クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

65系ヴォクシー走行中に下回りから異常な音がする原因と修理

   

65系ヴォクシー"

AZR65のヴォクシー4WDに乗っている知人が、
走行中の下のほうから変な音がするので診てほしい」との依頼があった。

具体的には、「ウィーン」と唸っているような音がするらしく、
スピードを上げれば上げるほど音は大きくなっていくらしいのです。

私も乗ってみましたが、異常音のほうはすぐにわかりました。
結局、整備工場に持っていくことになりましたが、リフトアップをして走行してみると
すぐに原因の救命はできました。

原因はリヤの駆動輪の差をみるディファレンシャルの前に取り付けしてある
電子制御式カップリングだったようですね。
もし、4WDのヴォクシーに乗っているなら、原因は同じかもしれませんよ。

60系ヴォクシーの走行中「ウィーン」と唸る音の原因と修理

電子制御式カップリングから異音が発生

まず、「カップリングってなにさ」って話ですが、
この年式ぐらいのトヨタ車の4WDには、ほとんど採用されているシステムなんですが、

ノア・ヴォクシークラスのトヨタの4WDは、
フルタイム(常時)4WDではありません。

そのため、左手で持っているプロペラシャフトとディファレンシャルの間に、
2WDと4WDをスムーズに切り替えをするための
カップリングが備わっているんです※赤矢印のやつね。

img_5487

 

そして、カップリングの中には、
ベアリングが入っており、走行距離が増えてきたり、水が侵入することによって、
ベアリングが損傷しはじめて、やがて異音が発生してしまうんです。

カップリングの構成部品とは?

下回りからの異常音の原因は、カップリング内のベアリングと判明しましたが、
ベアリングだけ交換すれば良いというわけではありません。

なぜなら、この電子制御式カップリング。
ベアリングだけの単体補給がなく、カップリングを丸ごと交換する必要があるからです。

つまり、中のパーツ交換だけではなく、そっくり交換する必要があるので、
めっちゃ高額パーツになってしまうんですね。

img_5485

 

それでは、気になる見積もりを紹介しましょう。
なんと!「107,555円」まさかの10万円超えです涙

部品代が約88,000円交換工賃が19,000円と、見積もりのほとんどが部品代になるわけなんですね。

img_5495

カップリングを取り寄せして交換した。

見積もりが出ましたので知人に連絡してみると、
渋られもしましたが、結局は修理することを選択して部品を取り寄せることにしました。

中古パーツなども検索してみましたが、同じような走行距離のカップリングばかりなので、
再発のリスクも当然あります。
しかも中古パーツの場合、すでに故障している場合もあるし、返品も効きません。

中古パーツを使用するリスクを説明した結果、
無駄な部品代や工賃がかかるは嫌ということで、
新品で交換することになりました。

img_5483

 

img_5484

高額パーツの交換の判断は正しいの?

もちろんあとは交換だけだったので、異常音は見事に消えました。
無事に修理完了です。

ただ、私の中ではちょっと疑問もありました。
なぜなら、それぞれ車についての考え方があるから当然ですが、
この年式のヴォクシーを10万円以上かけて修理する必要があるのかどうかに、
疑問を持ったからです。

例えば、修理するぐらいなら価格が手頃になってきている70系のヴォクシーの中古車を購入するか、
それとも、80系ヴォクシーの新車を購入したほうがいいのではないかとも思いました。
もちろん知人にその話もしましたが、最終的には修理という方法を選びました。

ただ、今回無事修理ができても、
これからも走行距離に応じて故障するリスクが高まる一方です。

例えば、車検でもそうでしょう。
2年に1回受けなければならない車検代だって高額になっていくでしょう。
バッテリー、ブレーキパッドやベルト関係の消耗品や、
エンジンやミッションプラス、足回りなども消耗しはじめてきています。

しかも、新車から13年以上経過しているので重量税などの法定費用も高くなります。

つまり、車を維持していくうえで、長期的な視野で見た場合には、
そろそろ、入れ替えしても良いタイミングでもあるわけなんですね。

まとめ

もしあなたが同じような4WDのヴォクシーの乗っていて、
異常音に悩んでいるなら、電子制御式カップリングが故障している可能性があります。

また、ヴォクシーだけではなく、兄弟車であるノアも全く同じ部品を使用しているので、
走行距離に応じて故障する確率は高くなります。

もちろん、10万円以上の修理代をかけて治してもいいでしょう。

ですが、しつこいようですが、このような駆動系の故障があるということは
そろそろ車の寿命が近づいているのも事実。
入れ替えするタイミングというかチャンスでもありますからね。

中古車のガリバー
では、ヴォクシーの中古車が豊富に掲載されています。
中古車といっても、長期保証をかければ長く乗ることができるでしょう。

また、購入予算が足りなければ、
今乗っているヴォクシーを一括査定で査定をしてもらい、
購入費用の足しするものありかもしれません。

故障したヴォクシーの修理代と、これからの将来的に故障するリスク、
そして、新しい車を購入するメリットを天秤にかけてみると、
私は、新車でも中古車でも、自分の予算に見合った新しい車を購入するべきだと思います。

スクリーンショット 2016-02-17 03.54.33
やはり中古車の在庫を確認するなら大手のメーカーが1番です。
ガリバーの累計販売台数は30万台。
累計買取台数は300万台。時間にすると、
4分に1台を買い取り、11分に1台を販売している計算になります。

また車種により、最大で10年の保証期間があるので、
長く乗られる愛車を探している方にもおすすめです。
7割の未公開車両の在庫を優先的に見つけてもらえる。

►►中古車販売実績NO.1のガリバー
であなたの条件にピッタリ合う、1台を見つけよう!

車一括査定がおすすめ
私は新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

►►愛車の「 最高額 」を一括査定で調べてみる。

かんたん一括査定ガイド

 - 車の故障トラブル