クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

新車を安く買うために!値引き交渉のコツと取るべき行動

      2016/02/15

新車を賢く購入するコツ

新車の商談を進めていくと、いつか必ず、「イエスかノー」の決断に迫られます。

この大切な決断をするときに、間違った答えをださないよう、
しっかりとした「判断基準」を自分の中で持っておくことが大切です。

せっかく高額な買い物をするのですから、
失敗をしないようなコツを身に付けるようにしよう。

私が実際に心がけていたり、いつもやっている、
商談や交渉のコツ」のようなものを紹介したいと思います。

新車(中古車)を賢く購入する「コツ」

これはなにも、新車を購入するときだけではありません。
中古車購入するときも、住宅を購入するときも、家電製品を購入するなど、
大小問わず買い物をするとき、いつだって考えていることです。

だって、損をしたくないですし、
なにより節約して、できるだけ安く購入したいですよね。

どんな小さな買い物でも、感情に任せて衝動買いをしない

私がいつも心がけていることは「衝動買いをしない」こと。
その場では決めない。 どんなに”熱い話”が営業スタッフから飛び出してこようとも、
これだけは守るようにしています。

例えば、

  • 「今日決めていただけたら・・・」
  • 「今日限りの話なのですが・・・・」
  • 「◯◯をサービスするので決めていただけたら」
  • 「店舗マネージャから最終的な値引き額を提示させていただきます」

などなど。
最終的な判断をしなければならない「決断」に迫られることがあるでしょう。
そんなときは、ひと呼吸置いて一度持ち帰ることが鉄則です。

賢く購入することはということは
営業スタッフに決めてもらうことではなく、あなた自身が納得して購入することなのです。

納得」という言葉を忘れてはいけません。

他社作成の見積書をもっていく

様々な車種と比較させて、賢く購入することは以前の記事でも取り上げていますが、
どんなときであれ、「比較させる」ことがなによりも大切です。

初心者でもできる!新車購入時、値引き額を最大に増やす3つの方法
新車購入するとき「商談」という形で車の形や装備品などあれこれと 決めることになるのですが、 その中でも、話し合いの焦点になるのが「新車の値引き額」ではないでしょうか。

参考:初心者でもできる!新車購入時、値引き額を最大に増やす3つの方法

あなたが購入予定の車種をライバル会社と比較したのであれば、
他社で作成してもらった見積書を持っていけばいいのです。

「え?」って思うかもしれませんが、実際には家電量販店ではよくある風景なのです。
新聞からの折込チラシ、スマホからの他社サイトでの価格表記、
どこでもよくある光景です。
別に悪いことではなければ、競争の原理に従うと、単純明快でわかりやすい。

A社とB社との間でずぅーっと悩むのであれば、他社の見積書をもっていって、
素直に「これよりも安くしてもらえませんか?」と聞いてみてはいかがでしょう。

見積書という書面の効果は絶大です。 言葉だけでは相手にも伝わらないのであまり意味がありません。
あなたも逆の立場だったらわかると思いますが、
他の店ではこう言ってました・・」という意見ほど確証性のないものはありません。

それよりも、しっかりと紙面を見せて
あなたの「意思表示」をしっかりと見せることで無駄な交渉に時間をとることがないようにしよう。

恥ずかしいという感情は捨ててしまおう

man-379800_1280

価格交渉や他社との比較検討、見積書の提示について、
「他社の見積書の価格がわかるのはあまり良くないのではないか」という
かたがいますが、なぜそう思うのでしょうか?

先程も言っているように、家電量販店ではよくある風景なのです。
知っている方も多いと思いますが家電製品最大のマーケット「価格ドットコム」
こちらのサイトにはその「商品」の価格を比較したお店がズラーっと並んでいるのです。

その価格を比較しながら「ヤマダ電機」「ヨドバシカメラ」「ビックカメラ」などは
いつも戦っているのです。

それなのに「他社の見積書の価格がわかるのはあまり良くないのではないか」という
発想自体が古いのです。

それをしなかった為に数万円、もしかして数十万円損をする可能性だってあるんです。
その数十万円を保証してくれるのならとにかく、そんなこと誰もしてくれませんよね?

「恥ずかしい」「みっともない」この言葉はあなたが勝手に作っている、
負の感情です。
このような無駄な感情はさっさと捨て去ることだ必要なんです。

さすがにネットで新車を購入するには躊躇もあるでしょう。
それなら「比較材料」のケースとして販売店に価格の比較をすることが大事ですからね。

まとめ:難しく考え過ぎない!

まだまだ「交渉」「商談」という言葉を苦手に感じている方もいますが、
大切なことはシンプルな思考ではないでしょうか。

決断に迫られたらひと呼吸置いて、持ち帰り考える。
より納得して安く購入できるのであれば他社の見積書を持って比較させる。
その行為は恥ずかしいことでもなんでもない。

以上が案外誰もやっていない商品を賢く購入する方法でした。

59.133.170.67 (2)

商談が続いていくと、今の車を下取りするかどうかを決めなければいけません。
でも、その下取り価格が「一番高いとは限りません」見積もりを比較させるように、
購入だって売却だって考え方は一緒です。

車一括査定がおすすめ
私は新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

►►愛車の「 最高額 」を一括査定で調べてみる。

かんたん一括査定ガイド

 - 新車を購入するための基礎知識