初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

人気記事セレクション1.プリウスの下取り額に大きな不満!一括査定を使って高く売却する方法
2.【悲願達成】私が新車のハリアー(PREMIUM)を買うことができた3つの理由
3.新車におすすめ!ガラスコーティングは「ピカピカレインプレミアム」で決まり!

中古車を購入するための基礎

中古車を購入した後で契約をキャンセルすることができるのか?

更新日:

中古車購入後にキャンセルできるのか。
「中古車を買ったあとでキャンセルすることは可能なのか?」

なぜ、そんなことを言い出すのかというと、

  • 勢いで中古車を買ったはいいけど後悔している。
  • 試乗していないせいもあって乗りにくく感じる。
  • 故障ばかりで困っている。
  • 中古車を購入し納車に至るまで、販売店の営業マンがお粗末で対応が気に入らない。

など、すべての方が中古車を購入したからと言ってハッピーになれるわけではない。

キャンセルする理由は人それぞれなので一概には言えませんが、キャンセルしたくても「できる」「できない」の線引や契約は必ずあります。

そこで今回の記事では、中古車の契約はキャンセルすることができるのか。

そもそも契約はどの段階で結び、契約を放棄したらキャンセル料など必要になるのかなど解説します。

中古車購入後のキャンセルすることが可能なのか?

中古車の契約書に印鑑を押した時点で契約が成立する。

まずは結論から基本的には契約が成立した場合、後でキャンセルはできません。

基本的に契約は「購入する側」と「売却しようとする側」の意思確認がとれた時点で成立します。

ただ、お互いの意思を形として出す必要があるのですが、その契約書に当たるのが「中古車の注文書」になるんです。

その注文書に印鑑を押すことにより晴れて契約は成立することになります。

実際の注文書は赤い線で囲まれていますが、注文書に印鑑を押した時点で契約が成立します。

まあ最終的には購入者がローンが組めなかったり、現金での支払い能力がないと判断された場合、販売店から購入を拒否されますが、支払い能力がある場合は注文書に印鑑を押した時点で成立と考えていいでしょう。

なお現金で支払う場合とは違ってクレジット契約するケースでは、

  1. 購入者が購入を決意する
  2. 購入者の代わりにカード会社に審査を出す。
  3. ローンの審査を行い承諾するかしないかを決める

という手順を踏んでいくのですが、注文書の印鑑を押したのにも関わらずローンが通らないという状況にもなりかねないので、クレジット契約の場合にはローンが通った時点で契約が成立するようになっているのです。

中古車にクーリングオフは適応されるのか?

こちらは新車の注文書になりますが、中古車でも似たような形式を採用しています。

そして「自動車にはクーリングオフが適用はありませんのでご留意下さい」と書いてあるのですが、そもそもクーリングオフとは一体なんなのでしょうか?

クーリングオフとは?

クーリングオフとは、消費者保護の目的から特定商取引第9条により販売店の店舗以外の場所で注文または契約がなされたときは、8日間は無条件に撤回および解除をなしうる制度になります。
車ってクーリングオフが使えないって聞いたのですが本当なんですか?
クーリングオフ制度は、もともと衝動買いの防止や通信販売など非対面取引における説明不足から起こるトラブル防止を目的をしているので消費者保護対策のひとつです。

しかし中古車でも新車でも、購入時には高額商品でさらにユーザーが注文するまでに考える時間があり衝動買いのおそれが少ないという特殊な取引のため、
クーリングオフの規定の適用除外商品とされているんです。

 
一方で、販売店とユーザーとの間で、車種やグレード、ボディカラーだけではなく、保険や税金またはオプション品など相当時間がかかるので、注文書に印鑑を押すまでの期間についてはもちろんキャンセルは可能です。

キャンセル要望1:違う車が欲しくなった。

中古車を注文した翌日に、違う車が欲しくなってキャンセルをしたいのですが可能でしょうか?

基本的には契約成立前にはキャンセルが可能です(注文書に印鑑を押す前

ただし、キャンセルによって販売店が被る費用(例えば車庫証明申請の実費)などについては、損害賠償として販売店からあなたに請求がされます。

ただ、これは一般的なディーラーや大手販売店だけであり、自販連などに所属していない業者については独自の契約方法があります。

例えばある業者では「口頭での合意が即契約」と独自の契約方法をとっているところもあるので注意が必要です。
※しかも、それ自体は違法性がありません。

キャンセル要望2:中古車の外車を購入したのですが、オイル漏れがひどく車をチェンジしたい。

5年落ちの中古車の外車を購入したのですが、納車直後からエンジンオイルの漏れがひどいため販売店にチェンジを申し込んだのですが断られたのですが?

中古車は新車と違って「特定物」という扱いであり、新車と違って全く同じものは存在しません。

なので、法律的にも車のチェンジは認められていないため原則としてはその販売店での「保証制度」に頼るしかないのです。

例えば、「購入から1年間の保証付き」があればすぐに販売店で点検してもらい修理が必要です。

一方でもし保証なしの販売で購入したのであればそのオイル漏れが、「寿命」と判断されるのか「隠れた瑕疵(欠陥)」と判断されるのか非常に難しいところです。

もし納車直後に気がついたのであれば「隠れた瑕疵(欠陥)」として無償修理することは可能だと思いますが、納車から3ヶ月程度経過しているのであれば「通常生じる不具合」で片付けられ有償となってしまいます。

いずれにしても、中古車購入したあとのオイル漏れなどについては、無償修理をしてもらうのが最善の方法です。

ただ、何よりもっとも注意すべきことは「保証なしの中古車」など購入しないことです。
もし、その外車に「隠れた瑕疵『欠陥』」があった場合、販売店は無償修理に応じなかった場合や修理不能と判断された場合については、契約を果たしていないことを意味するので、契約をキャンセルことができます。

車のキャンセル要望3:営業マンの対応が気に入らないからキャンセルしたい。

中古車を契約したのですが、営業マンの対応があまりにも気に入らないためキャンセルをしたいと申し出たが、「すでに登録済みなのでキャンセルできない。もしどうしてもキャンセルしたいのなら『車両販売価格の20%分』をキャンセル料として支払って欲しい」と言われてしまった。

このように、すでに注文書に印鑑を押して、さらに登録がされている段階では自分の感情だけで安易にキャンセルすることはできません。
※もちろん注文書に印鑑を押す前はキャンセル可能。

一旦キャンセルが成立してしまうと、ユーザーと販売店が契約に拘束されるので一方的なキャンセルはできません。

もし、キャンセルをしたいのなら販売店側の債務不履行(法律上の不備)などがあり法定解除する必要がありますが、今回のケースでは販売店側に債務不履行が見当たりません。

よって、本気でキャンセルをしたいのなら『車両販売価格の20%』という条件を飲んでキャンセル料として支払うしかないのです。

ただ、もし中古車なら「販売価格の20%を支払う」というルールが一般化されていますが、新車を購入した場合、登録されると中古車としての扱いになるので「2割から3割程度のダウン査定」を覚悟する必要はあります。

例えば、200万円の中古車を購入した場合、

『車両販売価格200万円×20%=キャンセル料40万円

という計算になります。

 
一方で250万円の新車を購入した場合、ざっくり計算すると、

『車両販売価格250万円−査定額200万円=キャンセル料50万円

という計算方法になります。

もちろん、あまりに高額なキャンセル料を請求された場合には、暴利行為として扱われます。

まとめ

中古車を購入したあとでキャンセルしたいと思っている場合、やはり最大のポイントは「注文書に印鑑を押しているかどうか」そこがとても重要です。

注文書に印鑑を押していないのであれば契約はまだ成立していないので、販売店が損害を生じた実費程度の費用で済まされますが、もし印鑑を押しているのなら一方的なキャンセルが不可能でキャンセル料も請求をされかねません。

お互いの立場によって様々な感情があると思いますが、それだけ「買う側」も「売る側」も契約するということについて考えたほうがいいんですよね。

それでも「どうしても車を返したい」というのなら、それまで費やした金額を回収する方法を選択したほうがいいのかもしれません。

それなら、購入先で下取りするよりも一括査定を利用して売却したしたほうが、全部とは言わないまでも元が取れる可能性があります。

スマホやPCからかんたん一括査定に申し込んでみると、前もっておおよその「概算金額」も教えてくれるので、自分の車の「相場価格」先に知ることができますし、複数の業者から同時に査定してもらったところ価格競争が起こり査定額が高くなる可能性があります。

私も過去に一括査定を申し込んでみましたが、最大で234,000円の価格差がつきました。

高価査定を勝ち取るには、徹底した査定額の比較が不可欠。 信頼できる50社の提携先から、最大「10社」の査定見積もりを比べることができる。 それが、一括査定「最大の強み」です。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

 

かんたん一括査定ガイド

-中古車を購入するための基礎

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.