クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

新型購入のために100系ハイエースの査定額をあげる2つの方法

   

名称未設定.001

前モデルである100系ハイエースは、
平成元年から2004年まで続いたベストセラーモデルですが、
デビューしてからもう20年以上経過しました。

まだまだ現役で走行している方も多く、
そこはやはり「世界のトヨタ」の力でもありますよね。

しかし100系ハイエースは年式が古くなってきただけではなく、
走行距離も増えてきていることから、
さすがに、200系ハイエースに移行してきているユーザーがほとんどに
なってきました。

そこで、今回100系ハイエースから200系ハイエースのスムーズな乗り換え方法、
もっとも損をしないで、最新型である4型ハイエースを購入する方法について
フォーカスを当てていきます。

100系ハイエース買い取りして最新型の200系ハイエースを購入する

名称未設定.001

100系の下取りがあったほうがハイエースは安く購入ができる

100系ハイエースを売却するときに、まず思い浮かぶのは、
トヨタディーラーでの下取りではないでしょうか。

新車を購入するときには、営業マンの値引きは不可欠です。
商用車であるハイエースは、乗用車であるアルファードのようには、
スムーズに値引きが期待できません。

そこで、値引きと同等、効果的な方法として下取り車の存在があります。

下取り車がないよりも、下取り車があるほうが、
しかもそれが、100系ハイエースなら尚更、ユーザーの本気度も伺えて、
営業マンも「値引き」「下取り額」を通常よりも上げる傾向にあるんです。

ただ一方で、ディーラーの下取りをしてもらったとしても
それが最高値であるとは限りません。
なぜなら、下取り額は購入先である「トヨタディーラー」の基準で
決められているからです。

あなたが思っているより、ハイエースの価値は高く、
市場に、日本だけではなく海外に目を向けるともっと高く買取りして
もらえる可能性があるんです。

じつは中古車を取引するオークション会場でも高年式のハイエースだけではなく、
古いハイエースでも、状態によっては50万円以上のプライスがつくことも見られるのです。

では一体、古いハイエースを誰がどのように購入するのでしょう。

100系のハイエースですら、それなりの価格がつく

スクリーンショット 2016-07-19 20.18.35

ハイエースの中古車が高い理由をみなさんはご存知でしょうか。

もうデビューしてから20年以上経過しているのに、
200系ハイエースの中古車は、100万円を切ることがほとんどありません。
100系でも50万円から130万円ぐらいの価格がついている。

なぜ「ハイエースだけが」このような状況になるのかというと、
以前は、ほとんど姿がなかった外国人バイヤーが、
オークション会場にたくさん出入りして、
日本人と混じって、一緒に価格競争(セリ)をしているからです。

ある中古車オークションの買い付けしている
友人に聞いたところ、日本人よりも1割、もしくは2割程度
高い価格で落札しているとのこと。

日本人バイヤーも当然ハイエースを買い付けする必要もあるし、
最終的には市場価値があがり、下取りだけではなく、買い取り価格もあがって
いくという仕組みなんです。

要するに、外国人バイヤーが高値で購入するということは、
ハイエースブランド」が海外でも認知されている
なによりの証拠でもあるんです。

下取りや買い取り比較に持込しやすい

もちろんオークション会場でハイエースの価値があがり、
トヨタディーラーでも、ハイエースの下取り価格があがるということは、
ガリバーやビッグモーターなど大手買取店でも、
ハイエースの査定には大きな期待ができるでしょう。

なぜなら、ディーラーよりも買い取り店のほうが、
市場を意識した査定額を提示してくれるからです。

例えばディーラーでは、
自分の会社での販売ルートを先読みして、査定額を想定します。
ですから、ディーラーではどんなに下取り額を上げたくても、
市場に沿った査定額を出にくいようなシステムなんです。

一方で、買い取り店は市場を最初から意識しているので、
本来のハイエースの価値に見合った、
査定額をユーザー側に提供することができるんです。

特に効果的な方法として、価格に差を付けたい場合には、
最大で10社査定を行う、一括査定を利用することで査定に差が出やすくなります。

もちろん、ガリバーやビッグモーターなど、主要な買い取り店舗も参加しています。
また、ハイエースなど商用車のバンの買い取りを強化している店舗もあります。
ですから、買い取りという形でも、ひとつの店舗に絞るのではなく、
柔軟に対応していく必要があるんですね。

スクリーンショット 2016-07-20 6.13.13

要するに、ハイエース100系をもっとも高く買取りしてもらう1番の方法は、
トヨタディーラーでの下取り査定をしたあとに、
ガリバーやビッグモーターなども参加している一括査定で買い取り査定をして
すべての査定額を比較して、もっとも高い方を選ぶべきなんですね。

まとめ

ハイエースを購入するために、
前モデルである100系ハイエースを下取り査定をすることは間違いではありません。

ですが、下取りだけではなく、買い取り店でも査定をしてみればいいんです。
頭を固くしないで、両方を比較してみて、高い方を選べばいい。
考えてみれば、かんたんな答えですよね。

ハイエースを購入するからディーラーの下取り額が高くなるのも正解で、
海外に需要がある、ハイエースを買い取ってもらうのも正解です。
どちらが高いなんて言えるわけじゃありません。

ですが、ひとつだけ言えることは、

  1. ハイエースの新車の見積もりをとる
  2. 100系ハイエースの下取り査定をする
  3. ガリバーやビッグモーターも参加している一括査定を利用する

という流れがベストです。

ディーラーで下取りしてみなければ、相手の本気はわからない。
また一括査定で査定をしてみなければ、市場価値もわからない。

「ハイエース新車を最高額で値引きする」ー「査定額がもっとも高い場所に売却する」
=もっとも200系ハイエースを安く購入する方法。

これが正解でしょうね。

車一括査定がおすすめ
私は新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

「あなたが長年乗っていた愛車の本当の価値を知りたい」

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

かんたん一括査定ガイド

 - ハイエース