初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

人気記事セレクション1.プリウスの下取り額に大きな不満!一括査定を使って高く売却する方法
2.【悲願達成】私が新車のハリアー(PREMIUM)を買うことができた3つの理由
3.30系アルファードのおすすめグレードが「X」である3つの理由

トヨタ

30系ヴェルファイアにトヨタ純正品メッキ調『LEDスタイリッシュフロントガーニッシュ』を装着した!

投稿日:

30系ヴェルファイアにトヨタ純正用品、メッキ調のLEDスタイリッシュフロントガーニッシュを取り付けました!

装着前は、イマイチ迫力が足りないフェイスラインでしたが、フロントガーニッシュを装着で見た目の印象もアップしました。

もし、あなたの乗っているヴェルファイアの見た目をもう少しインパクトが欲しく、かつ、できるだけ高品質なパーツを使いたいと考えているのなら、ぜひ装着してもらいたいです。

それぐらい見た目のインパクトが変わります。

そこでこの記事では、30系ヴェルファイアに装着したメッキ調LEDスタイリッシュフロントガーニッシュを紹介します。

►►ガリバーでヴェルファイアの非公開車両を探す。

30系ヴェルファイアにオプションLEDスタイリッシュフロントガーニッシュを装着した!

トヨタ純正用品『LEDスタイリッシュフロントガーニッシュ』の価格

LEDスタイリッシュフロントガーニッシュはトヨタの純正品。

モデリスタやTRDではなく、あくまで純正のオプションパーツになります。

ちなみに、価格から先にいうと部品の定価で19万1,160円です。

取付工賃を含めると、なんと20万7,360円となりました

やっぱり高いですよね。

新車購入時にそのまま取り付けるならいざ知らず、納車されたあとに購入するのは勇気が必要な価格です。

構成部品は、

  • LEDスタイリッシュビーム:品番08539-58100
  • フロントガーニッシュ:品番08401-58020

の2つ。

グレードによる品番の変更はないため、前期型モデルであれば全てのモデルに装着可能です。

フロントガーニッシュの取り付けは約2時間

整備工場にて取り付けを実施してもらいました。

時間は約2時間程度。

フロントバンパーを外してパネルを組み上げていくので、ある程度専門の技術が必要です。

ただ、バンパーに穴を開けなど、特殊作業は必要ないためフロントバンパーを取り外すスキルがある方は、自分でも取付可能かもしれません(あくまで自己責任でお願いしますけど)

フロントガーニッシュの最大のメリットは「スタイル」

フロントガーニッシュの1番のメリットはなんと言っても見た目のカッコ良さ!

比べてみると一目瞭然で、メッキ部分が増えたおかげでインパクトが増しました。

また、純正品なのでパーツ同士の隙間やモールの浮き、段付きなど一切なく高品質です。

バンパーやフロントグリルと並んでいても、どこからが既存パーツで、どこからが追加したパーツなのか正直私には全然わかりません。

また、ラジエーターグリルと並べても、メッキ加飾の色味(ダークメッキっぽい)も同じで並べてみても遜色がありません。

社外品などを取り付けると、メッキ色の違いなので後付感がどうしても出てしまいがちですが、そこはさすが純正品。

まるで後付感がありません。

フロントガーニッシュの最大のデメリットは「LEDの明るさ」

メリットばかり言っていましたが、デメリットもあります。

それは、思ってた以上にLEDが暗い(すいません、それなら夜間で撮影しろよってツッコミはなしにしてください。。)

まあ、今回装着したLEDスタイリッシュビームの役割はあくまでデイライトです。

デイライトは、常時点灯させ、対向車や歩行者などに自車の接近・存在をアピールして早く気づかせることであり、周囲に対する被視認性を高める役割ですから。

まとめ

ラージサイズの王ヴェルファイアのエアロパーツなので、当然値が張ります。

取り付け料を含めると、定価で約20万円ちょっとするため、取り付けには追加投資が必要です。

しかし何度も言いますが、見た目のカッコ良さは格段にアップしました!

チープだったフロントフェイスが、フロントガーニッシュを装着で一気にイケメンに変貌。

もちろん純正品なので、取付面の隙間などが一切なく、高品質な見た目です。

やはりアルファードと並び、キングオブミニバンであるヴェルファイアに乗っているのであれば、スタイルにも気を遣いたいですよね。

いずれにせよ、追加投資に余りある変貌を遂げた、30系ヴェルファイア。

これからも、最高の相棒となるでしょうね。

►►ガリバーでヴェルファイア非公開車両を探してみる。


私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取り査定を頼みましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

そこで、下取りを一旦辞めてネットから「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

しかも、はじめに「概算金額」から教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

無料一括査定なら最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができることができますし、 申込みも1分程度で終わるのでおすすめ。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

 
かんたん一括査定ガイド

-トヨタ

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.