クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

「車検か買い替えか?」アルファードハイブリッドを査定に出すべき3の理由

      2016/08/06

スクリーンショット 2016-07-31 6.45.33

Lサイズの大型ミニバンとしてデビューしてから、
もう10年以上経過している、初代ATH10のアルファードハイブリッド。

年式に伴い走行距離も増えてきていることから「車検をとるのか」それとも、
車検をとらずに、買い替えをする」のか、悩んでいる方も多いでしょう。

エコカーと言われているハイブリッドカーでも、
経年劣化や使用状況、また購入してからの年数により、
かえってコストがかかってくるケースもあります。

ですからもし今、新しい車の購入をちょっとでも検討中なら、
今すぐにでも、査定に出して売却をするべきです。

その辺りにフォーカスを当てて考えてみたいと思います。

アルファードハイブリッドの車検を受けるか、買い替えをするかの選択

購入してから13年経過すると車検費用が高くなる

初代アルファードハイブリッドが発売してから10年以上経過しています。

特に初期モデルは13年以上経過しており、
この13年という数字は車検においてひとつの節目になります。
なぜなら、初年度登録から13年経過している車両は、重量税が高くなるからです。

アルファードハイブリッドは、プリウスやアクアと比べて、
圧倒的に車両重量があり、重量税が「2トン以上、2.5トン以下」に分類されます。
すると、57,000円とびっくりするほど高額な重量税が課せられるのです。

13年未満が41,000円でしたので、一気に16,000円もアップです。

スクリーンショット_2016-08-06_4_42_15 

 

それを踏まえて、
実際にディーラーにてオイル交換を含めた車検の見積もりを、
とってもらいました。

IMG_4900

 

定価ベースでの見積もりになっていますが、
法定費用と整備代金を含め「約157,000円!!」と、
高額な見積もりになってしまったのです汗。。

特に法定費用については、
85,940円と高く、
この金額がこの先もずっと車検の度に重くのしかかってくるんです。

IMG_4915

すでに157,000円の見積もり。これで実際に分解をして、
消耗品の故障部位が出てきてしまった場合には、
200,000円近くはかかるのではないでしょうか。

車検費用が20万円だとしたら、
ランニングコストは1年間で10万円。
この先の、故障するリスクなどを考えると、
そのまま乗り続けるのは疑問です。

もし、一方で「今回はなにがなんでも車検をとる」というなら、
ディーラーよりも明らかに安い楽天車検で車検をとるという選択肢もあります。

中途半端にディーラーで車検をとってしまうと、
大幅な出費を覚悟しなければなりませんからね。

年数による故障のリスクが他の車に比べて高い。

IMG_4895

もちろん、車検だけではありません。

初代アルファードハイブリッドには、
他の乗用車と比べて、故障によるリスクが高いのが特徴です。
つまり、故障をしてしまうと同時にびっくりするような高額修理が待っています。

例えば、ハイブリッドカーに搭載されるインバータなどはその代表格です。

10系アルファードハイブリッドのエンジンがかからない!その原因と対策方法
先日、アルファードハイブリッド10系に乗っている知人から、 「エンジンがかからなくなったので診てほしい」と連絡を受けました。 詳しく聞き取りしてみたんですが、いつも

参考:10系アルファードハイブリッドのエンジンがかからない!その原因と対策方法

インバータが故障すると、エンジンが始動できないので、
交換するしか方法はありません。

しかもかんたんに交換と言っても価格は
50万円以上もする超高額修理になります(滝汗)。

また、13年も経過しているということは、
始動用バッテリーはもちろん、
ハイブリッドバッテリーも故障しないとは限りません。

それ以外でも初代アルファードハイブリッドは、

  • タイヤの偏摩耗がしやすい
  • CVTの故障
  • 電動ウォーターポンプの故障

など、アルファードハイブリッドは、
「故障=高額修理」という一連の流れが出来上がっている、
ハイブリッドカーでもあるんです。

ハイブリッドバッテリーが盗難されるぐらい人気がある

castle-236962_640

最近では、プリウスの「ハイブリッドバッテリーだけが盗まれる
という手口の盗難事故が増えてきています。

バッテリーを盗んで、転売しているというのです。
これは、例え年数が経過していても、
「ハイブリッドバッテリー」や「インバータ」などは
部品取り車としても価値がある証明でもあります。

それなら、故障がない今のタイミングで
あらかじめ査定を実施して、「概算金額」を把握しておいたほうがいいでしょう。

・故障してから査定するのか?

・売るべきベストタイミングで査定するのか?

この選択を正しくおこなうことで、
新しい車への予算や頭金が、大きく変わってくるんですね。

まとめ

スクリーンショット 2016-07-31 4.58.21

車検は絶好の査定をおこなうタイミングです。

1回目や2回目の車検ならまだしも、
大きな費用をかけて、車検を受けるますます入れ替えをする
タイミングを逃してしまいます。

また、ハイブリッドカーという年式にとらわれない市場価値があるうちに、
まずは、ネットの一括査定を利用して、査定額を知ることからはじめましょう。

私も新しい車を購入するため、自分の乗っていた「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、期待以上の査定額が提示されませんでした。

だから、下取りは一旦保留にして、インターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142,000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先にわかったので、自分の愛車の「相場価格」も事前に知ることも
できたのが良かったです。

結局、ある程度の高価査定を勝ち取るには、
比較をさせるしかありません。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - アルファード