クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

新車の購入費用を抑えるコツ「エコカー減税車の選び方」

      2016/02/15

新車の購入費用を抑えるコツ「エコカー減税車の選び方」

クルマを購入検討中のときに気になるの「エコカー減税」

本来購入時に納めなけらばならない「自動車重量税」や「自動車取得税」が
安くなったり、完全免除されたりと、なにかとオトクに購入できそうですよね。

その中でも、エコカー減税にも種類があるのをご存知でしょうか。
今回はエコカー減税の種類と減税額について、
また、具体的な車種について解説していきます。

エコカー減税の概要

まずはエコカー減税の概要を表にしているので確認してください。
今は6段階に分かれていて、もっともお得なのが、
購入時に免税+2回目車検(5年間)も免税という、
大幅な優遇措置である。

燃費基準達成度 自動車取得税 自動車重量税
※次世代自動車 免税 免税+2回目車検時も免税
平成32年燃費基準+20% 免税 免税+2回目車検時も免税
平成32年燃費基準+10% 80%減税 75%減税
平成32年燃費基準達成 60%減税 50%減税
平成27年燃費基準+20%・10% 40%減税 25%減税
平成32年燃費基準+5% 20%減税 25%減税

※電気自動車、燃料電池自動車、プラグインハイブリッド、クリーンディーゼルなどを指す。

軽自動車の減税

燃費基準達成度 減税率
※次世代自動車 50%減税
平成32年燃費基準+20% 50%減税
平成32年燃費基準+10%・達成車 25%減税

※電気自動車、燃料電池自動車、プラグインハイブリッド、クリーンディーゼルなどを指す。
それでは話をすすめていきます。

今の売れている新車は大半がエコカー減税車

クルマを賢く購入する方法がズバリ「エコカー減税」
平成32年度燃費基準と平成27年度燃費基準をクリアさえすれば、
その達成度合いに応じて「自動車税」と「取得税」が減税されます。

例:200万円の車種を購入するときの納税額

燃費基準達成度 取得税 重量税 購入時の納税額
平成32年燃費基準+20% 0円 0円 0円
平成32年燃費基準+10% 9,900円 5,600円 15,500円
平成32年燃費基準達成車 19,900円 11,200円 31,100円
平成27年燃費基準+20% 29,900円 16,800円 46,700円
平成32年燃費基準+5% 39,900円 16,800円 56,700円
減税対象車 49,900円 ①22,500円
②36,900円
①72,400円
②86,800円

上の表は、車両本体価格が200万円、
車両重量が1,001kgから1,500kgの乗用車を購入するときの税額です。

もっとも税額が高い場合は購入時に納める税額の合計は8万6,800円。
平成32年年度燃費基準を達成していれば、全額カットの免税になり、
初回車検の自動車重量税も同様です。

車両が200万円、車両重量が1,000kg〜1,500kgの国産車の場合であれば、
最大で8万円〜9万円の差が付くのです。
この8万円から9万円という価格をどう判断するかはユーザー次第とも言えるでしょう。

エコカー減税ではないが第一希望の車を購入する。
または、第二希望車種のエコカー減税対象車を8万円から9万円安く購入するか。
ここは予算と購入意欲で変わってくるので難しいところ。

ただほとんどの場合第一、第二希望車種は似ているクルマが多いので、
片方がエコカー減税対象車、もう片方が非対象車種とはならないと思います。

それではエコカー減税対象車の種類それぞれについて調べてみよう。

エコカー減税対象:免税車

ホンダ:フィットハイブリットHonda_Fit_Hybrid_HYBRID・L-Package_(GP5) トヨタ:新型プリウスpurius_9584723973423492s

やはり、完全に免税になるのは各社、主要メーカーのハイブリット車でしょう。
特に売れ筋である、フィットハイブリットやアクアなどは代表的な車種。
またこれから、12月に発売する新型プリウスに関しても100%免税です。

燃費はどうなんだ!? 新型40プリウスに待望の4WD! 北海道や東北の雪道対策完了
新型40プリウスがE-Fourという名前で待望の4WDを発表しました。 しかも、4WDといっても現行型よりも燃費が良くなる といった驚きの結果も出ています。 注目

参考:燃費はどうなんだ!? 新型40プリウスに待望の4WD! 北海道や東北の雪道対策完了

その他には「クリーンディーゼル車」も免税になっています。

マツダのCX-3などはクリーンディーゼルターボを搭載しているので、
値引きも含めるとかなりオトクに購入できそうですよね。

エコカー減税対象:取得税75%、重量税80%減税

平成32年度燃費基準プラス10%を達成すると、
100%ではありませんが、取得税75%、重量税80%減税されます。

ホンダ:フリードハイブリットfreed-hybrid トヨタ:新型パッソToyota_Passo_1.0_+Hana_2WD_(KGC30)_rear

こちらはハイブリットカーだけではなく、低燃費なコンパクトカー
などが多いのが特徴。

燃焼性能を向上させて、細かな改善を繰り返すことで、
優れた燃費性能を実現して減税率を達成しました。

完全に免税の車との境目がとても難しいので注意しよう。

エコカー減税対象:取得税60%、重量税50%減税

トヨタ:シエンタガソリン車 日産:デイズNissan_Dayz_HighwayStar_G_B21W_IMG_0284

平成32年度燃費基準を達成すると、
取得税60%、重量税50%減税が減税になります。

大体このぐらいの減税額から、クルマのタイプも増えていきます。
トヨタのシエンタをはじめとしたミニバンなどもこのクラスに属していきます。
※シエンタの場合はガソリン車がこちらのクラス、ハイブリット車は完全に免税

徹底比較!フリードよりトヨタの新型シエンタを購入すべき5つの理由
トヨタから新型シエンタが発売されました。 シエンタの購入を検討されている方、まだまだ悩んでいるかた。 他車種との比較はしていますか? もし。比較しているとしたら、

参考:徹底比較!フリードよりトヨタの新型シエンタを購入すべき5つの理由

また、日産デイズなどの燃費の良い車ももちろんのこと、
ホンダのミニバンステップワゴンやスバルのレヴォーグなどの小排気量の
ターボエンジン搭載車なども対象車になってくるのが特徴です。

まとめ

これから新車を購入するなら、
エコカー減税は絶対に視野に入れて置く必要があります。

ただ、2017年の4月から、消費税10%になることが予定されていますが、
それと同時に「所得税が完全に廃止になる予定」になっています。

エコカー減税については、細かな部分で非常にわかりにくい部分もありますが、
自分の欲しい車が決まったら、予算を組むときにも
参考になるので、しっかりと把握しておきましょう。

新車を検討中の方は、一度新車の見積りをとる必要があります。
でも、わざわざディーラーのショールームまで出向き
営業マンと対面してまで、見積りをとってもらうのが面倒な場合も多いです。
そのようなときには、WEBからでも新車見積りできるサービスがあります。
便利なので、一度利用してみてはいかがでしょう。

車一括査定がおすすめ
私は新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - 新車を購入するための基礎知識