初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

車の故障トラブル

マークX130のエンジンがアイドリング中に「異常音」原因と修理見積もりを解説する。

更新日:

アイドリング中エンジンから「ガラガラ」と異常音がしはじめてきた。

今回の車種は、平成22年式トヨタのマークX130でオーナーは知人です。

私も異音を聞いたときには「ついにエンジンが逝ってしまわれたのか?」と焦りましたが、冷静になってエンジンルームを点検してもオイルが減っているわけでもなく、異常音もエンジン本体ではなさそう。

「じゃあ、この嫌な音はどこから発生しているの?」という疑問点にフォーカスを当てて解説します。

まあ色々と点検してみた結論から申し上げると、エンジン本体に装着されている「ウォーターポンプ本体の故障」だということがわかりました。

マークX130エンジンウォーターポンプの故障

原因はウォーターポンプからの異音

まずは見極め方。

アイドリング中異音が発生していたので、ファンベルトを外してみました。
※整備経験のない方は危険なのでディーラーなど整備工場に依頼しよう。

すると、異音がピタリと止まったので「ベルトと一緒に駆動する補機類が怪しいのでないか?」という判断をしました。

そんなわけで、ベルトと駆動してあるエンジンのウォーターポンプ本体を疑ってみることにしました。

そこで、ベルトのかかる先端をプーリーを上下左右に思いっきり振ってみたところ、ガタというか振動のようなものがあったので「ああ、これはもうウォーターポンプ本体の故障で間違いないや」と判断した。

修理見積もりは50,000円以上

見積もりをお願いされていたので、いつも自分の故障を含め修理に出しているディーラーにお願いしたところ、なんと約53,000円もの高額な見積もりになった。

50,000円ってPS4の高性能のやつが買えるぐらいです・・・(汗)

部品代もなかなかですが、特に工賃の36,000円という金額が半端ない。

でも、マークXのウォーターポンプは確かに交換が困難を極める感じで「工具をもってちゃちゃっと家の前で取り替えるか!」という感じではなさそう。


 

もし同じようにウォーターポンプが故障してなるべく安く抑えようとするなら、工賃よりも部品代に注目してみましょう。

例えば、純正品ではなく社外品に交換するのもいいでしょう。

大手ネットモールのAmazonでは、アイシンのウォーターポンプが純正の約半額で購入できますし、性能だったそんな落ちるわけじゃない。

まあ、適合はしっかりと確認する必要がありますが、「少しでも安く」という方にはピッタリな部品です。

 

まあ、知人にどのような方法で対処するか確認したところ「しっかりと治してほしい」との回答が得られたので、最終的には純正品のウォーターポンプで交換することにしました。

最後に

交換作業は、そのまま1日預ければ次の日に朝には終わっていました。

交換したあと、エンジンを始動してアイドリング音を確認してみましたが、異音も解消され元通りに戻ったみたいです。

53,000円という修理代はやけに高額に感じるが、いずれにしても修理しなければ先へ進めません。

いずれにしても、遅かれ早かれお金が飛ぶので、なるべく早くに修理に出しましょう。

けどまあ、そろそろ買い替えなどを検討しているのなら50,000円も掛けて修理する必要ないと思いますけどね。


私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

 
かんたん一括査定ガイド

-車の故障トラブル

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.