クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

廃車手数料がかからない。「抹消」をするなら業者に代行してもらおう!

      2016/06/18

名称未設定 2.001
車を処分するために多大なお金がかかると思っていませんか?

先日、車検を切らしてある状態で置きっぱなしにしてある
友人の車の廃車手続きを頼まれました。

でも、実は、廃車ってやろうと思えば自分できますし、
書類さえ揃っていれば、手数料もあまりかかりません。

ただ、それでも友人曰く「面倒くさいんだわー」と困ったことを言われましたので、
廃車手続きの方法と、またそれ以外の有効な方法を両方を紹介しますよ。
どちらが楽でお得なのか?しっかり考えて行動しましょうね!

車の廃車手続きには2種類ある「一時抹消」と「永久抹消」の違い

まずは「人に頼らずに自分でやってみる!」
という方法を紹介します。

車を廃車にするには2種類の方法が存在しています。

まずは、「一時抹消手続き
簡単にいえば、「ナンバープレートを外し、一時的に車を休止する」ことを指し、
もし気が変わって車を復活させたければ、再度登録可能な状態にしていることを言います。

なので、廃車といっても完全にスクラップにしているわけではなく、
一時的に保留状態にしている状態なのです。

例えば、転勤などで単身赴任をする方などは、
数年間の間は「車を使用しないので一時抹消」をするという方もいます。

また、中古車展示場でナンバープレートが外れている中古車は全て、
一時抹消されている状態」です。
あなたの車も同様で、自宅にあるのか?展示場にあるのかという違いだけなのです。

もちろん一時抹消をしているので、その間は「車を税金」はかかりません。
先ほど単身赴任などの例では特に有効で乗らなくなった間の、
税金の支払い義務がなくなるので、無駄な出費をする必要がなくなります。

また、反対に「永久抹消」を見ていきましょう。
永久抹消登録とは、その名の通り
対象となる車を「完全に廃車」にして、
スクラップにしたい場合などには、永久抹消登録をする必要があります。

この車にはもう乗らない」と決めたのであれば、
永久抹消をして、完全に廃車にしよう。

ですが、一時抹消と違い、永久抹消の場合には再度登録が不可能になるので、
どちらの廃車手続きでいくのかをしっかりと考えてから、
選択するようにしましょう。 あとで「ちょっと待って」なんて言っても遅いですからね。

それでは、一時抹消と永久抹消の違いを記載しておきます。

一時抹消 永久抹消
メリット ・また乗りたくなったら、新規登録することで復活することができる。
・税金がかからない
・手続きが一度で良いので一時抹消に比べて「楽」

デメリット ・最終的には、もう一度「永久抹消」手続きをしなければならないので二度手間になる。 ・うっかり永久抹消をしてしまうと二度と復活させることができない。

以上のような流れになっているので、
どちらの手続きをおこなったほうがいいのかは、
自分の状況によって異なりますので、間違わないようにしよう。

通常はどういった流れで廃車手続きを行うのか?

一般的な流れを説明しておきます。

自分で全て一時抹消をする場合

必要な書類関係

  • 所有者の委任状
  • 所有者の印鑑証明書と印鑑
  • 車検証
  • ナンバープレートの前後を取り外して持ち込み。
  • 念の為に「納税証明書」※地域によって違う

必要な書類関係は以上のようになっています。

他にも、記載が必要なマークシートは各陸運支局に用意されているので、
改めて準備しておく必要はないでしょう。
また、手数料350円を別途支払う必要があります。

このように一時抹消の手続きは、車検証の所有権が自分にあるなら、

自分と陸運支局
とのやり取りでできてしまいます。 簡単ですよね。
では、永久抹消をするにはどうすればいいのでしょう。

自分で全て永久抹消をする場合

まずは自分の住んでいる地域の解体業者に連絡をとり、
廃車手続きをする旨を伝えておきましょう。

すると、解体業者があなたの車を見に来てくれます。
また、必要書類は車検証のコピーとリサイクル券があれば大丈夫。
その後、10日から1ヶ月以内(業者によってバラバラ)に解体業者から、
移動報告番号」と「解体報告記録日」を教えてもらうことができます。
その記録のメモをとり、永久抹消登録を行いましょう。

その後に、各陸運支局に出向き、
以下の書類を用意しましょう。

  • 所有者の委任状
  • 所有者の印鑑証明書と印鑑
  • 車検証
  • ナンバープレートの前後を取り外してて持ち込み。
  • 「移動報告番号」と「解体報告記録日」のメモ
  • 念の為に「納税証明書」※地域によって違う

そして、ここで手続きが完了したら、無事にあなたの車は「完全に廃車にする」ことができたのです。
大まかな流れになりますが、
一時抹消と永久抹消の手続きの流れを説明しました。

ただ、最後にひとつだけ。
廃車する車を持って行って貰う場合には解体業者に「手数料」として料金が発生します。
これが依頼するお店や地域によって異なるのが難点なのです。
しかも、

自分と陸運支局と解体業者
という、3つが絡んでくるのでちょっと面倒にもなってくるのです。

廃車手続きを代行してくれる業者もある

私もよく廃車手続きについて問い合わせを受けることがあるので、
いつも同じような説明をしているのですが、
「一時抹消手続き」に関して言えば、そこまで面倒ではありません。

自分でやることと言えば、ナンバープレートを取り外しぐらいですので、
工具1本でもあれば、簡単にできます。
でも「永久抹消」まで一気にやる場合ですと、少しハードルが高くなると思いませんか?

実際にはできないことはないのですが、
この「永久抹消」までの廃車手続きを全て代行してくれる業者もあるのです。
それが廃車代行業者もの「カーネクスト」なのです。

スクリーンショット 2016-01-03 06.38.09

一時抹消と比べて完全に廃車にする「永久抹消」は面倒でもあります。
ただでさえ、必要書類を用意しなければならないうえに、
解体業者もこちらで探す必要があります。

知り合いの友人でもいればいいのですが、
そうそう、そんな都合のいい方いませんよね。

それなら、廃車自体を任せてしまったほうが楽ですし、
場合によっては「廃車にする車自体が売れる」ケースだってあるのです。

確かに廃車にするぐらいですので、
「高い金額」で売れるわけではないかもしれません。

でも手数料がとられるぐらいなら、
買い取りして貰えてラッキー」ぐらいに思うことができませんか?

まとめ:面倒なことは専門業者に任せてしまおう!

車を処分することも、勉強の意味ひとつだと考えてみると、
イチから全てやってみることも十分にアリでしょう。

でも、わざわざ時間を浪費してまでやる必要はないことですし、
廃車手続きは知識で抑えておいたぐらいで充分でしょう。

本来なら、廃車手続きはお金を払って行うのが正しいやり方です。
でも「車の価値」があればあるほど、戻ってくるお金が増えていきます。

しかも、事故で損傷をしているわけでもないので、
あなたの愛車は高く引き取ってくれる可能性が高くなります。

やってみる価値は十分にあるでしょう。
もし、廃車手続きが面倒くさいと感じていたり、少しでも高く買い取ってもらいたいなら、

廃車買取が完全無料の車買取カーネクストを利用してみてください。

 - 事故車や不動車を廃車にする