クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

「車検」か「買い替え」どうするべきか悩んでいる方に送る3つのステップ

      2016/05/26

名称未設定.001車検をうけるべきか」それとも「乗り換えをするべきか」の判断はいつも難しい。

なぜなら、どちらを選択するにしても「お金
がかかることは間違いないからです。

ただ、いつまで悩んでいたとしても、行動しなければ始まりません。

「自分ならどうするか?」を考えた結果、
私が、いつも知らず知らずにやっている、
「車検をとるか」「買ってしまうか」の判断基準と実際の行動について、
紹介します。

「車検」か「乗り替え」かで悩んでいる方に送る3つのステップ

まず、なによりも重要なポイントは、
準備期間をしっかりと取ること。

目安としては車検まで2ヶ月ぐらい前であれば
問題はありません。

車検か乗り換えかで悩んでいるときに、
明日で車検が切れてしまっては、目も当てられません。
早め早めの行動は大切です。

車検の予算を完全に決める

まずはじめに車検に掛ける「予算を決めてしまおう!

なぜなら、予算を決めなければ、
入れ替えを決断するラインが引けなくなってしまうからです。

10万円でも15万円でもいい、
走行距離や年式によっては20万円でも30万円でも構いません。

自分で「このぐらいの価格なら車検をとってもいいかなー」という
予算を決めてしまうのです。

例えば、私の場合は、ある程度年式が古ければ、
予算は20万円と決めてしまいます。

そのほうが、例え車検費用が高額見積もりになったとしても、
車検を実施するかどうかの判断も早くなり、
結果的には、入れ替えを決断するスピードも同時に早くなります。

なので、ある程度予算を決めておくことは必要でしょう。

また、車検見積もりを依頼するとき、
入れ替えも検討中」なんて言葉は、受付する方には絶対に言ってはいけません。

なぜなら、入れ替えを検討していると思われて車検見積もりをとられると、
修理や交換する必要のない部位まで、
見積もりに計上されてしまう恐れがあるからです。

特にディーラーのような販売店では、
車検で利益を得る」こと以上に、
クルマ販売で利益を得ることが重要」とされています。

わざわざ「見積もり額によって乗り換えするかもー」
なんて無駄な一言は、自分の首を締めることになるので、
言わないほうがいいでしょう。

次に欲しい車のピックアップをしておく。

もちろん車検の見積もりを取りながら、高額になってしまった場合に備えて、
次に乗るクルマを検討しておくことが必要です。

車検見積もりが高額だった場合には、
「新車」もしくは「中古車」を購入を検討しなければなりません。

買わなければならないのに、欲しい車が見つからない。
そんな事態になってしまっては、車検満了日が迫ってくるだけでしょう。

私個人的な意見を言わせてもらえれば、
準備が少ない中で、車を購入するなら断然中古車がおすすめです。

中古車購入のメリットは複数ありますが、

  • 新車よりも価格が圧倒的に安い
  • 新車よりも納車までの時間が早い
  • 自分の「本当に好きな一台」を選ぶことができる
無理がなく後悔しないために!中古車を購入の予算の決め方
中古車を賢く購入して、維持もむりなくしていくなら、 「自分の財布の中身を把握する」 そのうえで、「購入予算を決めること」です。 さて、ここで質問です。 今回

参考:無理がなく後悔しないために!中古車を購入の予算の決め方
また車検代と同じく、中古車を購入するときにも
予算はしっかりと決めておきましょう。

なぜなら、予算を決めなけば、
天井知らずで車を選んでしまう恐れがあるからです。

車は、グレードというものが存在します。
例えば、トヨタのアルファードではグレードが高い車と低い車は、
80万円もの差があります。

なので、予算を決めて、ある程度の妥協ラインを見つけておく必要があるでしょう。
そうしないと、無駄な出費を招く恐れがありますからね。

自分の「車の買い取り価格」を把握しておく。

最後に自分自身で愛車の査定額を把握しておく必要があります。

購入するにしても、車検をとるにしても、
査定額で判断が変化することもあります。

  • 査定額に不満なら「車検」
  • 査定額に満足できたのなら「買い替え」

という判断基準でもいいでしょう。

車検見積もりをとった場所で、車購入するなら、
そのまま下取り査定を同時にしてもらえばいいでしょう。

また、車検の見積もりと違う場所で、
車を購入するなら、その場所で改めて下取り査定を依頼します。

そのうえで、下取りではなく、買い取りという選択肢も同時に検討しよう。
中でも、最大10社で車の査定額を同時に提示してくれる、
一括査定というサービスがあります。

一括査定のサービスの特徴は、

  • 下取りよりも買い取りに特化しているので査定額が高くなりやすい。
  • 複数の業者で査定するのであなたの「車の価値」を評価してもらいやすい。
  • 一括査定にて最も高く売れる価格を元にさらなる下取りアップを交渉できる

という様々なメリットがあります。

スクリーンショット 2016-03-14 19.49.41

もっとも「車の価値」を評価してくれる場所で、
売却することができれば、車購入の大切な資金にもなるのかもしれません。

まとめ

  • 車検の予算を完全に決める
  • 次に欲しい車のピックアップをする
  • 下取りか買い取りかを選択する

このように3つのステップをしっかりと踏めば、
「車検」か「買い替え」かの正しい判断はできるでしょう。

ただ、何度も言いますが、
車検見積もりがギリギリになってしまうと、
判断が鈍り、正しい選択ができなくなる可能性があります。

せめて、車検まで2ヶ月ぐらい前で準備しておく。
焦って行動をしてしまうと、期待するほどうまくいかないですからね。

車一括査定がおすすめ
私は新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - 車を売るタイミング