初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

人気記事セレクション1.プリウスの下取り額に大きな不満!一括査定を使って高く売却する方法
2.【悲願達成】私が新車のハリアー(PREMIUM)を買うことができた3つの理由
3.30系アルファードのおすすめグレードが「X」である3つの理由

新車を購入するための基礎知識

知ってる?1年間で新車がもっとも安く購入できる時期とその理由

更新日:

新車がもっとも安く購入できる時期

「1年を通して最も安く購入できる時期っていつなのでしょうか?」

車を購入しようとする多くの人が知りたいところですよね。

買いたいときが買い替えどきだ!」なんて名言?もあり、私も本質をついているので基本的には賛成なんですが、できればやはり知っておきたいですよね。

昔ほど露骨ではなくなりましたが、やはり今でもお得に購入できる時期というのはあります。

そこでこの記事では、1年を通してもっとも車を「安く」「お得」に購入するべき時期、また、その理由について解説します。

1年間で新車がお得に購入できる時期と理由

3月の決算フェア

まず最初に結論から。

販売店が1年を通してもっともお得に購入できる時期は3月です。

とくに3月に行われる決算フェアイベントについては、新車・オプション品の値引き額も大きく車はとてもよく売れます。

これには2つの要因があって、

  • メーカーや販売店が決算月なので、値引き額も多い(内的要因)
  • 新社会人・転勤などからくる新年度の環境の変化(外的要因)

と、内的要因と外的要因のダブルがガッチリと噛みあわさるから

もちろん新車だけではなく、中古車でも同様に売れます。

ただポジティブな面もあれば、ネガティブな面も。

3月に購入すると、登録まで時間がかからない中古車については問題ありませんが、新車の登録が間に合わない可能性があります。

だからディーラーでも先手を打って2月から決算フェアをするところがほとんどなので、2月でも十分に値引きしやすい状況になります。

正直なところ、販売店は3月に登録をして、決算に反映したいと考えています。

それなら、3月に新車を決めるとちょっと遅い可能性もあります。

なので、準備期間を含めると年明けから準備をして、2月中には結論をある程度出しておく必要があるでしょう。

また、2〜3月は、

・新社会人の入社
・サラリーマンの方が異動で転勤
・結婚や離婚など環境の変化

が非常に多くなる時期なので、販売店側も安くお得な車をラインナップさせておく時期でもあるでしょう。

9月の中間決算時期

3月の決算がもっともお得に購入できる時期なら、9月の中間決算時期についても値引き額が拡大される時期といえます。

9月の中間決算は販売店の実績を決める大切な時期なので、値引き額も拡大しやすいのが特徴です。

また、逆に前月の8月のお盆休暇前は、車がもっとも売れない時期なので、その遅れを取り返す為にもお盆明けあたりから、各販売店が躍起になって販売に力を注ぎます。

確かに3月よりも地味な印象はありますが、9月は在庫車などの値引きは拡大が多い月でもあります。

新型車が発売された(モデルチェンジ・マイナーチェンジ)大きなイベント

時期とは関係なく、新型車が発表されたタイミングも十分な買い時です。

各社とも新型車発表のタイミングは最初のスタートダッシュをかけるところなので、確実に新型車イベントが行われます。

とくにいつもより大きな折込チラシが出たらチャンスかもしれません。

チラシに力を入れているということは、そのイベントに対しての本気度が伺えます。

また普段よりも多くの広告費を支払っているので、一台でも多く販売したいのです。

新型車発表、もしくは新型車がマイナーチェンジされるタイミングはお得に購入できる大切な時期なんですね。

まとめ

1年を通して、もっとも車をお得に購入できる時期を知っておくことは必要です。

そこでいつ購入するべきか具体的に選ぶとすれば、

  1. 2月〜3月の決算期
  2. 9月の中間決算期
  3. 新型車発表のタイミング

この3つが、現在国内の販売店では、共通してお得に購入できる時期と言えます。

しかし、冒頭でも述べたように「買いたい・欲しい!」という、熱い気持ちがもっとも大切なので、その感情を優先しても全く問題はありません。

いやむしろその感情こそ、もっとも大切なタイミングなのかもしれません。

もちろん、感情のまま無茶な買い方をするのは断固として反対です。

自分の「納得できる」価格で、「無理のない」購入方法で新車を手にすることが大切ですから。

ただ、そう考えると1年で新車をお得に購入できる時期を考えるより、今乗っている車をもっとも高く売る方法を考えることが結果的にお得に購入するという最終目的に最短で近づけるかもしれません。

新車の値引き額にはやはり限界というものがありますが、あなたの車の下取り額はまだ限界じゃないのかもしれませんよ。

とくに、下取りよりも高くなる傾向の一括査定は一度は試してみてください。


私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取り査定を頼みましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

そこで、下取りを一旦辞めてネットから「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

しかも、はじめに「概算金額」から教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

無料一括査定なら最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができることができますし、 申込みも1分程度で終わるのでおすすめ。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

 
かんたん一括査定ガイド

-新車を購入するための基礎知識

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.