クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

年間3,000kmしか乗らないなら、車の売却したほうがいい理由

   

名称未設定.001
1年間で3,000kmしか車に乗りません。

でも、車検や自動車税の通知や自動車保険の満期は、
皆、平等にやってきますよね。

年間で10,000km走行するドライバーなら、
車を所持している意味もあるでしょう。

でも、年間で3,000kmしか走行しないなら、
違う方法で代用は可能ではないのでしょうか。

また、そのぐらい走行距離が少なければ、
まだ「車の市場価値」が高いので、査定してもらうことも視野に入れてみよう。
無駄な固定費を払いすぎていることを覚えておきましょうね。

車の1ヶ月間の維持費はどれくらいかかっているのか?

まず、あなたが1ヶ月にどれくらいの維持費がかかっているのかを
知ることからはじめよう。
なぜなら、数字化をしてみなければ「損をしているのか、損をしていないのか」
わからないですからね。

1ヶ月の維持費の参考値
1500CCの車を100万円で購入して5年乗ったケース。

  • 車両代100,000÷60ヶ月=1ヶ月1ヶ月間の車代の支払額16,500円
  • 自動車税34,500円×5年分=172,500円
  • 172,500円÷60ヶ月=1ヶ月間の自動車税支払額2,875円
  • 車検代が2年ごと100,000円として4年で200,000円÷60ヶ月=1ヶ月のメンテンス費用3,300円
  • 1ヶ月の駐車場代7,000円
  • 年間の保険料10,000円1ヶ月の保険料1,000円

「16,500円+2,875円+3,300円+7,000円+1000円」で、
合計月間の維持費が約30,000円かかる計算になります。
さらにここから、ガソリン代が入ってきますし、オイル交換や細かな故障などもあるはずですので、
もう少し多く見積もっても構いません。

1500CCクラスのコンパクトカーでさえ、月々の支払額が30,000円という
びっくりするぐらいの維持費を支払っているのです。
それなら、もっと月々の支払額を抑えることができるのではないでしょうか。

タクシーやレンタカーを使っても十分にお釣りがくる

年間で3,000kmしか走行していない車で、月間で30,000円もの大金を支払っている。
この事実「すっごくもったいない」と思いません?

それなら、他の移動方法を利用してみてもいいでしょう。

普段は、公共の「バスや地下鉄」などを利用する。
夏の暖かいときには「歩いたり、自転車に乗る

どうしても重たい荷物を持たなければならないときには、
タクシー」を利用する。

週末で恋人や家族とドライブをするなら、
レンタカー」を借りてしまえばいいのです。
トヨタレンタリースでも1日6,500円で借りることが可能です。

さらには、現在では自動車保険料や自動車税など
車での全く維持費がかからない、
カーシェアリングサービスだって充実しています。

2747947

このように移動手段だけを考えた場合、対策方法は数多く存在しています。
もし「車がなければ不便でしょうがないや」と感じているなら、
1ヶ月ぐらいだけでも、車のない生活をシュミレーションしてみてどうでしょうか。

年間3,000kmしか走行してなければ高く売れる可能性がある

スクリーンショット_2016-03-23_07_35_50

年間3,000km程度の短い距離しか走行していないあなたの車は、
買い取り店で高価査定してもらえる可能性があります。

なぜなら、車の価値は車種や年式なども考慮されますが、
評価ポイントを決めるとこ「距離数」は絶対的な参考値になるからです。

距離数が車を高く売るうでも重要なポイントだからこそ、
「メーター改ざん車」などが未だに蔓延しているんですよね。

年間で3,000kmしか走っていないというのは、
それだけでも大きなアドバンテージになるんですよね。

さらに走行距離が少なければ、車にとっても、
ダメージが少ない状態と言えるでしょう。

エンジンオイルさえしっかりと交換していれば、
とりあえず、マイナス査定になることはありません。
バッテリーの状態は、多少心配ではありますが、
ブレーキやベルトなどの消耗部品などは痛みは少ないはずですから。

また、普段乗らないからといって放置しておいても、
車の価値は年数とともに少しづつ下がっていきます。
それなら、早めに車の概算見積もりだけでも知っておけばいいでしょう。

思い切って行動して、自分の車の価値を知れば、
買い取ってもらえるチャンスでもあるのですから。

まとめ

いかがでしたか。

  • 月間でどのぐらいの維持費がかかっているのかを知っておく
  • 移動はタクシーやレンタカーでも十分に可能。色々なサービスを利用するべき
  • 年間3,000kmしか走行してなければ高く売れる可能性がある

もし愛車のデザインが好きで、「所持しているだけで満足です!」
というなら一向に構いません。
あくまで趣味の範疇として、車を所持することは間違った行為ではないからです。

ですが、車を持つ目的が移動手段としてだけなら、
年間で3,000kmしか走行しない車を、所持している意味がありません。

年間3,000km程度しか車に乗らないのに、
「クルマ購入費」「車検代」「自動車税」「駐車場」さらには、
「ガソリン代」や「保険料」など支払額が多すぎると思いませんか?

これからその無駄な維持費を毎月貯金してみましょう。
きっと日頃から、しっかりと節約している方ほど、
車に支払っていた固定費の多さにびっくりするはずですから。

「金食い虫めー」ってなってしまうかもしれませんねw
車一括査定がおすすめ
私は新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - 車を売る基礎知識