初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

人気記事セレクション1.プリウスの下取り額に大きな不満!一括査定を使って高く売却する方法
2.【悲願達成】私が新車のハリアー(PREMIUM)を買うことができた3つの理由
3.30系アルファードのおすすめグレードが「X」である3つの理由

アルファード

30系アルファードのアイドルストップ専用バッテリーを交換をする!その費用はどれぐらい?

投稿日:

30アルファード バッテリー上がりで交換

新型30系アルファードも発売してからもうすぐ丸3年になります。

このモデルになってから、アイドリングストップ機能がオプションにて搭載され走るだけで簡単にエコ運転ができるようになりました。

信号待ちなどの一時停止中に、エンジンのアイドリングを自動的にストップ。

ブレーキペダルから足を離すだけで素早く再始動することができるので、燃料の節約に(まぁ環境保護にも)つながります。

しかし、このアイドルストップ機能って残念ながらメリットだけではありません。
この機能を搭載することで、デメリットも存在します。

それが、信号待ちでのエンジンのゴー&ストップを頻繁に繰り返すことによる、バッテリーの早期消耗が見られるようになってきたのです。

つまり、非アイドルストップ車よりもバッテリー上がりをしやすいということなんです。

今回、知人から30アルファードのバッテリーの点検を依頼されたのですが、まさに同じ症状でドンピシャ。

本体の容量を点検したところ、もう限界なので交換するしか方法はありませんでした。

そこでここでは、30系アルファードのバッテリー交換に必要な見積もり額と交換方法。

また、最安値で交換できる方法を詳しく解説します!

30系アルファードのアイドルストップ専用バッテリーの交換と費用

30系アルファードのアイドルストップ専用バッテリーの費用

まず先に結論から。

とあるトヨタディーラーでとったバッテリーの見積もりをとってもらったところ、アルファードのアイドリングストップ対応バッテリーなんと、「総額で約60,000円」

詳しく見積もり書の中身を見ると、バッテリー本体の金額が4万3,200円、取替工賃が1万7,172円と信じられないぐらい高額になっています。

これならプリウスやアルファードハイブリッドの補機バッテリーのほうがなんぼか安いです。

しかも部品代の価格こそまだ納得ができますが、取替工賃がまたアホらしく高額です。

いくら特殊サイズとはいえ、3年で消耗したバッテリーを6万円かけて直すのはランニングコストが高すぎ君ですね(汗)

アイドリングストップ専用バッテリーを交換する

取替工賃があまりにアホらしいので、バッテリー本体だけを取り寄せてもらいました。

こうなったら自分で交換します。

今回見積もりを取ったバッテリーは、有名なACDelco製品。

プラチナisというシリーズで、規格は「S-95」という特殊サイズです(見た目は普通のバッテリーですよ)

 

ちなみに、普段バッテリーが安いAmazonでも4万4,000円と高額。

 

ちなみに、これ後で知ったのですが、このデルコバッテリーを交換するぐらいなら、同じ国産のバッテリーパナソニックのカオスシリーズにしたほうが1/2程度の1万8,000円程度で購入できたので、こっちにすれば良かったとただただ後悔しておりますw。

30系アルファードのバッテリーを交換しよう

では、バッテリー交換方法の解説します。

バッテリーの搭載位置は助手席側で、これは前のモデルと同じ場所に搭載しています。

 

ボルトの取り外し箇所は合計4箇所なんですが、見えているのは矢印のマイナスターとプラスターミナル2箇所、ステーのナットを含めた合計3箇所です。

取り外す順番は、ショートを防ぐために、

  1. マイナスターミナル
  2. プラスターミナル
  3. バッテリーステーのナット

の順です。

 

残り1箇所はと言うと、ラジエーターグリルをかぶせているカバーの中にあります。

 

保護カバー取り外し方法は非常に簡単。

クリップの真ん中を下に押しこむことで簡単に外すことができます(合計8箇所)

 

すると奥からボルトが見えるので、取り外してしまいましょう。

 

あとは取り外して同じように装着させるだけ。

装着順番は今度は逆になり、

  1. バッテリーステーのボルトとナット
  2. プラスターミナル
  3. マイナスターミナル

となるので、取り付ける順番を間違わないようにしましょうね。

もっとお買い得なバッテリーはある。

先ほども説明しましたが、Amazonでしっかり調べてみると、パナソニックのカオスバッテリーが1万8,600円と半額以上の価格で購入できます。

このサイズ、アルファードの他に、C26セレナなどにも搭載されており国産バッテリーということもあり評判も高め。

製品保証は、2年間距離無制限ですが、保証延長キットをオプション設定することにで保証期間を2年から3年間に延長することができます。

もちろん、アイドルストップ専用バッテリーなので寿命が長持ちで大容量。

これで半額なんですから、正直買わない理由はありません。

いずれにしてもバッテリーが消耗したままは、走行することができないですし、もし仮にどこか遠方にドライブなどに出掛けたときエンジンが始動できなくなる恐れがあるので、早めに手を打つ必要があります。

できるだけ、JAFや保険会社のロードサービスのお世話にはなりたくないですしね。

それならいっそのこと、半額以下で購入できるパナソニックのカオスバッテリーを購入しましょう。

まとめ

アイドルストップ車は専用のバッテリーを搭載しないとアイドリングストップ機能が働かなくなります。

しかもシステムに不具合が起こる可能性があり、エンジンのエラーランプがつく可能性もあります。

だからといって必要以上に構える必要はなく、交換方法は普通のバッテリーと一緒で特殊作業など一切必要ありません。

これで技術料1万7,000円ってもうボッ◯クリレベルじゃないでしょうーか(笑)

そう冷静に考えると、やはりバッテリーはインターネットで購入するのがベスト

はっきりいって価格破壊してますよね。。

 

ちなみに、アイドリング専用ではなく、通常のガソリン車でも実店舗で購入するより相当安く購入できるのでこちらもおすすめです。

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥14,700 (2018/08/19 11:47:58時点 Amazon調べ-詳細)

私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取り査定を頼みましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

そこで、下取りを一旦辞めてネットから「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

しかも、はじめに「概算金額」から教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

無料一括査定なら最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができることができますし、 申込みも1分程度で終わるのでおすすめ。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

 
かんたん一括査定ガイド

-アルファード

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.