初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

人気記事セレクション1.プリウスの下取り額に大きな不満!一括査定を使って高く売却する方法
2.【悲願達成】私が新車のハリアー(PREMIUM)を買うことができた3つの理由
3.30系アルファードのおすすめグレードが「X」である3つの理由

ETC

ETCを別の車で使うための4つの条件と再セットアップの方法

投稿日:

今まで使っていた『ETC車載器本体』をなんらかの理由で他の車に移設した場合、そのETC本体をそのまま使うことができるのか?

結論からいうと「NO」で、再セットアップという作業が必要になります。

ではなぜ再セットアップが必要になるのでしょう?

それはETCの車載器本体と紐付けされている登録情報と、車両情報が違ったままETCを使った場合、適正な料金にならないことがあったり、最悪、開閉バーが開かない可能性があるからです。

一方で、他の車へ移設してそのまま使用しているユーザーがいることも事実であり、もし仮に適正の料金を支払わなかった場合、高速道路会社であるNEXCO(ネクスコ)から連絡がきたり、悪質運転とみなされ、不正通行車両として扱われるケースもあります。

そこでこの記事では、ETC車載器を再セットアップする4つのルールと、再セットアップする方法と費用について解説していきましょう!

ETCを再セットアップする4つのケース

ナンバープレートの番号が変更になった

意外と知られていませんが、ナンバープレートの番号変更した場合は再セットアップが必要です。

たとえば、

・転勤などによる他県に引っ越しで、新しい地区のナンバープレートに変更した場合。
・維持費の節約でハイエースやランクルなど、4ナンバー(小型貨物)から1ナンバー(普通貨物)へ用途を変更した場合。

など、車ではなく、ナンバーしか変わっていないにしても、「車両情報が変更」という扱いになるんです。

たかがナンバープレートだけでも、再セットアップは必要になるんですよね。

完全に余談ですが、ナンバープレートが変更になった場合、自動車保険も変更手続きが必要ですからね。

ETC付きの中古車を購入した。

ETC車載器があらかじめ装着されている中古車を購入した場合でも、再セットアップが必要なります。

たとえば、購入したのが中古車だった場合、前のオーナーのETC車載器情報が残ったままになっています。

もちろん今後は次のオーナーが乗るのですから、新しい車両情報を入力する必要があります。

ディーラーや大手販売店など、比較的大きな業者では新しいユーザーに合わせて再セットアップをしてくれますが(有料で)、しかしいい加減な業者では再セットアップはしてもらえません。

もちろん、個人売買も同様です。

そもそもETCを使うつもりがなければ、わざわざ再セットアップする必要はないけど、なんだかんだ言いながら車に装着されていれば使いたくなるもの。

必ず、役に立つ日がくると思うので、引き渡しの前に再セットアップを実施しましょう。

新品でも中古でもETCを新しく購入した。

新品でも中古でもETCを新しく購入しても再セットアップが必要です。

  • ディーラー
  • カーショップ
  • Amazon、楽天、メルカリ、ヤフオク

どこで買っても一緒。

ただ、安く買うために通販サイトで購入するケースがもあると思いますが、Amazonでは事前にセットアップするETCも販売しているので、購入後わざわざセットアップだけを違う業者に依頼する手間が省けるので便利です。

牽引(けん引)可能な構造に変更した

けん引が可能な状態に改造した場合も、再セットアップが必要なります。

たとえば、車両側にヒッチメンバーを装着して、水上バイクのボートトレーラーやオートバイのバイクトレーラーなどを連結してETCレーンを通過する場合です。

なぜ再セットアップが必要なのかというと、けん引した状態で高速道路に乗ることで、高速料金が1ランク高くなるからです。

またけん引車の場合、車軸の関係でゲートが正常に開かない可能性もあるので、事前に確認することが必要です。

ヒッチメンバーを装着しても、再セットアップまで意識が向かないことがあるので手続きを忘れないようにしましょう。

ETC再セットアップの方法

ETCの再セットアップする方法と費用

再セットアップするためには、ディーラーやカー用品店などを利用します。

デンソーやパナソニックなど、ETCを取り扱っている代理店でも利用できる場所もあります。

 

再セットアップする費用は、実施する場所によってばらつきがありますが、大体1500〜3000円程度です。

必要な書類は、車検証の控えとETC車載器番号とETC申し込み書。

最近出始めている、ETC2.0も同様の書類が必要です。

ETC車載器番号の記載場所

新品の場合:ETC本体or付属品ラベルに同封される。
中古品の場合:ETC本体

まとめ

ETCをなんらかの理由で新規で車両に取り付けするならば再セットアップが必要です。

再セットアップについては、先ほど紹介したような販売店で1,500〜3,000円程度で受け付けしてもらえます。

でもセットアップって、業者によっては手間の割に利益にならないので、対応が緩かったりするケースもあるんですよね。

それならいっそのこと、セットアップも一緒にしてくれるETCを購入したほうが早いかもしれません。

いずれにしても、違う車両に取り付けるなら再セットアップしないことには使用できないため、必要なら今すぐ申し込みをしましょうね。


私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取り査定を頼みましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

そこで、下取りを一旦辞めてネットから「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

しかも、はじめに「概算金額」から教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

無料一括査定なら最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができることができますし、 申込みも1分程度で終わるのでおすすめ。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

 
かんたん一括査定ガイド

-ETC

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.