クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

新車購入時に展示車や試乗するとき絶対に必要なチェックポイント!

   

 

26fb36fe0d3ef1f48371245d50a25203_m

「新車を購入するときに試乗はする必要はあるの?」という質問をよくされることがありますが、
あえて一度声を大にして言っておきます。

「新車の場合には、絶対に必要です!」

なぜなら、車は「クーリングオフ制度」があるわけではないので、
そこら辺に売っている洋服みたいに「はい返品!」というわけにはいきません。

車は不動産に次ぐ、高価な買い物なのです。
家を購入するときには、モデルハウスを見学して使用感を確かめるように、
新車を買うときも1回試乗してみたうえで、
イメージとずれがないかなど、疑問に思っていることを解決しましょう。

今回は新車を購入する前にやっておくべき、

  1. 試乗する前に確認しておきたいポイント
  2. 展示車で確認しておくチェックポイント。
  3. 実際に試乗して確認しておくチェックポイント。

3つのパートに分けて説明していきましょう。

新車の展示車や試乗するときのチェックポイント

試乗する前に確認しておきたいポイント

まずはじめに、試乗する前に確認しておきたいポイントです。

ディーラーにいけば、あなたの購入予定の試乗車が必ずあると思われがちですが、
決してそんなことはありません。
必ずしもディーラーの店舗で用意されているわけじゃないんです。

例えば、

  • 新型車やモデルチェンジした車
  • マイナーチェンジや特別仕様車が発売された。
  • 売れている車

などは、常時置いてあるかもしれませんが、
もし置いてなければ、他の店舗から調達してくる必要があります。

ですから、まず試乗をするなら、前もってあらかじめ予約しておくか、
ディーラーの中でも、大きな店舗で試乗したほうがいいでしょう。

また、アルファードなどファミリーカーが購入候補に入っているなら、
家族も同行してもらい、乗り心地のチェックを一緒にしてもらいましょう。

展示車でチェックしておくポイント

Toyota_VOXY_ZS_2WD_(ZRR80W)_front

まず、試乗する前に展示車があれば、
居住性など、止まっている状態でも確認できることは山ほどあります。

シートに腰を下ろしたときのフィーリングや座り心地。
運転席だけではなく、家族と一緒に来ているなら、
後席の座り心地なども確認してもらおう。

また、乗車したときの前後左右の視界やメーター周りのスイッチ操作など、
カタログじゃわからなかった部分などをしっかりとチェックしておきましょう。

その他にも、荷室の広さとシートアレンジなども、
実際に触れてみなければわかりません。

アルファードなどの大型ミニバンは当然ですが、
最近では、シエンタなども3列シートになっているので、
シートバリエーションが複数あります。

タンブル(床下収納)式シートなのか、跳ね上げシートなのか、
また、それに伴い荷室の広さは十分に確保できているのかなどを、
自分なりにシュミレーションしておくことが必要です。

その他にも最近の新車は、収納性に優れている車が多いのが特徴です。
セダンタイプと比べて、ミニバンはもちろん、
背の高い軽自動車なども色々な場所に収納箇所があります。

自分にとって使用しやすいのかどうか。
この辺りが、試乗する前に抑えておきたいポイントです。

では、次に実際に試乗するときのチェックポイントについて説明していきましょう。

試乗車に乗ってチェックするポイント

ec1cb8a1c35e56e127f281131fe7b154_s

展示車ではどうしてもわかならない部位、試乗しないとわからない感覚などは、
試乗車に乗って疑問を解消しましょう。

例えば、エンジン性能や加速力なんて乗らないと絶対にわかりません。
購入したあとに「あれ、この車アクセル操作のフィーリングが悪いな」なんて言っても、
後の祭りにしかなりません。
後付けでターボなんて搭載できるわけないですから。

しっかりと試乗もせずに、あとであれやこれや文句をつけても、
クレーマーに認定されるだけですし、何より自分が困るだけですよね。

もちろん、カーブを曲がるときの安定性や、
ブレーキを踏んだときの反応なども違和感がないのかをチェックしましょう。

さらいには段差時の乗り心地や騒音などもチェック。
思った以上に段差の細かい音が伝わるな」「加速したときにマフラーの音が気になるな
など、試乗しなければわからなかった異音など気がつくかもしれません。

もちろん、最後に車庫入れや縦列駐車がしやすいのかどうかもチェック。
実際に自宅を想定しながら車庫入れしてみたり、バックモニターなどを使って駐車してみましょう。

ディーラーでの試乗は、店舗周辺を約15分間ほど走行するだけです。
それでも、事前に試乗しているのと、試乗していないのでは、
大きな違いがあります。

乗ることにより、得られる情報は思った以上の大きいんですよ。

まとめ

いかがでしたか。
どんなにベテランドライバーでも、試乗をしなければ
購入候補車がどんな車なのかもわかりません。

新車の注文書に印鑑を押せば、
数年間、いや多い方で10年以上乗る方だっているでしょう。

本当に試乗した車はあなたにとってのベストパートナーになりうるのか。
自分の中で、見た目が最高な車でも、
試乗してみると「案外この車ってイマイチかも」って思うかもしれません。

実際、私も初めて「FJクルーザー」を目にしたときは、
なんじゃ!この車はスゲーカッコイイ」と欲しくて欲しくて堪らなかったんですが、
いざ試乗してみると、あんなに後部座席が狭いとは思わなかったですし、
想定していたよりも、荷物が積めなくて愕然としました。

これって、実車に触れて、乗ってみてはじめて知ったんですよね。
だからこそ、高価な買い物になる新車購入時には試乗は必須なんです。

どうしても試乗ができない場合には、
せめて展示車や実車を一度は確認しておきたいところ。
納得しないまま、購入を決めてもあとで後悔しますよ。きっと。

 

新車を検討中の方は、試乗することも大事なんですが、
先に見積りをとり、購入シュミレーションをしたほうがより具体的なイメージが掴めると思います。

でも、わざわざディーラーのショールームまで来店して、
時間をかけて営業マンと対面してまで、見積りをとってもらうのが面倒
まだ購入を決めたわけでもないのに、営業されるのが嫌だって方もいるでしょう。

そんなときには、WEBからでも手軽に新車の見積もりがとれるサービスがあります。
ネット環境があればスマホからでも、無料で申し込みができる。

日本最大級の新車見積もりサイトオートックワンで無料見積りをとりましょう。



車一括査定がおすすめ
私は新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - 新車を購入するための基礎知識