クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

リスクになるの?中古車を購入するときの5つのデメリット

   

名称未設定.001

「新車を購入するべきか」それとも「中古車を購入するべきか」

車の購入を検討していると、一度は必ず考えますよね。

もちろん購入する車によって、どちらを選ぶべきかはケースバイケースですが、
この記事では、新車と比べて中古車を購入するデメリットについて解説します。

これから説明をするデメリットをマイナスと感じないのであれば、
中古車を購入するべきですし、もしも「どうしても無理!」というなら
新車にするべきだと個人的には考えています。

さて、あなたはどちらを選ぶでしょうか?

中古車購入すると直面する5つのデメリット

最低ワンオーナーになってしまう

中古車は「他の誰かが乗っていた車」という大原則があります。

それが「新車」と「中古車」の大きな違いであり、
「中古車は嫌だ」って決めているユーザーが「新車」を選ぶ大きな理由になります。

新車にしか乗らないユーザーは、

  • プライドが高くい
  • 極度のきれい好き
  • 新しいもの好き

などの特徴があります(もちろん悪い意味ではないですよ^^)

確かに、誰が乗っていたかわからない車を購入するのは、
抵抗を感じるかもしれません。

ワンオーナー車よりも、
はじめてのカーオーナーになったほうが気持ちも良いですし。

でも、メーカーや大手が販売する中古車は、
売却したあとに、しっかりと納車準備をしてからお引渡しをします。

外注を使用したルームクリーニングや、ボディのワックスがけなど、
万全の体制を整えて納車するので、
極端にキレイ好きで、神経質でもない限りは、中古車でも問題がありません。

もしそれでもなるべく新しい車が良いなら、
軽自動車限定になってしまうが未使用車という選択もあります。

参考:新車は買えない!中古車は嫌!そんな方に未使用車のすすめ

中古車は試乗ができない?

NewImage5
新車と比べて中古車は試乗ができないと思われがちですが、
決してそんなことはありません。

車検が残っていて、試乗したい中古車にナンバープレートが取り付けしてあれば、
試乗することは可能です。

もちろん新車のように試乗車が用意されているわけではありません。
また、ナンバープレートがついていない、
購入後に登録する車については試乗することができません。

ただ、店舗によっては同型車を用意してくれる場合もあるので、
確認してみましょう。

好きなグレードやカラーを選べない

5af5c6e95abb04c833df8a23c45db776_m

こちらが中古車を選ぶときにぶつかる、もっとも難しいポイントではないでしょうか。

新車なら好きな「グレード」×好きな「ボディカラー」を選ぶことができますが、
中古車の場合は、かんたんには見つかりません。

好きなボディカラーがあっても、グレードが気に入らなかったり、
逆も同じようにあります。

特にグレードや装備には、様々な種類があります。

現在の自動車では、

  • スマートキーシステム
  • パワースライドドア
  • ディスチャージヘッドライト
  • エアロパーツ
  • 緊急ブレーキ

などが、グレードで装備品が変わります。

名称未設定_001

ですが、「パワースライドドア」や「スマートキーシステム」などは、
グレードで決まってしまいますが、
エアロパーツやディスチャージヘッドライトに関しては、
購入してからでも、十分に後付などで対応が可能です。

中古車は、意図したグレードが見つかりずらいデメリットがありますが、
妥協する代わりに、大幅に価格が安くなるのがメリットでもあります。

私中古車を選ぶときの基準としては、
まず好きな色、ボディカラーを最初に選択して、
グレードについては、後付などで対応できるのかどうかを見極めてから購入します。

故障のリスクが高い

新車と比べて中古車のほうが、当然故障するリスクが高くなります。

一度も公道を走行していない、走行距離が0kmの新車と、
何度も公道を走行している、走行距離が50,000kmの中古車。
どちらが壊れやすいかなんて明白ですよね。

ただ故障の可能性が高いからと言って、「中古車はだめだ」と決めつけてはいけません。
トヨタや日産などのディーラーでは長期保証が充実していますし、
中古車のガリバーについては、10年間という異例の長期保証があります。

スクリーンショット 2016-09-05 21.27.20

新車の保証期間がトヨタをはじめ、どのメーカーも最大5年間保証していますが、
中古車のリスクマネジメントを考えて、ガリバーは長期保証でカバーしているんですね。

中古車は寿命が短い

新車はこれから登録する車で、中古車は既に登録されている車です。
したがって同じメーカー&車種ならば、
既に発売している中古車のほうが車の寿命が短くなります。

ですが、それは必ずしも正解ではありません。

新車を購入しても、全くメンテナンスをしなければ故障します。
一方で、中古車を購入しても、
しっかりと愛車の状態を気にかけてメンテナンスをしていれば、車の寿命は驚くほど伸びていきます。

要するに車の寿命、どれだけ長持ちするのかは、
これからその車の管理人となるユーザーによって決まります。

定期的にオイル交換などを行い、毎年しっかりと点検&車検をしている中古車と、
2年に1度の車検しかしない新車。

もちろんはじめは、新車のほうが状態は良いですが、
このままだと間違いなく、状態は逆転します。

中古車は寿命が短くて不安」とマイナスに考えるのではなく、
自分の手で、自分の愛車を守ってやるぐらいの気持ちがあればいいんです。

どんなに古い車でも「愛情」に叶うものはありません。
アメトーークなどの「旧車芸人」でもやっていましたが、
ユーザーの「愛」があれば、多少古くてもなんとかなるんですよね。

スクリーンショット 2016-09-05 21.38.01

まとめ

  1. ワンオーナー車ではない。
  2. 中古車は試乗ができない。
  3. 好きなグレードやカラーを選べない。
  4. 故障のリスクが高い。
  5. 中古車の寿命は短い。

書いていて「これ本当にデメリットなのかなぁ?」と思うこともありましたが、
中古車のデメリットをあえて挙げるとすれば、あえて以上の5点ではないでしょうか。

確かにデメリットもありますが、
それよりも、

  • 価格が圧倒的に安い
  • 選ぶクルマの選択肢が多い

などの新車を上回るメリットもたくさんあります。
まあ、根も葉もない話になってしまうが、
その辺りを考慮して、中古車にするべきか新車にするべきかを選択しましょう。

ちなみに私は中古車推進派です。
また、住宅などでも中古物件でも構わないと思っているタイプです。

だって購入した後に、リフォーム&リノベーションすればいいだけの話。
価格とメリットと、選択できる自由度には敵わないですよね。

スクリーンショット 2016-02-17 03.54.33
やはり中古車の在庫を確認するなら大手販売店が1番です。
ガリバーの累計販売台数は30万台。
累計買取台数は300万台。時間にすると、
4分に1台を買い取り、11分に1台を販売している計算になります。

「事故車なし」「返品もOK」しかも車種により、最大で10年の保証期間があるので、
長く乗られる愛車を探している方にもおすすめです。
7割の未公開車両の在庫を優先的に見つけてもらえる。

►►中古車のガリバーで未公開車両&在庫車両を探してみよう。

車一括査定がおすすめ
私は新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

►►愛車の「 最高額 」を一括査定で調べてみる。

かんたん一括査定ガイド

 - 中古車を購入するための基礎