初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

車の故障トラブル プリウス

純正?社外?20系プリウスのヘッドランプのバルブ切れによる交換費用

更新日:

img_6326

最近夜、プリウスを運転していると「なんかライトが暗いなー」って思っていました。

まさかと思い、車から降りてヘッドライトの点灯を確認してみたところ、
左側のライトバルブが切れていました。

しかも、バルブ本体の料金がすこぶる高額である、
高電圧のディスチャージヘッドランプが切れていたので、
まず、ディーラーで点検と見積もりをとってもらいました。

20系プリウスのヘッドランプのバルブ切れによる交換費用

ディーラーにてヘッドランプ点検

img_6325

左側のヘッドランプのバルブが切れていたのですが、
正確に言うと、点灯したりしなかったりの繰り返し。

実際に点灯状態を見てみると左右で明るさがぜんぜん違います。
こうなるとほぼ100%バルブ切れで間違いはないでしょう。

よく社外品でのHIDキットなどを取り付けしていると、
バルブ以外にもコンピューターである「バラスト」が故障する恐れもありますが、
純正の場合、バルブ切れで間違いはないでしょう。

ただ、バルブと言っても中々の高額部品なんですよ。

ディスチャージヘッドランプバルブの交換料金

ディーラーにて見積もりをとってもらいました。

img_6335

なんと、片側1個14040円とのこと。

左側が切れたということは、右側もそのうち切れると思うので、
できれば両側を一気に交換したいところ。

ただ、両方同時に交換すると30,000円近くもするので、
下手したら「PS4」が買えちゃうぐらいの価格になってしまいます。

そこで、純正はやめて社外品で対応することにしました。

社外品と言っても、ヘッドランプでは信頼がおけるブランドである、
Philips(フィリップス)のヘッドランプになります。

※プリウスのディスチャージヘッドランプの形状はD4Rなので間違えないように。

フィリップスのヘッドランプは、中国製の安いバルブとは違い、
交換後すぐに切れる心配がありません。
また、光度も6200K(ケルビン)もあるので明るさも十分でしょう。

2個セットでの販売なので、左右セットで同時交換することができます。

しかもセットで7,500円ぐらいで購入が可能。
純正に比べて、4分の1ぐらいの価格で抑えることができるのでコスパも抜群です。

私個人の意見を言わせてもらうと、ヘッドランプなどの消耗品などについては、
純正に拘る必要は全くありません。
質の良い社外品で対応ができるなら、どんどん使っていくべきでしょう。

まとめ:バルブ交換はショップでやってもらおう!

3e84b66be4d395622cef38b353ea1745_s

20系プリウスのディスチャージヘッドランプの交換は、
フロントバンパーを外したり、ヘッドライト本体を外して位置を確保するため、
正直かんたんではありません。

また、ディスチャージは高電圧が流れているので、
あまり車の整備が得意じゃない方が、下手に自分で手をつけても危険な目に遭うだけかもしれません。

それなら、部品だけを自分で購入して、
ショップやディーラーに車と部品を持ち込み、バルブだけを交換してもらうのがベストな方法でしょう。

工賃と言ってもせいぜい3,000円から4,000円程度だと思います。
それならバルブ代込みでも10,000円ぐらいで購入できる、
「フィリップス」の社外品バルブで決まりでしょう。

純正のバルブよりも、3分の1ぐらいで購入できるので、大幅に安くすることができますからね。


私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取りをお願いしましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

ですから、下取りは一旦保留にしてインターネットで「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

また、「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みになります。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

 
かんたん一括査定ガイド

-車の故障トラブル, プリウス

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.