初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

人気記事セレクション1.プリウスの下取り額に大きな不満!一括査定を使って高く売却する方法
2.【悲願達成】私が新車のハリアー(PREMIUM)を買うことができた3つの理由
3.30系アルファードのおすすめグレードが「X」である3つの理由

トヨタ

タンクのフロントガラスが割れたので新品に交換したいけど費用はどれぐらい?

投稿日:

前方の車からの飛び石でフロントガラスが割れてしまった。

車はトヨタのタンクで、買ってからはじめての「事故」と言えるのかもしれません。

飛来物による事故は車両保険の対象となるので保険会社に連絡を入れると保険修理が可能になるが、もし車両保険に加入していなければ一体どれぐらい掛かるのでしょうか?

そこで本日の記事テーマですが、トヨタのタンクのフロントガラスを交換した場合の修理費用と修理日数について詳しく解説します。

タンクのフロントガラスが割れたので新品に交換したいけど費用はどれぐらい?

タンクのフロントガラス交換費用

まずは結論から。

タンクのフロントガラスを修理費用は約17万1,000円程度必要になります。

内訳を詳しく解説すると、

  • フロントガラス代:85,100円
  • ナビゲーションフィルム代:6,080円
  • スマートアシスト調整代:18,400円
  • フロントガラス交換代:33,000円

※全て税抜。

となっており、コンパクトカークラスの平均的なガラス交換費用に比べて1〜2万円高い水準です。

高額な理由はスマートアシストが付いているから

なぜここまで高額な見積もりになってしまったのか?

なぜなら、自動安全装置であるスマートアシストが装着されているからで、もし装着されていれば、新しいガラスを取り付けしたあと調整作業が必要になるのを覚えておくべきでしょう。

スマートアシスト付きかどうか判断するには、フロントガラス上部のカメラが搭載されているかで一目瞭然です。

また、今ではほとんどの車種にカーナビが装着されています。

フロントガラスに貼付けされているフィルムアンテナは再使用不可部品なので、新たに注文して取り付ける必要があります。

スマートアシスト調整料同様に、追加金額は掛かると考えておけばいいでしょう。

車両保険に加入していれば保険を使って修理しよう

高額な修理費用の前に戸惑いを感じているのなら別の角度から修理が可能かどうか判断する必要があります。

たとえば、もしあなたが車両保険に加入していれば保険を使って治したほうがお得に済みます。

その理由は、飛来物による事故は1等級ダウン事故扱いになるから。

 

通常の保険事故だと、基本的には3等級ダウンします。

そのため、一度の保険使用で翌年からの保険料の値上げは非常に大きくなります。

 

しかしその一方で、1等級ダウン事故の場合、保険料の値上がり額はそう多くありません。

1年もすれば等級も元通りになるため、車両保険に加入して、事故で全然保険を使っていなければ積極的に利用するべきでしょう。

ただ、免責金額や1年以内に利用したなんてこともあるため、いずれにせよ自分が加入している保険会社にすぐ連絡をするよう心がけてください。

修理期間は最短で2日

フロントガラスの交換した場合の修理日数は最短で2日ぐらい見ておけばいいでしょう。

1日目にフロントガラスを交換する際、ガラスとボディの隙間に専用の糊付けしているので必ず1晩放置が必要です。

次に日に、スマートアシスト調整作業をするような感じです。

また、極端に天気が悪い日や、北海道や東北など降雪地域に済んでいる場合には、追加でもう1日かかる場合があるので、日数には余裕をみて入庫するようにしましょう。

いずれにせよ、自動車保険に加入しており代車特約など加入していればレンタカー対応が可能。

もし加入していなければ、整備工場の代車が借りられないか相談してみるのがベスト。

また、もし仮に転勤や引っ越しなどで近くに修理工場がないのであれば、Goo Pitからでも検索できるので積極的に利用していただきたいです。

まとめ

最後にタンクのフロントガラスを交換へのサイクルをまとめると、

  • タンクのフロントガラスを交換すると17万円前後必要になる。
  • 車両保険に加入していなければ自己負担するしかない。
  • 車両保険に加入してれば、つべこべ言わず保険を使うべき。
  • 修理日数は2〜3日程度必要になる

といったところでしょうか。

いずれにせよ、ポイントとなるのは自動車保険の存在です。

とくにタンクのように新しい車種の場合、自動車保険に付帯する車両保険の加入は必須です。

でも一方で、車両保険に加入すると保険料が高くなるので二の足を踏んでいるユーザーが多いのも事実であり、それならまず自動車保険の一括見積もりサイトから保険料を比較し、現在自分の加入している保険会社と違いはどれぐらいあるのか。

また、どれぐらい安くなるのかを客観的に判断してから、改めて保険の見直しを考えることが固定費を節約させるコツです。

古い車ならまだしも、タンクにように年式の新しい車に車両保険を加入しないのは自殺行為だと個人的には思っています。


私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取り査定を頼みましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

そこで、下取りを一旦辞めてネットから「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

しかも、はじめに「概算金額」から教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

無料一括査定なら最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができることができますし、 申込みも1分程度で終わるのでおすすめ。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

 
かんたん一括査定ガイド

-トヨタ

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.