初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

人気記事セレクション1.プリウスの下取り額に大きな不満!一括査定を使って高く売却する方法
2.【悲願達成】私が新車のハリアー(PREMIUM)を買うことができた3つの理由
3.30系アルファードのおすすめグレードが「X」である3つの理由

車の故障トラブル

アルファードのリアタイヤ付近から冷却水漏れ!その原因とは一体!?

投稿日:

後ろのタイヤからピンク色の液体がポタポタと垂れている。

連絡が来たのは私の知人からで、電話口からの朝っぱらから大騒ぎでした。

知人が乗っている車は、トヨタの10系アルファードの3リッターエンジンで寒冷地仕様車に乗っています。

とりあえず、現地に確認しにいったところ、タイヤ付近にピンク色の液体が漏れているようで、このピンク色した液体の正体は「エンジンの冷却水」で間違いないでしょう。

つまり、現状では、エンジンの冷却水が漏れている状態です。

もちろん、そのままにはしておけないので、まずは実際どこから漏れているのか確認してみることにしました。

この記事では、リアタイヤ付近から冷却水が漏れている原因と、修理するためにはどれぐらいの修理費用が必要になるのか、この2点を中心に解説していきます。

アルファードの後方からの冷却水漏れ!その原因とは一体!?

冷却水漏れの原因はリアヒーターユニットの付近

運転席側の後席にあるのは、リアヒーターユニットなので目視点検します。

ただ、そのままの状態では、点検ができないので邪魔な「右側サードシート」と「右側の内張り」を取り外します。

これはもうほぼ外れた状態の写真です。

 

こちらの部分がリアヒーターユニット。

フロントからのヒーターの配管や、スイッチなので配線が後ろまできています。

また、ヒーターの風を出すヒーターダクトなども入っています。

 

すると、なにやら怪しいところを発見。

 

なんと、ヒーターパイプの付け根から、ピンク色の冷却水が滅茶苦茶漏れています。

原因は、200%このリアヒーターパイプで間違いはないでしょう。

リアヒーターパイプ交換の見積もりは3万6,000円

整備工場で見積もりを作成してもらいました。

部品交換と技術料すべて合わせまして約3万6,000円

作業内容と交換部品を確認したところ、

  • リアヒーターパイプ交換
  • リアヒーターホース2本交換
  • リアヒータークリップ3個交換
  • 冷却水補充
  • サードシート、内張り脱着

パイプ自体は思ったほど高額ではなく、修理内容としては作業工賃のほうが多いようですね。

アルファードのリアヒーターパイプを交換した。

2日後には部品が揃ったので、交換作業をしてもらいました。

こちらがリアヒーターのパイプでそんな長いものではありませんでした。

その他にも、ヒーターホースやクリップなども同時交換。

交換自体は特別専用ツールなど必要なさそうでした。

作業よりも、リアヒーターパイプを交換することによる「冷却水の循環」のほうが大変だったみたいので、やはりこの距離まで配管が来ていると、エア抜きがなかなかうまくいかないとのことなんですよね。

まとめ

今回はリアヒーターパイプの冷却水漏れの修理を実施しました。

このまま冷却水が漏れた状態で走行し続けますと、オーバーヒートの原因になり、エンジンに大きなダメージを受けることにもなりかねないので、早急に交換が必要です。

新しい車への買い替えや、売却予定がないのであれば早めに対応するのがベスト。

とくにエンジンに関わる部位なので、故障すると数十万円の損害を被ることになりますからね。


私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取り査定を頼みましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

そこで、下取りを一旦辞めてネットから「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

しかも、はじめに「概算金額」から教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

無料一括査定なら最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができることができますし、 申込みも1分程度で終わるのでおすすめ。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

 
かんたん一括査定ガイド

-車の故障トラブル

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.