クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

SUVの安い中古車を買うならトヨタのヴァンガードを選ぶ5つの理由

   

IMG_5349

これから手頃なSUVの中古車を購入するならどんな車がいいのだろう。

私もよくお客さんに聞かれることが多いのですが、
答えはいつも決まっています。

SUVの中古車ならトヨタのヴァンガードにするべきでしょう。

SUVはもともと、悪路を走行するためにのクルマですが、
今では、見た目と実用性も大事な要素になっています。

なので、ファッションにもなり、アクティブな外観が人気な理由でもあり、
それでいて、4WDを備え、さらには居住性や積載性などの、
マルチな性能がなければいけませんが。

  • 新車はちょっと高くて手が出ない。
  • できるだけ安く購入することができる中古車のSUVが欲しい

それなら、私が間違いなく「買い」であるヴァンガードについて解説をしていきます・

►►ガリバーでヴァンガードの未公開車両、在庫車両を探してみる。

SUVの中古車を買うならトヨタのヴァンガードを選ぶ5つの理由

そもそもヴァンガードは、
”高いドライビングプレジャー”と”上質で洗練された内外装スタイル”をもつ
超高級ミディアムSUVという車両コンセプトがあります。

2007年から2013年の7年間販売されており、
もともとは「ハリアー」や「クルーガー」の後継車として地位を確立しました。

見た目がカッコイイ!

IMG_5350

2007年にデビューしてもうすぐ10年になりますが、
見た目のスタイリッシュさが失われていません。
古さを感じさせないデザインです。

事実、モデリスタのエアロやトヨタ純正のエアロを装着すると、
プレミアムSUVに相応しく、上質で都会的なスタイルになります。

また2種類のエンジンが用意されていて、
予算に余裕があるなら、ゆとりある動力性能の3.5Lの2GRエンジン。
スムーズな加速とストレスを感じさせない2.4Lの2AZエンジン。

自動車税は3.5Lの58,000円と比べて、
2.4Lの45,000円と年間で13,000円も安くなっており、
ランニングコストの影響からか、
ヴァンガードを購入するユーザーは、8割近くが2.4Lを選んでいます。

中古車としての価格が手頃である

もちろん中古車なので新車と比べると値段が手頃なのが絶対条件ですよね。

どのメーカーのSUVも新車で購入した場合、
平均価格は300万円前後しますが、
ヴァンガードの中古車なら150万円前後、
高くても200万円で抑えることができて、
最安値の場合には、100万円以内で購入できる場合もあります。

スクリーンショット_2016-09-04_5_58_53

多少走行距離は伸びていますが、
より安く購入するならある程度、妥協してもいいでしょう。

また、中古車のガリバーなら、長期保証や100日以内での返品保証もあります。

クーリングオフがない新車と違って、
お店独自で展開している制度を上手に利用すれば、
購入して失敗する可能性も低くなるでしょう。

スクリーンショット 2016-09-05 6.41.00
※クリックすると大きなります。

100万円以内は、ちょっとお得感がありすぎですが、
それでも、150万円前後で購入できるのが魅力的ですよね。

新車の半額近くで購入できる中古車は、
車を上手に管理できるユーザーにとってメリットが高いですよね。

趣味性と実用性が調和されている

IMG_5352

やはりSUVの魅力は悪路を走行する走破性だったりするんですが、
アウトドア志向の強い方に人気のある車です。

事実、スノーボードやフィッシングなどアクティブに行動する場合には、
ヴァンガードのような5ドアハッチバック車は使い勝手が抜群に優れているんです。

だからと言って、ランクルやパジェロのようなオフロードSUVのように、
街中での運転を捨てているわけじゃありません。

ヴァンガードは街乗りとしても運転がしやすく、
走行安定性が優れ、小さな舵角から車両を正確に反応もします。

アクティブ4WDとCVTで低燃費化している。

スクリーンショット 2016-09-04 6.17.54

ヴァンガードはFFベースの4WDになりますが、
常時4WDになっているわけではありません。

路面状況に応じて2WDと4WDに切り替える、
アクティブトルクコントロール4WDを採用しています。

例えば雪道など滑りやすい路面では直結4WDと同等の発進性や加速性を実現。
冬のスノーボードや夏の砂浜などでも力強く、安定した旋回性能を実現。

また、普段の通勤などの街乗りでは、FF状態である2WDに切り替えるので
最適な駆動力を配分しているんです。

また先ほども言っていましたが、
ヴァンガードの2.4Lだけは、CVTが装着されているので、
AT車と比べて燃費が良くこちらも年間の維持費に大きな影響を及ぼします。

オートマチックトランスミッション概要
・2GRエンジン=AT車
・2AZエンジン=CVT車

旧モデルである30系ハリアーの2.4Lがリッター当たり5〜6km/Lぐらいしか走行しない
一方でヴァンガードは街乗りでリッター8〜9km/Lは走行します。

その辺りもヴァンガードをおすすめできる理由のひとつになっています。

スマートキーを搭載

IMG_5357

やはりスマートキー装着車は利便性を考えると、
絶対にあったほうがいいですよね。

今でこそもう当たり前になっていますが、
当時「スマートキー装着車」は珍しい車でした。

もちろんスマートキーのメリットは、
キーを携帯しているだけで、エンジンの始動ができること
新車なら当たり前の装備も、
案外年式が経過してた車は「キータイプ」が多いのです。

せっかくこれから中古車として購入するなら、
スマートキーのほうが便利でしょう。

一度その快適性を味わうともう元には戻れませんよね。

まとめ

IMG_5355

内装の質感や運転のしやすさも大事ですが、
やっぱり最重要視する部分は

  • 割安なSUVが購入できる
  • 燃料代や税金も節約できる
  • 見た目でカッコイイ車が手に入る

ことではないでしょうか。

アウトドア志向があり、「趣味」と「実用性」を同時に実現できるのが、
SUVの魅力でもあり、ヴァンガードの魅力でもあります。
大型なワイドボディでありながら、低燃費化も実現しているので、
経済的にも負担が少ないもの大きな魅力のひとつです。

スクリーンショット 2016-02-17 03.54.33
やはり中古車の在庫を確認するなら大手のメーカーが1番です。
ガリバーの累計販売台数は30万台。
累計買取台数は300万台。時間にすると、
4分に1台を買い取り、11分に1台を販売している計算になります。

また車種により、最大で10年の保証期間があるので、
長く乗られる愛車を探している方にもおすすめです。
7割の未公開車両の在庫を優先的に見つけてもらえる。

⇒中古車販売実績NO.1のガリバー

であなたの条件にピッタリ合う、1台を見つけよう!

車一括査定がおすすめ
私は新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - トヨタ