初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

人気記事セレクション1.プリウスの下取り額に大きな不満!一括査定を使って高く売却する方法
2.【悲願達成】私が新車のハリアー(PREMIUM)を買うことができた3つの理由
3.新車におすすめ!ガラスコーティングは「ピカピカレインプレミアム」で決まり!

ジムニー

ついに出る!モデルチェンジした後継車「新型ジムニー」JB23との変更点を解説

投稿日:

ついに出るのか! JB23の正統派後継車となるフルモデルチェンジされる新型ジムニー(とジムニーシエラ)
※ちなみに、写真は欧州でお披露目になったジムニーシエラのプロトタイプ。

1998年10月にデビューした現行モデルから、気がつけばもう20年の歳月が過ぎました。

「20年って・・成人式を迎えた若者も、完全なるおっさん(白目)」

ここまでモデルサイクルが長い車種も珍しく、間違いなく超ロングセラーモデルとなりました。

ただ、細かなマイナーチェンジを繰り返してきたJB23現行ジムニーも、20周年のタイミングでいよいよ新型が発表する予定です。

ここでは、新型ジムニーの現時点でわかっている情報を紹介していきます。

新型になり、JB23と比べて何がどう変わるのか?

見た目は無骨、よりクロカン系の4WDになった。

冒頭で説明したように、欧州で次期型ジムニーシエラのプロトタイプがお披露目になった。

外装には、偽装が施されており「ここまで出すなら見せチャイナよ!」と思ったのは私だけじゃないはず。

ひとめ見ただけの印象は、JB23よりも全体的に丸みがとれ、スクエア形状になりより無骨になっている印象です。

より、クロカン4WDの完成形に辿り着いたって感じです。

好みは分かれると思いますが、個人的には結構好きなデザインです。

なんとなく、ランドローバーのディフェンダーのように見えるんですよね。

写真を並べてみました。似ていると思いません?

パートタイム4WDは継承し、エンジンはR06型へ!

現行型に引き続きラダーフレームは継承し、悪路、砂利道、さらには雪道に強いのは健在でしょう。

そして、パートタイム式4×4方式の4WDも引き続き採用されるでしょう。

 

気になるパワーユニット、つまりエンジンは現行型のK6A型ターボから、R06型ターボに変更になる模様。

出典:スズキ

まあ、「R06ターボが採用されるなら、エネチャージはどうなるのか?」など、ジムニーの弱点であった燃費性能が向上するのかはまだ未発表なので今後の楽しみにしておきましょう。

最後に。

とりあえず、現時点でわかっているのは、

  • 新型ジムニーが出る!(これもっとも重要)
  • パートタイム4WDは引き続き採用。
  • ラダーフレームも引き続き採用。
  • エンジンは新型R06直噴ターボエンジンになる。

残念ながらこれぐらいです。

もちろん、わかりしだいどんどん追記していくが、正しい情報じゃなければ伝えても仕方がないし間違った情報は極力控えたい。

また、個人的には衝突被害軽減ブレーキ「デュアルカメラブレーキサポート」なども採用されるのかどうか非常に楽しみです。

いずれにしても、デビューから20年を迎えたタイミングでいよいよ4代目ジムニーが発売になるのかと思うと今から楽しみですね。

車一括査定がおすすめ
私は新しい車の購入費用のため、自分の乗っていた「プリウス」をディーラーに下取りしたところ予想を下回る査定額でした。

だから、下取りは一旦やめて一括査定を申し込み複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がつきました。

かんたん車査定ガイドは他社とは違い、おおよその「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場」がわかります。

高価査定を勝ち取るには、やはり徹底した査定額の比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

-ジムニー

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.