クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

新型アルファードのアイドリングストップが期待よりも不安が多い3つの理由

      2016/07/25

新型アルファードの「アイドリングストップ」の評価

アルファードを購入予定のみなさんは、
やはり燃費を重視しているのでしょうか?

新車はやはり高額なので、「俺は燃費になんて気にしていないんだあああ!」
と突っ張ってみてもそこはやはりこの不景気、
無視するわけにはいかないでしょう。

そんな僕の友人もアルファード購入する気が満々ながら、
奥様に燃費のことを聞かれまくりでプリウスαに流れつつあるのを、
目のあたりにすると、
「あー女性はやはりシビアだなぁと思う今日このごろ」

そんなわけで今日はアルファード2.5Lガソリン車の「アイドリングストップ機能」
にも触れていきたいと思います。

では本題へいきましょう!

SponsorLinks

アルファードのガソリン車のオプション「アイドリングストップ」とは?

ダイハツのミライースなどに装備されているアイドリングストップ機能。
トヨタ車では、ヴォクシーやエスクワイヤでも設定はされています。

アルファードの場合には、

2.5Lガソリンエンジンのみ設定されていて、
3.5Lエンジンには、設定がありません。

2.5Lの4WDは標準装備。
2WDは56,100円にてオプションで取り付け可能になります。

スクリーンショット 2016-03-10 05.23.57

信号待ちなど、ブレーキで踏んでいる状態で一時停止していると、
エンジンのアイドリングが自動的に止まります。
また、その状態でブレーキペダルを離すとすぐに再始動をするのです。

もちろんアイドリングストップ中でも、
エアコン等は問題がなく、使用することができるので、
夏場でも車内の気温上昇などの心配はいりません。

ただ、「燃費が良く、エコな運転ができる」という
キャッチーな特徴ですが、不安がないわけでもありません。

不安材料1:バッテリーの寿命が心配

スクリーンショット 2016-03-10 05.29.37

やはりエンジンを始動や停止を繰り返していると、
バッテリーの早期消耗や、セルモーターなどの機械的トラブルが心配ですよね。

実際にミライースなどでは、
すでにバッテリートラブルが出てきているようです。
アイドリングストップ専用バッテリーを装着しても、
バッテリートラブルはやはり起きるのです。

アルファード30系のバッテリーは「S-95」という
アイドリングストップ専用のバッテリーが設定されています。
そもそも、アルファードとミライースを比較すること自体
ナンセンスなのですが、やはり心配はあります。

アルファードが発売してから
まだ、3年ぐらいしか経過していませんが、
バッテリーの寿命が、
アイドリングストップ機能無し車よりと同等であるとは限りません。

不安材料2:エンジンが始動たり止まったりが案外ストレスになる

スクリーンショット 2016-03-10 05.58.06
ミライースなどでもそうなのですが、
最初は物珍しさにて、好んで使っていたが、
現在では、強制的にオフにしている方が多くなっています。

エンジンが始動したり、停止したりというのは
確かに「革新的」でもあるのですが、
市内などで、ゴーストップの発進停止を繰り返していると、
エンジンが止まったり、始動したり頻繁に起こります。

それが、案外大きなストレスに感じる方もいます。

また、すごく急いでいるときに、
発進時で、もたつきがあるのもストレスの原因になっているようです。
それならいっそのこと「OFFにしちゃえ!」となるんじゃないかと
思います。

不安材料3:燃費向上を思ったほど期待できない

カタログスペックで燃費の話をしますと、

  • アイドルストップ付き車の燃費は12.8km/L
  • アイドルストップ無し車の燃費は11.6km/L

なので、1kmあたり、約10%の燃費を節約することになります。

3月 19, 2015年現在の
ガソリンの金額がリッター130円ですので計算しますと、

43,200kmを走行すると、
オプション金額の56160円の元が取れる計算になるんです。

たしかにアイドリングストップ機能は燃費向上だけを目的としているわけではなくて、
「エコな走りを実現する」っていう事も大事です。

それはわかってはいるのですが、やはりユーザー目線で考えると、
どれだけ燃費よくなるか、燃料代を浮かすことができるのかがとても重要です。

長い距離を乗るのならで「大きな燃料代の節約」になるのですが、
乗り換え頻度が、多い方にはあまりおすすめはできません。

5万kmしかのらないのか、
それとも20万kmまで乗り潰すのかで装着するかどうかを
判断してもいいでしょう。

まとめ

アイドリングストップ機能の使い勝手、
バッテリーの耐久性、価格などを考慮すると、
アイドリングストップ機能をオプション設定するのかどうかの
判断は難しいところです。

4WDには標準で装着されているの問題はありません。

2WDに乗っている方に関しては、燃費を極力抑えたいと思っているのなら、
設定しておけばいいでしょう。

不安材料はありますが、燃費を気にしている方にとっては、
カタログスペック上でリッター1km/L違うのは
大きな差があるとも言えますよね。

新型アルファードを検討中の方は、
一度は見積りをとって、購入シュミレーションをしたほうが、
より具体的にイメージが掴めると思います。

でも、わざわざディーラーのショールームまで来店して、
時間をかけて営業マンと対面してまで、見積りをとってもらうのが面倒な場合や、
まだ購入を決めたわけでもないのに、営業されるのが嫌な方だっているでしょう。

そんなときには、WEBからでも手軽に見積もりがとれるサービスがあります。
新車の詳細な見積もりをかんたんに取るなら、無料で申し込みが可能である。

日本最大級の新車見積もりサイト
オートックワン
を利用してはいかがでしょう。

車一括査定がおすすめ
私は新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - アルファード