初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

トヨタ

「エンジンオイルが減る」ヴァンガードは今すぐ売却するべき理由

投稿日:

知人から「ヴァンガードのエンジンオイルが異常消費するんだけど」と相談をされました。

 

実際にどれぐらいのペースで減っているのか疑問に思ったので聞いてみたのですが、1000kmぐらい走行すると半分以下になっているとのこと。

つまり、2000km走ればオイルゲージに付着せず空っぽになる計算です汗。。

 

ここでは、そんなヴァンガードのエンジンオイル異常消費について解説します。

そして実はこのエンジン。

トラブルが非常に多いので、同じような症状に悩まされている方は「売却」も視野に入れてみても良いかもしれません。

エンジンオイルが減るヴァンガードを売却したほうがよい理由

ヴァンガードのエンジンは致命的な欠陥がある。

ヴァンガードのエンジンオイルが減る1番の理由は、中国製であるエンジン本体にあります。

オイルの異常消費については、以前からネットでも結構騒がれていて、ちなみに「2.4L」のみで起きる症状のようです。

ユーザー投稿サイトであるみんカラにも、同様の事例について報告があがっています。

しかも、ヴァンガードだけではなく、

  • 20系アルファード
  • ヴェルファイア
  • マークXジオ
  • 50系のエスティマ
  • ブレイド

など、この時代のエンジンは同じような症状が頻発しています。

実際に、別の知人もエスティマに乗っていて同じ症状に悩まされ、以前エンジン本体をディーラーにて新品に交換してもらいました。
 
関連 : エスティマ50系のエンジンオイルがすぐに減るので修理した。
 
ちなみに交換する部品は、エンジンの下腹部にあたる「シリンダーブロック

まだ新車から3年ぐらいしか経過していなかったので、修理費用については保証で対応してもらったんだけど、2017年現在では、保証期間が過ぎている場合もあり、最悪の場合「有償修理」となります。

 

つまり、欠陥的なエンジンだったとしてもお金を自己負担して修理しなければならないのです。

 

エンジンの修理は非常に高額で、シリンダーブロックを有償修理した場合「30万円〜40万円程度」は覚悟しておくべきでしょう。

SUV車は人気があるから「売却」も検討してみよう。

もちろんエンジンが欠陥でも、しっかりと修理さえすれば完治することはできます。

でも私なら、わざわざお金を支払って修理をせずに売却を検討するかもしれません。

なぜなら、ヴァンガードのようなSUV車は、今最も人気のあるカテゴリーで「高く売却できる」可能性があるからです。


出典:カービュー

現在、空前のSUVブームと断言できます。

SUV車がここまで人気が高くなった理由は、ワイドなフェンダーやゴツい大経タイヤの装着で見た目が格好良く、さらに居住性から積載性まで使い勝手が優れているからです。

マツダの「CX-5」をはじめ、トヨタの「C-HR」日産の「エクストレイル」などミドルサイズのSUV車も順調に販売されており、最近では、新型ハリアーもビッグマイナーチェンジを実施して2リッターターボが発売され何ヶ月も持っている状態です。

 

その結果、新車が売れると中古車も並行して売れるのは当然の流れであり、現在のSUV車の礎を築く格好となった「ヴァンガード」や「RAV4」などの中古車も評価を高めているのです。

 

新車はちょっと購入できないけど、中古車ならなんとか手が届くかもしれないというユーザー向けに「ヴァンガード」はピッタリのSUV車といえます。

実際にヴァンガードは高価買取が期待できる。

そこで、実際にヴァンガードの買取相場を調べてみました。

たとえば、中古車買い取り店のガリバーでは、人気は高く「138万円」と高価買取が実現しています。

 

また、今回調べたガリバーも参加している一括査定サイト「かんたん車査定ガイド」では、95万円〜245万円という大幅な高価買取実績があります。


かんたん車査定ガイドによると、ヴァンガードの高価買取の秘密は、

・どのグレードにおいても査定評価が高く、価格低下しにくい車種です。高価査定が期待出来るでしょう。
・新車と中古車の価格がそんなに変わらないので、走行距離やドレスアップの有無が査定評価に大きく関ります。
・中東エリアでは4WD車が人気の為、国外への輸出傾向が高めです。
・2WD車より、S-VSC+アクティブトルクコントロール4WD協調制御等の機能性が充実した4WD車が人気傾向にあります。

やはりSUVという市場価値、4WDという悪路への走破性、さらには海外にも輸出できるので極端に値段が下がらないから高値で売買されているんですね。

実際に今回の知人も一括査定サイトを利用して売却したようです。

トヨタにて下取り査定と比較しても、約15万円程度高かったようで新型ハリアーを購入する資金に余裕ができたと喜んでいました。

まとめ

ヴァンガードはSUV車というカテゴリーになるので「高価買取」を期待できます。

特に、エンジンオイルが消費している車については、症状がひどくなる前に売却したほうが良いでしょう。

今のまま走行距離だけが増えていけば、ヴァンガードと言えどその価値はズルズルと下がります。

スマホやマンション、ブランド物のバッグなどと同じで、ダメージがひどくなる前に決断することも大切です。

それが、高価買取を狙う基本的な原則なんですよね。

  • 市場人気の高い「SUV車」であること。
  • 実際に買取業者での買取実績があること。
  • 単独よりも一括査定を利用すること。

この2つの事実とたったひとつのポイントを抑えれば、期待以上の高値で売却できるチャンスがあるかもしれませんからね。

車一括査定がおすすめ
私は新しい車の購入費用のため、自分の乗っていた「フィット」をディーラーに下取りしたところ予想を下回る査定額でした。

だから、下取りは一旦やめて一括査定を申し込み複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142,000円の価格差がつきました。

かんたん車査定ガイドは他社とは違い、おおよその「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場」がわかります。

高価査定を勝ち取るには、やはり徹底した査定額の比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

-トヨタ

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.