クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

70系ヴォクシー突然のエンジンランプ点灯による原因と修理費用

   

IMG_4806

70系のヴォクシーに乗っている友人から、
「走っている途中で、突然メーターにオレンジのエンジンランプが点灯した」との連絡が。
「そのまま乗っていても問題ないの?」と友人は随分と楽観的ですが、
私は「それエンジン警告灯じゃないの?」と逆に聞いてみました。

数日後確認をしてみると、やはりそのオレンジ色のランプはエンジン故障時に点灯する、
エンジン警告灯でしたので、そのまま走行するのは危険だと判断して、
不具合内容の確認と原因。また修理費用の見積もりをとってみました。

70系ヴォクシーエンジン警告ランプが点灯したときの解決方法

オレンジ色に光るエンジンランプとは一体何?

まずは見てもらったほうが早いでしょう。
オレンジ色に点灯している、エンジン警告ランプとはこちらです。

IMG_4799

通常エンジンに問題がなければ、走行中に点灯することはありません。
ですが、どこかに異常が生じてしまった場合には常時点灯する構造になっています。
つまり「今、現在のエンジンのどこかに不具合が起きてますよー
とお知らせしているのです。

しかも、試運転をしてみると、ちょっとアイドリングが不安定な状態です。

現在のトヨタ車のエンジンはコンピューター(EFI)制御ですので、
アイドリングが不安定になってしまったり、
エンジンの振動がある時点で、どこかに不具合が起きている可能性が高いんですね。

エンジン警告灯の不具合原因

実際、ディーラーにて点検をしてみました。
すると、あまり聞き慣れない診断内容になりました。

「エンジンバルブのコントローラー不良」と断定されました。

「バルブコントローラーってなんなん?」という疑問ですが、
70系ヴォクシーのエンジンである「3ZR」は、
エンジンのバルブタイミング機構に「可変バルブマチック」というシステムを採用しています。

可変バルブマチックの役割は、
運転状態に応じて、エンジンバルブの量や角度を最適に連続可変することにより、
エンジンの性能や燃費向上を実現しています。

で、エンジンバルブのコントローラーっていうのは、
そのエンジンバルブの量や角度を連続可変させるために、
司令を出す役割を担うパーツです。

IMG_4811

ですから、このコントローラーがなんらかの理由で故障してしまうと、
エンジンバルブが適切に動作しないので、
アクセルを踏んでも出力不足になってしまったり、アイドリングが不安定になってしまうのです。
ただ、このコントローラーやはり高額パーツになるんです。

ヴォクシーのエンジン警告ランプの見積り費用

IMG_4809

ざっと今回の修理の見積もりです。
「はーそうだよねやっぱりこれぐらいはするよねー」という感じの

「108,000円」高っか。。

突然ランプが点灯して、10万円ってやっぱり故障は怖いですよね。
「保証修理ができるんじゃねー」と一瞬考えましたが、
トヨタの適切な保証期間は「5年間、または走行距離100,000km」ですので、

現在の平成28年で、
22年式である、友人のヴォクシーは「保証対象外」という結果になりました。

「トヨタの特別保証」
エンジンや乗員保護装置など、走行や安全に関わる重要な部品は、特別保証として新車から5年間または走行距離100,000kmまで、保証の条件に当てはまる場合には無料で保証修理を受けられます。

まとめ

IMG_4812

見積もりを友人に説明すると、
元々「新型のヴォクシーZS」に入れ替えするつもりだったようで、
あっさりと代替の方向に進んでしまった。

やっぱり欲しい!上級グレード80系ヴォクシーZSのガソリン車が魅力的な理由
2014年にフルモデルチェンジした新型80系のヴォクシー。 このクラスではライバルでもある、ステップワゴンやセレナ。 また同メーカーでもあり、姉妹車でもある エク

参考:やっぱり欲しい!上級グレード80系ヴォクシーZSのガソリン車が魅力的な理由

ただ、そのまま修理工場に下取りを出すと、
二束三文にしかならないので、とりあえずエンジンのチェックランプをそのままにして、
下取りではなく、ネットの一括査定に申し込むとのこと。

このあたりは、友人もある程度のモノサシのような基準があり、
だって7年も経過した車を10万円以上かけて修理するのは勿体ないでしょ
と、考えてみれば納得の結論に至ったようなんです。

70系ヴォクシーが故障したから、80系ヴォクシーに入れ替えをする。

案外これが代替のベストタイミングだったのかもしれませんよね。

車一括査定がおすすめ

私は以前、新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - トヨタ