クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

どのジムニーを買う?グレード選びから特別仕様車までのラインナップを解説!

   

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-04-3-38-07

はじめてあなたが「ジムニーが欲しい!」と思って買うにしても、
どのようなグレードがあるのか知っていますか?

特に新車ならカタログなどを見ればわかりますが、
中古車の場合などは、グレードだけではなく年式などで価格にばらつきがありますよね。

そこで、現行ジムニーを元にグレード構成や主要なスペック、
そして装備の違いなどをわかりやすく解説していきます。

基本的なグレードを抑えておけば、
新車でも中古車でも、ジムニーの基本構成は変わっていないので購入の参考になるはずですから。

ジムニーの基本グレード、特別仕様車などラインナップの紹介

JB23Wジムニーの基本グレードは2種類

JB23Wジムニーのグレード構成はシンプルに2種類。

ジムニーXC XG

スタンダードである「XG」と上級グレードである「XC」だけ。
価格差は約218,160円。

価格の差は20万円近くあるけど、
「4WDシステム」や「エンジン」など機能的な違いは全くありません。

それではスペックです。

車名・型式 スズキ ABA JB23W
機種名 XG XC
ボディ 3ドア
機種記号 JXGU-D8 JXGR-D8 JXCU-D8 JXCR-D8
トランスミッション 5速マニュアル 4速オートマチック 5速マニュアル 4速オートマチック
全長(mm) 3,395
全幅(mm) 1,475
全高(mm) 1,680 1,715
総排気量(CC) 658
燃料タンク容量(L) 40
使用燃料 無煙レギュラーガソリン
タイヤサイズ 175/80R16

機能的な違いがないなら、この2つのグレードの違いはなにか?
それは、内外装の快適性に関係するものがほとんどなんです。

「XCグレード」にはあって「XGグレード」にはない主要装備

XCグレードには標準装備ですが、XGグレードに装着されていないのは、
以下になります。

  • フロントマルチリフターフォグランプ
  • ヒーテッドドアミラー
  • 電動格納式リモコンカラードミラー
  • 3ポジションラッゲージルームランプ
  • リヤシートヘッドレスト
  • 運転席側コインホルダー
  • 助手席シートアンダートレー
  • 全面UVカット機能付きカットガラス
  • クォーター、バックドアスモークガラス
  • ルーフレール
  • カラードドアハンドル
  • アルミホイール
  • 2スピーカー
  • CDプレーヤー

今挙げた装備にはスタンダードグレードである「XG」には装着されていません。

つまり、この装備品に20万円という価値を見いだせるかどうかで、
「XC」と「XG」どちらかを選ぶべきかの答えは導き出せるでしょう。

いやいや私は、
「ホイールは自分で用意するわ」「ナビゲーションやスピーカーは後付するし」
など、自分であとからカスタマイズを考えている方であれば、
無理をして「XC」を購入せずに、20万円安い「XG」を購入するといいでしょう。

結果的どちらを購入するかは、自分がどれだけ弄るかにもよるってわけなんですね。

►►ジムニーの中古車はこちらから

特別仕様車「ランドアドベンチャー」や「X−Adventure」とは?

また、ジムニーは「XG」や「XC」の他に、
年に1〜2回のスパンで「ランドアドベンチャー」「X−Adventure『クロスアドベンチャー』
さらには「ワイルドウインド」など基本グレードとは別に、特別仕様車が発売されています。

下記が現行型であるランドアドベンチャーになります。

ランドアドベンチャー

「XG」「XC」と現行のランドアドベンチャーの違いは、

  • LEDリング付きフォグランプ
  • カラードサイドアンダーミラー
  • 運転席、助手席シートヒーター
  • 電動格納式ヒーテッドドアミラー
  • 専用インパネセンターガーニッシュ[ピアノブラック]
  • 専用インパネオーナメント[シャンパンゴールド]
  • 本革巻ステアリングホイール[シルバーステッチ]
  • 専用ステアリングホイールガーニッシュ[シャンパンゴールド]
  • 本革巻シフトノブ[シルバーステッチ]
  • 専用16インチアルミホイール[高輝度ダークシルバー塗装]

特別仕様車というだけあって、見た目を重視したパーツが装着されています。

また、X−Adventure『クロスアドベンチャー』は、スキーブランドである「サロモン」とコラボしており、
ジムニー誕生40周年をモデルとして作られた特別仕様車になっています。

中古車としても、人気なのでジムニーにしては高めです(すげーカッコイイっすけどねw)
IMG_3637

またランドアドベンチャーやクロスアドベンチャーなどの特別仕様車の購入を検討中のユーザーは、
「ジムニーが欲しいけど他の人と被りたくないな」などと考えている方にとっては最適な1台。

通常ラインナップである「XG」や「XC」は、
カスタマイズしなければ、他のモデルと差別化することが中々できませんが、
特別仕様車なら、そのままの状態でも「見た目がカッコイイ」のでおすすめです。

►►ジムニーの特別仕様車はこちら!

軽自動車じゃない!ジムニーシエラもある

ジムニーというと、軽ナンバーだけに目を奪われがちですが、
兄貴分的な存在で、普通の白ナンバーであるジムニーシエラも忘れてはいけません。

ジムニーシエラ

軽自動車という枠から外れてしまいますが、
ジムニーの2倍の排気量である1.3リッターエンジンを積んであるので圧倒的なパワーを誇っています。

そもそもジムニーの魅力は、「軽なのに本格的な4WDモデル」というところなんですが、
軽自動車という部分に、特別こだわりがないなら、
ジムニーシエラを選んでも面白いかもしれません。

車としての「エンジン性能」「駆動力」「走破性」などについても、ジムニーシエラのほうが上。
また、海外ではジムニーシエラの1300CCのエンジンがスタンダードになっているんです。

より高いレベルのジムニーを乗るなら、普通車であるジムニーシエラを購入しても問題はありません。

►►ジムニーシエラはこちらから。

まとめ

IMG_3636

いかがでしたか、ジムニーは、

  1. 「XG」「XC」のベースグレード
  2. 「ランドアドベンチャー」「ワイルドウインド」などの特別仕様車
  3. 軽自動車ではないジムニーシエラ
  4. ジムニーシエラの「ランドアドベンチャー」などの特別仕様車

という4つの基本構成で販売されています。

この中のほとんどのユーザーがベースグレードを選んでいますが、
ちょっと他の人よりも目立ちたいなら特別仕様車。
また、軽自動車にこだわりがないならジムニーシエラという選択肢も十分にありでしょう。

ただ、購入後や将来的なリセールバリューやランニングコストなどを考えると、
購入するなら、ジムニーシエラではなくジムニーでしょう。

あとは自分が「このモデルがカッコイイ!」と思えれば、
もうそれがあなたにとっての最高のジムニーであることは間違いはないでしょうね。

私個人的な意見を言わせていただくと、新車か中古車どちらかと言えば、
経済的な理由から中古車を購入するべきだと思います。

特に、ジムニーは現行モデルから20年近くになるロングセラーモデルなので、
予算に見合ったラインナップになっているので、購入のしやすさが特徴です。

新古車を購入して、長く乗るのもありでしょう。
また、安めの中古車を購入して遊びなどにガンガン使い込んでもいいかもしれません。

実用的であり、それでいて趣味を楽しむ助けをしてくれる車ってそうそうないですからね。

スクリーンショット 2016-02-17 03.54.33
やはり中古車ジムニーの在庫を確認するなら大手のメーカーが1番でしょう。
ガリバーの累計販売台数は30万台。

毎日400台入荷していて、累計買取台数は300万台を超えました。
時間にしてみると、4分に1台を買い取り、11分に1台を販売している計算になります。

しかも長期保証制度、100日以内の返品制度もあるので安心して探すことが可能です。

あなたにとって、これからの相棒になるかもしれない。
車選びに失敗したくないなら。

►►ジムニーを探すなら中古車のガリバーがおすすめです。

また、ジムニーを購入するなら自分の車がどれぐらいの市場価値があるのかを確認してみませんか?

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - ジムニー