初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

人気記事セレクション1.プリウスの下取り額に大きな不満!一括査定を使って高く売却する方法
2.【悲願達成】私が新車のハリアー(PREMIUM)を買うことができた3つの理由
3.30系アルファードのおすすめグレードが「X」である3つの理由

ハイエース

ハイエース200系「ディーゼル」か「ガソリン」どちらを選ぶべきなのか?

更新日:

IMG_3399

「ディーゼルエンジン」が良いのか、それとも「ガソリンエンジン」にしておくべきなのか?

ハイエースはグレード選びが難しい車ですが、原動機、つまりどちらのエンジンするかでも悩んでしまいますよね。

単純に価格の面で言うと、高額なディーゼル車よりもガソリン車を選んでも十分です。

しかしその一方で、使用目的によっては物足りなく感じてしまうかもしれません。

そこで今回の記事では、ハイエース200系エンジンの種類と特徴について詳しく解説していきましょう!

ハイエース200系「ディーゼル」か「ガソリン」買うなら選択するならどれか。

パワーの「ディーゼルエンジン」バランス型の「ガソリンエンジン」

単純に両者のエンジンを比較してみると、

  • トルクがあり、パワーもあるが高額なディーゼルエンジン。
  • 走行バランスに優れたガソリンエンジン。

このような特徴があります。

確かにディーゼルエンジンのほうがトルクの太くパワーもあるのですが、やはりネックとなるのが価格です

たとえば、同グレードにてディーゼルエンジンとガソリンエンジンを比較してみると、「約40万円」ディーゼル車の方が高くなります。※以前は60万円ほど違いました(汗)

マイナーチェンジでパワーアップしたディーゼルエンジン

IMG_3378

ディーゼルエンジンは2007年の8月のマイナーチェンジを経て2.5Lエンジンから3.0Lエンジンへと変わったことはご存知でしょう。

  • 初期型:2.5L
  • Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ型:3.0L

3.0Lエンジンの特徴としては、低回転から高回転域まで効率的な可変ノズルターボチャージャーを採用して、コモンレール式で高圧化して噴射させることで、より燃料を細かくすることことで完全燃焼をさせます。

またNOxの発生を抑えるために排出ガスの一部を水冷式クーラーで冷却し、燃焼室に再循環させるクールドEGR装置も搭載。

さらに、高性能な触媒装置でもある「DPR」などを搭載した高い環境性能とパワフルな走りを実現しているのです。

また、今回のマイナーチェンジでさらなる改良を加えることによる「低燃費」「低騒音」「低振動」および動力性能を高次元でバランスよく仕上げることに成功しました。

これらの変更により「平成21年排出ガス基準」を達成して完全に新時代のクリーンディーゼルとなったのです。

実は発売した当時は、「サプライポンプ」「コモンレール」「DPR装置」「インジェクター」など燃料装置に数々の不具合が起きていました。

でも、それも今は昔。

最近ではマイナーチェンジを繰り返していくごとに、改良を重ねて、トラブルが少ないエンジンに変貌を遂げてきたのですね。

1KDエンジン始動後のフィーリングを動画にしています。

燃費は悪いが実用的なガソリンエンジン

一方でガソリンエンジンは2.0L、2.7Lともに、VVT-iという連続可変バルブタイミング機構をもち、平成17年基準排出ガス50%レベルをクリアしています。

主軸である2.0Lガソリンエンジン

IMG_3379

最高出力は133馬力、実用的にはまったく問題が無いレベルでしょう。

ハイエースのほとんどのグレードにこのエンジンが搭載されていることからも、もっともポピュラーなタイプになります。

確かに2000CCとちょっと物足りなく感じてしまうかもしれませんが、実用性のあるトルクと伸びを感じることができます。

ただ、急な坂道などでは、パワー不足を若干感じられました。

通勤や日常生活にはなんら問題はないですけどね。

ワイドボディに搭載されている2.7Lガソリンエンジン

IMG_3380

最高出力151馬力とトルクは2リッターエンジンよりも32%アップしているのが特徴でありますが、

2.7Lガソリンエンジンはワイドボディにしか搭載されていないということ。

なので、4ナンバー標準車のスーパーGLを購入しても、2.7Lエンジンを選択することはできません。

なので、ガソリンエンジンを選ぶ選択肢の中では、「2.0Lと2.7L」というのは好みというよりも、選ぶボディ形状やグレードによって変化していくと覚えておいたほうがいいでしょう。

ディーゼルエンジンとガソリンエンジンどちらが「お得」か?

高性能でパワフルなディーゼルエンジン。

「2.0Lと2.7L」のガソリンエンジン両者とも実用性にはなんら問題はありません。

結局ボディサイズを選択することでどちらかが決まってくるのですから。

それでは「ガソリンエンジンとディーゼルエンジンどちらを選べば良いのか」という問題について。

正直、日常生活レベルではどちらを選んでもなんら問題がないのです。

燃費 市街地 高速道
2.0Lガソリン
(1TR-FE)
6〜7km/L 9〜11km/L
2.7Lガソリン
(2TR-FE)
7〜8km/L 10〜12km/L
3.0Lディーゼル
(1KD-FTV)
10〜11km/L 14〜15km/L

ハイエースは70以上のグレードが存在しているため、参考程度にしかなりませんが、ディーゼルエンジンのほうが、若干燃費が良いという計算になります。

なので、燃費シュミレーションしていくと、走る距離が多ければ多いほど、「ディーゼル車」を購入したほうが元を取れる計算になるのです。

具体的には「10年、10万km」を通過点程度として走行するつもりなら、ディーゼル車を選んだほうがいいでしょう。

また、あまり乗らず走りにこだわりがないなど、基本的な走行バランスを満たしていればなんの問題もないというユーザーには、価格差のことを考え、最終的にはガソリンエンジンを選ぶ方が多いのです。

やはり最終的には、価格と性能のバランス。

基本的にはどちらも高性能ですので、一長一短があるのは事実。

だから最終的には、仕事と遊びで使用するヘビーユーザーまた、予算にも余裕があり、より高い走行を求めるのなら「ディーゼルエンジン」

支払いがちょっと厳しいが、それでも「ハイエースが欲しい!」

また、走りにこだわりが特にないが、より静かなほうが良いというなら「ガソリンエンジン」で決まりでしょう。

実際にガソリン車のほうが販売台数も多いのが現状ですからね。

ちなみに、ハイエースの中古車ならネットで探すと圧倒的に早く見つかります。

特に誰もが知っている中古車サービス「ガリバー」ならアフターサービスも充実しているので、ちょっと年数が経過した200系ハイエースに故障があっても保証にて対応することが可能。

中古車を探すコツは、展示している在庫車を足を使ったり雑誌で探すよりもネットで見つけたほうがはるかに効率的。

今すぐあなただけの200系ハイエースを見つけましょう。

スクリーンショット 2016-02-17 03.54.33

ガリバーは中古車の不安要素でもある全車修復歴(事故歴)をチェック済みです。

また、条件次第(有償)で最大「10年の長期保証」があるので、他の中古車販売店よりも圧倒的にアフターサービスが充実しています。

しかも、中古車としては異例ともいえる100日間の返品制度もあるので安心して購入することができます。

これから、あなたと長い時間を共にする「最高の相棒」を探している方にもおすすめ。

►►ガリバーで在庫車・未公開車両を探してみる。

 


私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取り査定を頼みましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

そこで、下取りを一旦辞めてネットから「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

しかも、はじめに「概算金額」から教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

無料一括査定なら最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができることができますし、 申込みも1分程度で終わるのでおすすめ。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

 
かんたん一括査定ガイド

-ハイエース

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.