クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

トヨタで発売される新型車「ルーミー」「タンク」とは一体!?

      2016/11/09

1
トヨタから新トール2BOXカーとして、
1リッター3気筒エンジン5人乗りである「ルーミー」と「タンク」という兄弟車を発売されます。

企画や開発はダイハツによって行われるOEM車(他社製品を自社ブランドで販売すること)ですが、ダイハツでは、この2BOXカーを「トール」として発売が決定しています。

同じような例では、ダイハツ「テリオス」とトヨタの「キャミ」
また、ダイハツの「ブーン」とトヨタの「ラッシュ」のような関係を想像していただければ
わかるかと思います。

しかも発売されるのはトヨタだけではありません。スバルにも「ジャスティ」として販売されるのです。
さらにトヨタ車だけ、「ルーミー」と「タンク」と2種類にネーミングが分かれていますが、
それは一体なぜでしょうか?

現在わかっている「ルーミ/タンク」の情報。
グレードや燃費、また型式などを確認していきましょう。

また、ライバル車とみられている同メーカーであるパッソや、スズキのソリオなどと比較も同時にしまみましょう。

►►新車購入する前に、まず愛車の買取価格を調べてみる。

トヨタで発売される新型車「ルーミー」「タンク」とは一体!?

「ルーミー」と「タンク」の違い

では、2BOXカーであるトヨタから発売される「ルーミー」と「タンク」は、
具体的に、どのような違いがあるのでしょうか?

まず、大きな違いとしては「販売店の違い」が挙げられます。
ちなみに、ルーミーは「トヨタ店」と「カローラ店」
タンクについては「トヨペット店」と「ネッツ店」が決まっています。

イメージとしては、
トヨペット店で「ポルテ」ネッツ店で「スペード」
また、トヨペット店で「アルファード」ネッツ店で「ヴェルファイア」のような関係性になっており、つまり兄弟車ということで間違いないでしょう。

要するに、

  • ダイハツの「トール」
  • トヨタ店・カローラ店の「ルーミー」
  • トヨペット店・ネッツ店の「タンク」
  • スバルの「ジャスティ」

となんと4人兄弟のような状態でソリオを迎撃する準備があるんですね。

「ルーミー/タンク」のグレードや車両構成

max16011528-2_tp_v

それでは現在わかっているグレード車両型式について見ていきましょう。

エンジン型式 駆動方式 乗車定員 グレード
1KR-FE
(1000CC・NA)
FF・4WD 5名 X
X”S”
G
G”S”
カスタムG
カスタムG”S”
1KR-VTE
(1000CC・ターボ)
FF G-T
カスタムG-T

基本グレードは、

  1. X
  2. G
  3. カスタム

の3種類になりますが、それプラス1.5リッター並のパワーが期待できる、
「ターボ車」もラインナップに含まれています。

ただし残念ながらターボ車はFFしか発売されずに、4WDが欲しければノンターボである「NA」を選ぶしかないでしょう。

「ルーミー/タンク」の燃費をパッソやソリオと比較する

燃費については、JC08モードでの話になりますが、

車名 ノンターボ車 ターボ車
ルーミー/タンク 2WD:24.6km/L 21.8km/L
4WD:22.0km/L
パッソ 2WD:28.6km/L
4WD:25.0km/L
ソリオ 2WD:25.4km/L
4WD:21.6km/L

ルーミー/タンクのノンターボ車のFFが24.6km/L、4WDが22.0km/Lで、
ターボ車が21.8km/Lになっており、
すでに発売しているパッソやソリオよりちょっと悪くなっています。

これは、排気量が少ないが車両重量がソリオよりも重い、
ルーミー/タンクのマイナス要素とも言えます。
燃費については、ソリオよりも多少でも良くなっていてほしかったというのが本音ですよね。

サスペンションについては、
「ルーミー/タンク」共にフロントが簡潔でコンパクトな構造ですが、
コストがかからないマクファーソンストラット式、

また、リヤが2WDのFFがトーションビーム付きトレーリング式と、
4WDが3リンク式コイルスプリングサスペンションを採用しています。

足回りに関しては、パッソと同じ形状になっています。

「ルーミー/タンク」の寸法や重量など

ルーミー/タンク ソリオ
グレード 標準 カスタム
駆動方式 2WD 4WD 2WD 4WD 2WD 4WD
全長 (mm) 3,700 3,725 3,710
全幅 (mm) 1,670 1,620
全高 (mm) 1,735 1,765
ホイールベース (mm) 2,490 2,450
最低地上高 (mm) 130 145
車両重量 (kg) 1,070 1,130 1,080 1,130 1,050 1,080
最小回転半径 (m) 4.6 5.0
タイヤ カスタムG-T:175/55R15
上記以外:
165/65R14
165/60R15

先ほどの話と重複してしまうが「ルーミー/タンク」がソリオよりも劣る部分は、
車両重量の違いからくる燃費だけではないでしょうか。

ちなみに、トヨタのハイブリット車であるアクアの車両重量は1,080kgですので、
「ルーミー/タンク」のカスタムと同等です。
まあアクアはハイブリットなので、燃費の比較には全くならないんですけどね。

また、タイヤサイズを比較してみると、
標準仕様は165/65R14、カスタムでワンサイズオーバーの175/55R15を採用される予定です。
それ以外に関して、「ルーミー/タンク」と「ソリオ」は驚くほど酷似しています。

車両データーからみても両車がライバル車になるということは、
間違いない事実なんでしょうね。

「ルーミー/タンク」でその他採用される装備

オプション

その他、現時点でわかっている装備としては以下のようなものがあります。

  • カスタム仕様車はLEDヘッドランプ、標準仕様車はハロゲンヘッドランプ
  • フォグランプLED化け
  • オートレベリング付きヘッドランプ
  • エコアイドルストップシステム採用
  • 一部グレードにクルーズコントロールシステム採用

また、トヨタ車の中でも高いグレードに見られる、
パノラミックビューモニターなどもメーカーオプションにて予定されているので、
楽しみですよね。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-03-14-13-57

まとめ

suzuki_solio_g_ma15s_0516

現時点では価格などは未発表です。

ただ、ソリオが145万円から198万円ぐらいなので、
ルーミー/タンクとも、150万円から200万円当たりで決まるのではないでしょうか。

どちらにせよ、
ダイハツ「トール」、スバルの「ジャスティ」
そして、トヨタの「ルーミー」と「タンク」がソリオを包囲していくのは、
時間の問題と言えるでしょうね。

車一括査定がおすすめ

トヨタの「ルーミー」「タンク」の検討する前に、あなたの愛車の買取価格を調べてみませんか?

私も新車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - トヨタ