クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

トヨタの新車「タンク」が展示車があったので見学してきた。

   

img_6175

ちょっと車で運転中にトヨタのショールームを見てみると、
2BOXコンパクトカーである「タンク」が並んでいたので見学してきました。

コンパクトカーにしては思った以上に大きく、
同じ系譜を継ぐであろう「bB」や「ラクティス」に比べると、
カッコいい!っていう印象を素直に受けました。

どちらかというと、ポルテやパッソなど優しい顔に比べて、
怖い顔つきに感じる「タンク」の魅力について、
私が個人的に感じた部分をまとめたいと思います。

トヨタタンクのデザイン

トヨタタンクの外観やデザインについて

見た目の印象としては「コンパクト」ながら家族でも乗られる、
ファミリーカーとしての印象です。

だからといって購入ユーザーは男性だけではありません。
女性でも「カッコよさ」をイメージできる仕上がりになっているので、
堂々とした存在感と迫力があります。

「トヨペット」と「ネッツ」がタンク、
「トヨタ」と「カローラ」がルーミーとして展開しているため、
オリジナルのネッツマークなどはありません。
全車種「トヨタマーク」がついています。

img_6184

 
リヤ開口部の下が極端に狭く感じるのは気のせいでしょうか?

img_6144

ヘッドライト

ヘッドライトはLED。
プロジェクター式ではなく、Hi-Lo独立タイプを採用しています。

img_6178

 

フォグランプがいいアクセントになっています。

img_6180

トヨタタンクのタイヤとホイールについて

タイヤサイズは165/55R14
メーカー装着タイヤはダンロップのエナセーブを履いていました。

img_6157

残念ながらbBのスタッドレスタイヤはサイズが大きいため、
使用することができません。

またホイールサイズでいくと現行のパッソと同等サイズになっており(インセット35)
10系や30系パッソとは違うサイズになります。

トヨタタンクのインテリア・内装について

内装はいかにも「ダイハツ」の車ですよね。
ハンドルにもトヨタマークがついているだけで、ダイハツ「トール」とほぼ一緒。

img_6162

img_6163

img_6167

その他気になったタンクについて

リヤシートは約25センチ前後スライドするため、座りにくさはありません。

img_6150
 

またリヤシートはダイブイン構造を採用しているので、
リヤシートのストラップを引き、シートバックを用いて操作します。

img_6145

フロントグリルで印象がガラリと変わる!

img_6155

横から見ると、あまり厳ついイメージはありません。
むしろポルテのように柔らかい印象を受けますよね。

そう思うと、車ってフロントグリルでガラリと印象が変わります。

img_6176

今度は同じ兄弟車である「ルーミー」でも見に行こうと思います。

車一括査定がおすすめ
私は新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - トヨタ