クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

中古車を売るならどこがいい?正しい場所を選ぶコツと方法。

      2016/02/15

名称未設定.001
先日、ディーラーにて、車を下取りしました。
その一ヶ月後、そのディーラーに立ち寄ってみると、
自分が「売却した価格よりも大幅な利益を乗せて」販売していたのです。
それなら、もう少し査定額も上げてもらってもいいのに。。。

このように、買い取りしたあとの再販する価格に対して、
不満を抱いている方もいるようですね。

ディーラー系と買い取り専門店、各社はどういった部分が違うのでしょう?

買い取りしたあとに多くの利益をのせることは商売の基本。

IMG_2834.png
あなたの車の買い取り金額が100万円だったと仮定した場合、
その後販売店が大幅な利益、例えば「180万円で売却することが問題なのか?
という疑問に対しての答えは、
結論からいうと「問題はありません

なぜなら、販売店もやはり商売です。
あなたの車を買い取りに費やした100万円は回収しなければなりませんし、
会社を大きくするためには、利益を出さなければなりません。

しかも、100万円で買い取りしても、そのまま再販できる状態かどうかも不明です。
「内装のクリーニング」「外装の傷に対して補修」「車自体の修理」
など別に加修しているかもしれません。
また、これから販売をするためには「保証」も必要です。

つまり単純に買い取り価格プラス「加修」プラス今後の修理予想を立ててから、
売却価格を決めなければ、販売側も利益を出すことが難しく、
最悪、赤字になってしまう可能性だってあるのです。

ただ、車の種類によっては査定した販売価格は変わっていきます。

例えば、軽自動車の人気車種なんていうのは、
買い取りしてから再販するまでの利益なんてほんの数万円しかありません。
元々、軽自動車の相場が決まっているのと、
現時点では、状態のよい中古車や未使用車と新車と価格差が少なくなってしまっているからです。

あまり利益をつけて売却してしまうと、
新車と同じ価格になってしまうことにもなるし、
実際にプライスをみると超えてしまっている車種も目にします。

利益至上主義というのが、販売する側の基本的な考えであり、
ごくごく当たり前の世界になるのです。

ただ、これはあくまで販売店側の都合であり、私たち消費者には関係のない話なんですよね(笑)
「それでも不満だ!」という気持ちが消えないときには、
ディーラーなどで下取りするのではなく、買い取り専門店に依頼してみてはいかがでしょう。

買取専門店での考え方

中古車の買い取り専門店のガリバーなどを例に出させてもらうと、
維持管理コストを徹底的に抑えているのと、中間マージンをカットしている特徴があります。

img_check01
元々、全国展開しているということもあるのですが、
売却する側にとってもっとも怖いのが「長期在庫品」になることです。

長期在庫品なると、車の状態が悪くなってくるだけではなく、
立ち寄ってくるお客さんに「売れてないアピール」しているのと一緒です。

でもガリバーの場合には「買い取りしたあとの売却する期間」をあえて決めているので、
売れるまで永遠と並んでいる長期在庫品という車がありません。

この部分が、ディーラー系の販売店と全く違う部分になります。
だからこそ、思い切って買い取りをすることもできますし、
大幅な利益を乗せて売却する必要もないのです。

つまり「買い取りしたあとに、売却するマーケット『市場』を確保している
という話にもなるのです。

ガリバーに関していうと、
「高値で買い取りして安値で売る」という市場がありそれを続けてきた結果として、
今のような全国規模の会社になっていったのではないでしょうか。

これは、なにもガリバーだけではありません。
ビッグモーターやアップル、カーチスなどの大手買取店、
共通して言えることなのです。

だからこそ、買い取りは専門店に依頼したほうがいいのです。

売却する適切な場所を選ぶことが必要

そもそもディーラーなどは、「買い取り」というよりは、
「下取り」という選択肢のほうが多いかもしれません。

なぜなら、ディーラーは、
新しく購入予定の車の値引きとしての役割を担っていることが多いからです。

下取りのケース

スクリーンショット 2016-01-28 05.54.03

買い取りのケース

スクリーンショット 2016-01-28 05.40.58

このようにディーラーは下取りを専門としているため、
買い取りよりも、車を売ることに特化しています。

まとめ

上手に車を売りたいなら、買取業者によって違うことを理解することから
はじめよう。

買い取りしてもらったあとに大幅に利益を載せて売ることは悪いことでは
ありません。それは「維持管理コスト」があるからです。

それが不満なら「維持管理コスト」を徹底的にカットしている業者で売却する必要があります。
さらに、そのような複数の業者を比較させることが重要です。

車一括査定がおすすめ
私は新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - 車を売る基礎知識