実施しました。

ちなみにリコールは国が定めている改修作業なので、フルスモークの状態だったり、車高が9センチないような改造をしている状態であっても、受け入れしてもらいます。

いずれにしても、車検が通らなくならないように、さらに根本的な問題のある部品をいつまでも装着されていないように、対象メーカーにて、早めの予約をとることが大切ですからね。


私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取り査定を頼みましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

そこで、下取りを一旦辞めてネットから「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

しかも、はじめに「概算金額」から教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

無料一括査定なら最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができることができますし、 申込みも1分程度で終わるのでおすすめ。

►►愛車の無料一括査定はこちらから

 
かんたん一括査定ガイド

-アルファード

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.