クルマハック|「車を高く売る方法」

初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」や「新車&中古車の賢い購入方法」など車のことがわかるサイト

原因はなに!?ブレーキを踏んだらリヤから「ゴー」と異常音。

      2016/05/26

IMG_4155
「ブレーキを踏んだら、後ろから『ゴー』と明らかな異常音がするから見てほしい」

私のお客さんから、ブレーキ廻り点検の依頼を受けましたので確認してみました。

車はトヨタの「マークX」現行型ではなく、前のモデルのGRX12系になります。
ただ車を預かってきて、乗った瞬間に原因がわかりました。
明らかにリヤブレーキ。 ブレーキパッドがなくなっている音がしたのです。

トヨタマークXのリヤブレーキからの異音

マークXのリヤブレーキの診断

リヤのホイールスポークからブレーキを覗いてみるとすぐにわかりました。
リヤディスクローター」といってパッドを挟む円盤に大きな傷が入っていました。

また、リヤのホイールに大量のブレーキダストが付着していたので、
パッドが異常摩耗していると予想されます。

リヤブレーキというよりも、右側がより酷かったので、
主原因はリヤの右のブレーキだと確信に変わりました。

IMG 4144
通常、円盤であるリヤディスクローターを傷つけないためにも、
ブレーキパッドは定期交換部品です。
ですが、思った以上のスピードで早期摩耗してしまったようなんですね。

見てもらえればわかりますが、
左側が残量がなくなってしまったパッドで、
右側が新品にリヤブレーキパッド。

パッドが0ミリになってしまうと、
制動力が落ちることはもちろん、それだけではなく、円盤であるディスクも傷つけて
しまうので、リヤブレーキ廻りを全部交換しなくてはならないのです。

IMG 4145

 

また、ブレーキパッドを抑えるピストンも全く動きません。
いわゆる固着している状態なのです。
なので、リヤブレーキが引きずりを起こし、
常時リヤブレーキが効いている状態だったのです。

外観同様のピストンの中身も赤錆を起こして全く動かない状態です。

IMG 4146

 

修理しないと仕方がないので、リヤブレーキを修理します。
とりあえず傷がついた円盤であるディスクローターを研磨作業をしてもらい
磨いてもらいました。

専用の研磨機器が必要になるのです。
新品の部品代よりも、半額ぐらいで済むので交換するよりもお得です。

IMG 4147

実はリヤブレーキは延長保証の部品だった。

ディーラーの方に説明を受けたのですが、実はこちらのマークX
保証延長になっていたようなんです。

該当する部品は「リヤブレーキキャリパー保証期間延長

しかも「9年間」という長期保証じゃありませんか。

融雪剤散布地域を繰り返し走行し足回りの手入れ(洗浄)が不十分なまま使用を続けられますと、リヤブレーキキャリパのスライドピンが錆びて摺動が悪くなることがあり、異音が発生したり、車検時の定期点検等の際に摺動不良が発見されることがあります。

LINK:クラウン、クラウンマジェスタ、マークX リヤブレーキキャリパの保証期間延長

じゃあ、保証延長で対応なのか?
と思ったのですが、実はこの車平成18年車ですので、
丸10年経過しているのです!滝汗。

9年間の保証期間があるのに、新車登録から10年経過。
そうですね、はい。「保証対象外」という扱いになる!
悔しー!!
もうちょっと早く気がついていたなら、
無償修理だって考えると非常に惜しかった案件でしたね。

まあ、私はクレーマじゃありませんので、保証期間は甘んじて受け入れしましたけどね。

気になる修理代は?

IMG_4149

保証対象外ですので、修理に請求がかかります。
請求金額を見てみると、約30,000円という見積もりがでました。

その中には、リヤブレーキパッドの交換やリヤディスクローターの研磨作業、
また、リヤブレーキキャリパーの修理も含まれています。
まあ、10年落ちのマークXなので、次回はフロントブレーキの修理も必要でしょう。

さらに、今回の修理には関係ないのですが、

  • バッテリーの容量不足
  • リヤディファレンシャルのオイル漏れ
  • ショックアブソーバーのオイル漏れ

など、まだまだ整備は必要になるようなんですね。

この先も乗り続けることが可能なのか?

さて、ブレーキの修理も完了してお客さんに説明をして、
無事納車も完了です。

まあ、10年経過しているので、色々な部分に修理も必要になっていきます。
ただ、お客さんが不安視しているのが、この先も乗り続けることができるのか?
この部分がやはり今後乗り続ける上でのボトルネックになるようですね。

ただ、この問いに対しての答えは、
残念ながら、即答することはできません。
なぜなら、車というのはどこが寿命なのか人それぞれによって違うからです。

例えば「エンジンやミッションが壊れるまで乗り続ける」のか、
「車検に合格し続けるまで乗り続ける」のかでも、違っていきます。
車検に合格するだけなら、修理代さえ惜しまなければまだまだ乗り続けることはできるでしょう。

ですが、この先故障のリスクを背負いながら走行することにはなります。

距離数も10万kmを超えました、新車から10年経過しました。
1回目の車検の車よりも故障リスクが高いことは当然です。

その中で、どう折り合いをつけていくのかが重要なんです。

私個人の意見を言わせてもらうと、次の車検で入れ替えです。
予算的な問題もあると思いますが、今回はリヤブレーキの故障でしたが、
事実フロントブレーキ廻りやオイル漏れだって今後修理しなければなりません。

また、その他にエンジンやミッション、
ハンドルや各部センサーなども故障する可能性はあるでしょう。

その都度、大きな出費をかけて修理していくよりも、
そろそろ入れ替えも検討してもいい時期なのかもしれませんね。

まとめ

IMG_4156
とりあえず、今回の修理であるリヤブレーキの交換作業は終わりました。
また入れ替えについても、前向きに検討するとのことです。

車の修理代は案外大きな負担になります。
また、あれもこれも壊れていくと、新しい車の頭金になるぐらいいの
費用がかかるかもしれませんね。

その辺りは、柔軟性を持って対処して欲しいと思います、
入れ替え検討するなら、下取りや買取りという話にもなるのですから。

車一括査定がおすすめ
私は新しい車を購入するため、自分の乗っていたホンダの「フィット」を
ディーラーに下取りにだしたところ、思った以上の値段はつけてくれませんでした。

だから、下取りは一旦やめてインターネットにて車一括査定を申し込み、
複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で142000円の価格差がつきました。
「概算金額」も先に教えてくれるので、自分の車の「相場価格」も知ることができる。

高価査定を勝ち取るには徹底した比較が不可欠。

提携会社である、50社以上の厳選された買い取り店の中で、

最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができること。

それこそが一括査定のメリットであり、最大の強みでもあります。

►►愛車の「 最高額 」を一括査定で調べてみる。

かんたん一括査定ガイド

 - 車の故障トラブル