初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

人気記事セレクション1.プリウスの下取り額に大きな不満!一括査定を使って高く売却する方法
2.【悲願達成】私が新車のハリアー(PREMIUM)を買うことができた3つの理由
3.新車におすすめ!ガラスコーティングは「ピカピカレインプレミアム」で決まり!

トヨタ

最強のSUV車「FJクルーザー」が生産中止(打ち切り)になる理由

更新日:

出典:トヨタ自動車

可愛らしさとタフさを同居したようなどの車にも当てはまらない個性的なスタイル、この時代に見合わないオモチャみたいな内装。

そんな便利でエコ時代を逆行している硬派で異彩を放っていたクロカンSUV「FJクルーザー」が2018年の1月に生産打ち切りになるとのこと。

正直「ついに来るべきときがやってきたか」っと、一抹の寂しさを覚えずにはいられません。

「嘘であって欲しい」とは思っていますが、今回ばかりは本当のようなので、ここでは「FJ」がなぜ生産中止になってしまったのか私なりの視点を含めて解説します。

FJクルーザーが生産打ち切りになった理由

なぜ生産中止になってしまったのか?

そもそも、なぜ生産打ち切りになってしまったのか。

まず、ボディサイズが異常に大きく、特に幅については1,905mmと長く日本の道路の幅と合わず走りにくいからです。

プラドでも1,885mmしかないのでその大きさは規格外。

しかも、ボディの大きさの割には後席が異常に狭く、200系のランクルや150系プラドよりも使い勝手が悪いです。

また、4000CCという大排気量のくせに、ガソリン車しかないということもガソリン代や自動車税などランニングコストの面でマイナスポイントになっていました。

おまけとして、内装がチープ。エアコンが手回しダイヤル式だったり、ドアミラーが自動開閉じゃなかったりしていることも大きなマイナスポイントでした。

ここまで散々ディスってしまったが、FJクルーザーを退場に追いやった最大の理由は「150系ランクルプラドの存在が大きかったんじゃないかなー」って思うわけなんです。

ガソリン?ディーゼル?新型150系ランクルプラドのおすすめグレードは!?

「ランクルプラド150系のおすすめはどのグレードですか。」 2009年から発売されている4代目プラド。 登場してもう、6年経過していますが、 昨年の夏に発売になった、クリーンディーゼルモデルも加わり、 ...

続きを見る

よく比較対象にされるプラドは、ガソリンだけではなく、ディーゼルエンジンもラインナップに含まれ、さらに後席も快適で7人乗りまで存在する。

どんなに見た目がスタイリッシュでも、これだけ中身が違えば、プラドのほうにユーザーが流れていくのは仕方がないのかもしれません。

実際に私も新車のハリアーを購入したのですが、そのとき「FJ」と「プラド」は選択肢に入っていました。

実際に私も悩んでいた。

私は新型60系のハリアーを購入したのですが、そのとき検討材料としては「FJ」と「プラド」も含まれていました。

この3車種で非常に揺れていたのです。

もちろん見た目だけで選べるのであれば、FJクルーザーが最高です。

FJは丸目のヘッドライトがチャーミングで、カラーバリエーションが豊富で、しかも少し不便を感じるからこそ”遊べるSUV”だったりもするんですよね。

特に赤と黒のボディカラーは唯一無二な存在で、本気で買おうかどうか悩んでいました。

出典:価格コム

でも一方で、妻と新車の話になったとき、「はあ?ガソリン車しかないわけ?維持費大変じゃん!」と一喝され結局はハリアーにしたのです。

男性は見た目が格好良ければ損得などあまり考えません。

でも女性は、ガソリン代や乗りやすさ、自動車税や車検代など「ランニングコスト」を避けて通ることができないのです。

もちろん、トヨタの自動ブレーキ「Safetysense」など装着していれば説得できたかもしれませんが、FJがそんな先進装備な車なわけありません。

 

そうやって「FJ」について考えると、恋愛や結婚における男性と女性の感覚と似ています。

 

恋愛や結婚対象として、「可愛ければOK」と単純な男性と違って、女性は見た目だけではなく、経済的な中身などが伴っていなければ良しとしません。

それと一緒で、FJクルーザーを購入しても良しとされる明確な理由が「見た目以外には存在していなかったのです」

それが、FJが生産打ち切りに追い込まれた最大の要因ではないでしょうか?

購入ターゲットは30代後半から50代男性ですが、妻である女性がOKしなければ販売には繋がりませんからね。

まとめ

FJクルーザーが来年の1月で生産打ち切りになります。

理由はいくつかありますが、

  • ボディサイズが無駄に大きいので走りにくい。
  • ボディサイズの割に狭い。
  • 4リッターエンジンでガソリン車しかなくランニングコストが異常に高い。
  • ランクルプラドにユーザーが流れた。
  • 女性層からの受けが悪かった。

など、いろいろなネガティブな理由はありますが、観音開きという個性的なドアやアメリカ受けするような大きなボディ、それでいてお茶目なヘッドライトなど、私たちファンの喜ばせてくれたFJクルーザーに感謝をしたい。

 

車ってやっぱり見た目の格好良さだよね」って教えてくれた屈指の名車なのは間違いないのですから。

 

いつか、通勤など利便性など全てを忘れ、荷室の使い勝手などくだらない言い訳を捨てて、ガソリン代などランニングコストも見向きもしなくなるような、「器の大きな男」になったら改めて乗りたいと思えるクルマ。

それがオンリーワンである「FJクルーザー」ではないでしょうか。

そのXデーがいつか来たのなら、SUV専門店FLEXに相談してFJを探してもらおうと思います。

►►「FLEX」でFJクルーザーを探してみる。


私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

 
かんたん一括査定ガイド

-トヨタ

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.