クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

オートマオイル(ATF)を交換するとミッションが故障する理由と対策

   

61TE78Z5QvL._SL1000_

オートマチックオイル(以下ATF)を交換したはずなのに、なにかがおかしい。

アクセルを踏んでも、スピードが出なかったり、
エンジンだけが吹け上がって、回転数だけが高くなったりと、
明らかに以前と違うフィーリングなんです。

ATFを交換してからミッションの調子が悪くなったなら、
故障をした原因はATFなのか、それともミッション本体になるのか。

また、新品のATFに交換しただけなのに、
なぜ、オートマチックミッションが不調になってしまうのでしょうか。

その辺りにフォーカスを当てて、解説していきます。

新品のオートマオイル(ATF)に交換すると故障をしてしまう理由と対策

ATFをスタンドで汚れていると言われる訳

スクリーンショット 2016-09-02 7.31.52
良くありがちなのが、
スタンドで「ATFが汚れていますよ!」と言われて交換するパターン。

実のところATFが本当に汚れているのかどうかは怪しいところです。

なぜなら、日本の公道の約8割から9割近くはAT車という理由から、
「ATFの交換」をすることにより、その交換費用が店の利益になるからです。

特にスタンドでは、ガソリンの激しい価格競争により、
生き残ることが非常に困難です。
だからこそ、ATF交換やボディコーティング、エアコンガスの補充など
周辺商品に力を入れて、販売しています。

つまり、「汚れているから交換<<<店の売り上げ&利益を上げたいから交換
が生き残りに重要な要素になっています。

これは別にスタンドだけではなく、ディーラーなどでも一緒です。
ATFをはじめとする「油脂類」例えばエンジンオイル交換や冷却水(LLC)の交換などは、
利益につながりやすいため、
修理代の単価アップのためには欠かせない「整備」になっているんです。

正しい交換方法を知らない

もし、本当にATFをしっかりと交換するのなら、
正しい交換方法を身につける必要があります。
ですが、ディーラーも含めて正しい交換方法を実施しているかどうかは疑問です。

ATFの交換には「ATFチェンジャー」と言った専用の循環器を使用します。

スクリーンショット 2016-09-02 7.43.17

ATチェンジャーを正しい使い方で交換しなければ、
故障を引き起こす原因になります。
それだけ、ATFの交換は正しい知識と技術が必要になります。

また、正しい交換方法をしているが、
車が古く、10万km超えた車などのATFを交換すると、
故障を引き起こしてしまう可能性があります。

ずっとATFを交換していない車は、
ミッション本体のパイプラインに、大量のスラッジが溜まっています。

すると、新しいATFを入れたせいでパイプラインがフラッシングされてしまい、
そこに張り付いていた、大量のスラッジが剥がれて浮遊するんです。

浮遊しているスラッジは、
ATFの通るラインを詰らせてしまう結果になるので、
ATが滑ったり、変速ショックが大きくなるなど「オートマチックミッション本体の不調」
を引き起こすきっかけになってしまうんです。

それ以外にも良くありがちな大きなミスがあります。
それが、ATに使用する油脂の種類を間違えることです。

ATFに使用する油脂の種類を間違ってしまう。

プロでも良くるのが、ATFの種類を間違えて交換してしまうことです。

AT車は「メーカー」ではもちろん、ATFを「車種」でも細かく開発しているため、
適合しないATFを入れてしまうと、
先ほど言ったような「滑り」や「変速ショック」が引き起こすだけではなく、
最悪の場合「走行不能」になる可能性も高くなります。

さらに最近の車はATではなく、CVT化されている車も増えてきているので、
ますますオイルの種類が細分化されてきているんです。

参考:「CVT車とAT車」の違いと、CVTによくある故障の原因とはなにか?

まあ、ディーラーでも上記のような交換後のトラブルが多いことから、
あまりATFの交換をしたがらないのが実情です。

しかもスタンドやカーショップならまだしも、
ディーラーで故障してしまうとメーカーの責任になるので、
なおさらリスクを負いたくないんですよね。

もし故障してしまった場合にはどうするのか?

5af5c6e95abb04c833df8a23c45db776_m

もしATFを交換した結果、車の違和感を感じたのなら、
ほぼ100%ミッション本体を交換しなければ直りません。

どんなにATFを入れ替えても、パイプラインを清掃しても一度不調になり、
故障してしまったATは一生改善されることがないんです。

もし故障してしまったら、交換先に相談するか、
もし自分で交換をしたなら、すぐにディーラーに相談しましょう。

添加剤などを入れるような中途半端な処置を施しても、
99%解消はしません。費用と時間の無駄になるのでやめておきましょう。

参考オートマチックトランスミッション(AT)が滑る原因と対策

修理をするか、手放すか判断が必要

ミッションが不調のまま走行し続けると、
やがて完全に故障し、その結果走行不能になります。

そうなる前に何らかの対策を講じる必要があるでしょう。

例えば、ディーラーやスタンドで交換作業をしたなら、
相談することで、ミッション本体を保証交換することができるかもしれません。

ただ、交換から数ヶ月経過した場合や、
車があまりにも古いと、保証にならないケースだってあるでしょう。

そうなると、車を「修理する」か「しないか」の選択をする必要があります。

もし、自腹で修理費を支払うぐらいなら、
修理ではなく、査定をして買い取ってもらう方法があります。

実際に、査定基準であるホワイトブックで確認してみると、
以下のようになっています。

IMG_4929
もしATが完全に滑ってしまった状態で、査定をするとマイナス200点です。
つまり、「20万円」のマイナスなんです。

だからこそ、ATの不調を感じたなら、
素早く売却したほうが、損害を最小限に留めることができるんです。

ATが故障をして20万円以上の高いお金を払って修理するのか、
それとも、無価値になる前に、適正な価格で買い取りするのか、
さてあなたは、どちらを選ぶのでしょうか。

「時すでに遅し」の状況にならないよう気をつけましょうね。

車一括査定がおすすめ
私は新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - 車の故障トラブル