クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

料金はどのぐらい?18系クラウンマジェスタのタイミングベルト交換費用

   

IMG_6315

知人の18系のクラウンマジェスタが、そろそろ10万km走行したのでタイミングベルトを交換時期を迎えました。

タイミングベルトとは10万kmを走行した場合に必ず交換しなければならない「定期交換部品」であり、もし交換せずにそのまま車を使っていた場合、ベルトが切れてエンジンがロックして焼き付きを起こしてしまう危険性があるのです。

知人も「タイミングベルトなんてすぐ交換できるんでしょ?」と甘い考えでいたようなんですが、実はそれが大きな落とし穴。

18系のクラウンマジェスタに搭載されている4.3Lの「3UZエンジン」
タイミングベルト交換するには、多大なる時間を要し、さらに追い打ちをかけるように大きな出費が必要になるんです。

そこで、今回の記事テーマ。
18マジェスタのタイミングベルト交換にかかる費用や、必要なパーツなどにフォーカスを当てて説明していきましょう。

今回交換する18系と言っても、UZS187の4WDマジェスタです。
だからといって、FRである186系との違いは全く無いのでどちらでも一緒と考えてもらってもいいでしょう。

187系マジェスタのタイミングベルトを交換する。

マジェスタのタイミングベルト交換費用

IMG_6336

まずはさっさと結論から説明していきます。

3UZエンジン、タイミングベルトの交換費用は、
「71,895円」になります。※部品・技術料込。

知人はこの高額な見積もりをみて腰を抜かしそうになっていました。

なぜなら、タイミングベルトとファンベルトを勘違いしていたらしく、交換だけでそこまで高額な見積もりになると思わなかったらです。

全く予想していなかったらしく、ディオのスタンド「ザ・ワールド」を食らったときのようにまるで時が止まっているような様子でした。。。

もちろん車種によって、見積もりに価格差はあります。

ですが、特にマジェスタは作業難易度が高いので高額な見積もりになるのです。

タイミングベルト交換するときに必要なパーツ

IMG_6318

高額見積もりに唖然としていましたが、渋々?交換することに納得をしてもらいました。
だって交換しなければ、それこそエンジン本体が故障するので放置しておくわけにもいきません。
 
そこで、タイミングベルト交換するときに最低限必要なパーツは、
①タイミングベルト=6,480円
②チェーンテンショナ=6,156円
③タイミングベルトアイドラーNO.1=2,894円
④タイミングベルトアイドラーNO.2=2,905円
以上の4点になります(しめて18,435円也)

IMG_6319

 

しかも高級車ともあって、タイミングベルトも真空パックされています。

IMG_6320

今回見積もりには、タイミングベルトの交換時における技術料と部品だけを掲載していますが、できればエンジンのウォーターポンプを同時交換したほうがいいでしょう。

✓POINT:ウォーターポンプを同時交換するメリット
ウォーターポンプは定期交換部品ではありません。

ですが、10万kmも走行しているとポンプから水漏れや異音が発生していることがほとんど。

さらに、ポンプはベルトのすぐ裏側に装着されているので同時交換することで工賃の重複を防ぎます。

つまり「ウォーターポンプ」の部品代だけあれば交換できるのが最大のメリットなんです。

ウォーターポンプは純正品を購入すると10,000円以上しますが、ネットを利用することで安く購入することが可能です。

Amazonなら、タイミングベルトの部品一式とウォーターポンプがセットになって約16,000円にて購入できるのでお得です。

なぜタイミングベルトの技術料は高額なのか?

なぜ、「3UZエンジン」のタイミングベルトの工賃は高額になってしまうのか。

それは、タイミングベルト本体がエンジンの奥の方に潜んでいるからです。

スクリーンショット_2017-02-02_4_46_16

 

タイミングベルト本体まで辿り着くために取り外ししなければならないパーツ点数が多くあります。
しかも、画像ではエンジンが降りている状態での写真なのですが、実際には車上での交換になります。

スクリーンショット 2017-02-02 4.42.54

それだけで、作業の難易度と作業時間もかかるので、技術料が50,000円近くするのは仕方のないことなんです。

ただ、間違っても専門知識がない方が自分で交換してみようなんて思わないこと。
3UZエンジンは専用のストールがあっても、専用の工具があったとしても交換作業は大変です。

もし交換するなら、ディーラーや整備工場のプロに任せましょう。

最後にもうひとつ。
もし10万km走行したなら、スパークプラグも同時交換したほうがいいでしょう。

もちろんV8エンジンなので8本のプラグを使っています。

こちらもAmazonで購入すると10,000円以下で購入できるのでお得です。

まとめ

IMG_6316

10万km走行した、「3UZ」エンジンの18系クラウンマジェスタはタイミングベルトの交換が必要です。

改めて交換時の注意点は、

  • 最低70,000円近くの予算が必要になる。
  • ウォーターポンプやプラグも同時交換したほうがいい。
  • 部品はAmazonなどネットで購入すると安い。

昔はマジェスタやセルシオのような高級セダンは、10万kmも走行したらほぼ新車へ入れ替えになっていました。

ですが、現時点は車が長寿命化しており、ベルト交換する方も増えてきいます。

ただ、少しでも新車や中古車へ入れ替えを検討している方なら、交換作業に70,000円近く予算をかけるのは気がひけるかもしれません。

それなら、10万kmを超えていない車としての価値が残っている今この瞬間に一括査定サービスを利用して買い取り価格を出してもらい、売却を検討してみてもいいかもしれません。

実際の買い取り事例を紹介すると、似たような車種である30系セルシオも高額査定になっています。

20万円、30万円という査定額がついているすぐその横で、「55万円」という高額見積もりを実現しています。
スクリーンショット 2017-02-02 5.35.35

いずれにしても、交換するにしても、査定して入れ替えするにしても、10万kmを超えてしるのは事実なのですから、早めに手を打ったほうがいいですからね。

思い立ったら、すぐに行動ですから。

車一括査定がおすすめ
私は新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - トヨタ