クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

軽自動車を安く購入するなら、今こそ「三菱の車」を選ぶべき

   

スクリーンショット 2016-04-27 04.25.33
ここ最近、連日のようにニュースを賑わしている、
三菱の燃費不正問題」普段車に興味がないかたも耳にしていますよね。

LINK:三菱自動車の燃費試験における不正行為について

私も自動車関係に働いている身として、大きな驚きを覚えました。
でも、私たち一般のカーユーザーならともかく、
実際に燃費不正車に乗っている、三菱のカーユーザー(※日産も含む)
の方々にとってみれば、堪ったものではないですよね。

今後、大きな事件へと発展していった、
燃費不正問題に関わった三菱、日産の4車種はどうなっていくのでしょうか。
また、三菱の車自体に影響はないのだろうか。

私なりの回答をしていきたいと思います。

三菱の自動車不正問題

まず、かんたんにことの経緯を説明していきましょう。

三菱自動車は燃費の性能をより高く見せるために
『eKワゴン』『eKスペース』と日産に向けて供給している『デイズ』『デイズルークス』合計4車種のデーター改ざんを行っていた模様。

データー改ざんのやり方についてかんたんに説明すると、

  • 2輪車のデーターを使用した。
  • 走行テストをせずに、机上の計算で国土交通省にデーターを提出する
  • 法規で定められた惰行法と異なる方法「高速惰行法」で走行抵抗データを実測した。
  • 燃費を良く見せるため、計測したデータの中から小さい値を選別し、走行抵抗を設定した。

など複数の方法でデーターの改ざんをおこなっていました。
まあ、とんでもないですねぇ。

しかも調べていった結果、驚くことに、
1990年代から改ざんをしていたとのこと。

つまり、今まで三菱がカタログ上で言い続けてきた、
燃費に関しては、ほぼほぼ「嘘をついて販売しきた」ということになるんです。

そんな悪事が発覚したら三菱、日産の4車種だけに関わらず、
三菱車全体の価値が急落する一方なんです。

しかも新車なども、契約が決まっているのにキャンセルの嵐なんですね。
まあ、当たり前ですね。。。

三菱車の中古車の今後について

109391657

このサイトでは、三菱の企業姿勢や企業体質について
とやかく言うつもりはありません。
それは、他の大手メディア、マスコミが伝えてくれるでしょう。

ただ私が個人的に気になっていることは、
燃費不正該当車種と、三菱自動車の今後についてです。

なぜなら、先ほどの4車種は「欠陥車」の烙印を押されてしまった車です。
乗っているユーザーがどう思っていようとも、
ある意味、歴史に名を残す車になってしまいました。

「こんな車早く売ってしまいたい!」というクレームも殺到していると聞きます。
まずは該当車種に関しては、三菱自動車の対応を待つべきです。

三菱の対応としては、燃費データーの不正車種を購入したユーザーに対して、
燃料の差額分に加えて、
不正による市場価値の下落分を補償しれくれる方向に進んでいます。

それなら、焦って売ったりはせずに、まずは冷静になり
三菱自動車の対応を待つべきでしょう。

ただ、該当車種以外の過去の車に関して言えば、
市場価値は下落しているといっても過言ではありません。

多分今後、三菱車を「高く売る」ことはできなくなってくるでしょう。
一度疑いを持たれてしまった自動車は誰も購入したがりません。

売っても二束三文にしかならないのであれば、
廃車まで乗り潰していくぐらいの気持ちでいたほうがいいでしょう。

それでは、今後軽自動車の購入を検討している方については、
どうでしょうか。

今後の三菱の軽自動車は格安で購入できる?

今回の騒動はなにも、リコールだの、整備不良だのという話ではありません。
燃費データ改ざんした」だけなので、
車の質が低下しているわけではありません。

考えようによっては、燃費だけ実数値と違うだけで、
依然として実用性のある軽自動車だというのは間違いありません。

それなら燃費不正など細かいことは割り切ってうえで、
「三菱の軽自動車を安く購入」することに注力していけばいいのです。

三菱自動車の市場価値は、間違いなく今後も下がっていくでしょう。
価値が下がると、車は高く売れないので販売価格も下落していきます。
格安中古車を狙っている方は、間違いなくここが狙い目でしょう。

今なら、年式や距離数の割に三菱車は安く購入できます。
同じように考えている方が増えてくると、
在庫がなくなってしまう可能性が高くなるので、
格安中古車を購入するなら、今がチャンスでしょうね。

まとめ:中古車を安く購入するなら今こそ「三菱車」

今後、該当車種である三菱と日産の不正4車種と、
三菱の軽自動車がどうなっていくか注目していきたいところですが、
失った信頼を取り戻すのは並大抵のことではありません。

三菱リコール問題から、
ようやく息を吹き返してきた矢先の出来事からの燃費不正問題。

会社の価値が下がれば、自動的に車の価値が下がっていきます。
賢く車を購入するなら、現状の状況を利用しない手はありません。

賢く車を購入するなら、価格が底値で安く購入が可能」である、
三菱車で決まりでしょう!

スクリーンショット 2016-02-17 03.54.33
やはり中古車の在庫を確認するなら大手のメーカーが1番です。
ガリバーの累計販売台数は30万台。
累計買取台数は300万台。時間にすると、
4分に1台を買い取り、11分に1台を販売している計算になります。

また車種により、最大で10年の保証期間があるので、
長く乗られる愛車を探している方にもおすすめです。
7割の未公開車両の在庫を優先的に見つけてもらえる。

⇒中古車販売実績NO.1のガリバー

であなたの条件にピッタリ合う、1台を見つけよう!

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - 中古車を購入するための基礎