初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

人気記事セレクション1.プリウスの下取り額に大きな不満!一括査定を使って高く売却する方法
2.【悲願達成】私が新車のハリアー(PREMIUM)を買うことができた3つの理由
3.30系アルファードのおすすめグレードが「X」である3つの理由

アルファード

10万kmを超えたアルファードの車検見積もりはどれぐらい!?

投稿日:

10万kmを超えた2系アルファードの車検見積もり

10万kmを超えた20系アルファードの車検をディーラーにて見積もり頼んでみました。

平成21年式なので、もうかれこれ4回目の車検になりますね(汗)

距離数が増えて、年式もそこそこ重ねてきているので、心配になってくるのが「車検費用」

なぜなら、初回や2回目の車検とは違い、故障部位が増えてくるんじゃないかと予想できるからです。

そこでこの記事では、10万kmを超えた4回目のアルファードの車検の見積もり費用は一体どれぐらいになるのか解説します。

もちろん、それぞれのメンテンス状態によって違いは出てくると思いますが、何かの参考にしてもらえればありがたいと思いっています。

10万kmを超えた2系アルファードの車検見積もり

10万kmを超えると消耗部品の交換が一気に増える

中古車の目安としてよく数えられる「10万km」という数字。

今じゃ10万kmなんて通過点に過ぎませんが、消耗部品の交換は必要です。

エンジンオイル交換はもちろん、

・エンジンのコンディションには欠かせない「スパークプラグ」
・エンジンに綺麗な空気を送り込む「エアクリーナーエレメント」
・ヒーターユニットの中を綺麗にする「クリーンエアフィルター」
・車がしっかりと止まるために必要な「フロントディスクブレーキパッド」

など、今までになかった消耗部品の交換を必要になりました。

もちろんその他にも、CVTフルードやクーラントの交換も視野に入れる必要があり、車検費用は今までよりは高額になる傾向があるでしょう。

4回目の車検費用は20万円ぐらいになった。

実際10万km超えた20系アルファードの車検をディーラーに出してみたところ、車検見積もりの段階で20万円を超えてしまいました。

その20万円の内訳は、

・整備費用が約14万7,000円
・法定費用が5万9,830円

と、消耗部品交換による整備費用の高騰が主な原因です。

 

中でも、先ほど挙げた消耗部品である、

・エンジンオイル&フィルター=12,000円
・スパークプラグ=25,000円
・エアクリーナーエレメント=4,000円
・クリーンエアフィルター=4,000円
・フロントディスクパッド=20,000円

など、部品が増えてくることにより、それに伴う技術料も相重なって車検の総費用は上昇していきます。

もちろん、ディーラーで見積もりをとってもらっているので、車検見積もりは高額になる傾向があります。

私自身も、とくに悪いところが見つからないであろう「1回目、2回目の車検」なら楽天車検のような、低価格な車検業者を勧めていますが、やはり10万km超えたタイミングからは、一度しっかりとディーラーで車検を通してもらうべきだと思っています。

いずれにしても、このぐらいの年式や走行距離でのタイミングなら、ざっくり20万円ぐらいの予算を用意しておいたほうがいいのかもしれません。

20系アルファードなら売却も検討しよう

20系アルファードの場合、車検を受けると同時に査定も視野に入れておく必要があります。

車検費用のコストに対して、査定することでどれぐらいリターンが得られるか判断するためです。

たとえば、今回車検に多くの費用を支払って、その2年後無価値な状態で売却するよりも、今の価値を判断してもらって高く売却できれば得られるトータルリターンが全然変わります。

もちろん、車検に出すタイミングに合わせてディーラーにて査定してもらっても構いません。

しかし、もっともオススメなのは買い取り専門店、とくに複数の買い取り店を一括で査定する比較サイトかんたん車査定ガイドを利用すれば、競争原理が働いて、査定額があがりやすくなります。

とくにミニバンの中でも圧倒的な人気を誇る「アルファード」なら、より一層高い査定評価を期待することができるでしょう。

実際、査定した口コミも軒並み高評価につながっていますし、高価査定の実績もあります。


色々と悩んだ結果「最終的に車検を取った」としても、自分の車がいまどれぐらいの評価額なのか、参考程度にでも、査定額を見てから判断しても遅くはありません。

もしかして、想像以上に高い評価に繋がることだって十分に考えられるんですからね。

まとめ

10万kmを超えたアルファードの車検費用は「20万円程度」予算を確保しておいたほうが無難です。

その理由は、消耗部品の交換が増えてくるからで、過去のメンテンス状態によってはそれ以上高くなる可能性もあります(もちろん安くなることも)

いずれにしても、「車検を受ける」というたった1つの選択に固執せずに、複数の選択をもっておくべきでしょう。

20系アルファードは、中古車市場で絶対的な人気を誇っていることもあり、10万kmを超えても高評価に繋がりやすい、珍しい車種なのですよね。

それでも「少しでも安く車検をとりたい!」と考えているのなら、ディーラー以外の大手民間業者を利用して車検を受けられる楽天車検を使ってみましょう。

►►「楽天車検」を利用してアルファードの車検を受けてみる。


私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取り査定を頼みましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

そこで、下取りを一旦辞めてネットから「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

しかも、はじめに「概算金額」から教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

無料一括査定なら最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができることができますし、 申込みも1分程度で終わるのでおすすめ。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。


 
かんたん一括査定ガイド

-アルファード

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.