初心者でも失敗しない「車を高く売る方法」やトヨタ車を中心に「新車&中古車の賢い購入方法」などに詳しく解説

クルマハック|「車を高く売る方法」

人気記事セレクション1.プリウスの下取り額に大きな不満!一括査定を使って高く売却する方法
2.【悲願達成】私が新車のハリアー(PREMIUM)を買うことができた3つの理由
3.30系アルファードのおすすめグレードが「X」である3つの理由

車検を受ける

ディーラーは高い!アクアの車検費用と実際の見積もり比較してみた!

更新日:

IMG_2963

「アクアの車検っていくらぐらいでできるのだろう。。」

車を買ってから3年という節目は「はじめての車検」の時期になりますが、「車検=高額」という印象を持っていると思います。

また、年式的に「2回目の車検」という方もいるでしょう。

実際に、はじめての車検について質問は「車検にかかる費用」ついてがほとんど。

もちろん本音ではみんな「できるだけ安く車検を受けたい」と思っている方が非常に多いのです。

そこで、

  • トヨタディーラーではどのぐらいの価格で車検が受けられるのか。
  • ディーラー以外で信頼性があり、安くできる車検センターはないのか。
  • ディーラーと車検センターとの価格の違いはどのぐらいなのか。
  • 結局はどこで車検を受けたほうが良いのか。

などの疑問点について、私なりに解説していきます。

実際に知り合いのトヨタディーラーにて、車検見積もりをしてきたので報告も兼ねながら違いについて説明していきましょう。

►►楽天車検を利用して格安でアクアの車検をとる。

 

ディーラーと格安車検センターの車検料金を比較する。

トヨタディーラーで、アクアの車検費用(法定費用)の見積もり額

まずは某トヨタディーラーにて車検見積もりを依頼しました。

元々付き合いのあるところなので、見積もり作成は快くOKしてもらいました。

基本的に車検見積もりだけを行いたいなら、事前に予約は必要です。

また、所持するものとして、印鑑や納税証明書などは不要ですが、車検証だけは車両データーの入力するためには必要になるでしょう。

それでは、まず車検整備で絶対に必要な法定費用についてお話しましょう。

自動車重量税

まず、アクアの1回目の車検では減税になっており重量税が7,500円になります(ちなみに2回目は15,000円)

アクアの車両重量は1000kg以上1500kg以下なので、通常の重量税は24,600円なんですが、ここまで安い理由は単に「エコカー」だから。

同じ重量の車と比較しても17,100円も違うんですよね。

この点が、非エコカー車とは違って、車検代の節約に繋がるアクアに乗るメリットのひとつでもあるんですよね。

スクリーンショット_2015-11-14_01_40_11

自賠責保険

法定費用は、重量税の他に、強制保険でもある自賠責保険が必要です。

新車購入時は、3年間の自賠責保険がかかっていましたが、車検時には次回2年後の車検までの「24ヶ月」を掛けることになります。

24ヶ月間の自賠責保険金額27,840円が別に計上されることになります。

印紙代

指定工場で車検整備をおこなうと、印紙代が別途1,100円必要になります。

印紙代とは、車検整備にかかる大切な書類作成の費用。

まあ、平たく言うと「検査手数料」とでも考えていいでしょう。

以上が法定費用と言われている、3種類の費用になります。

つまり、

  • ディーラー
  • 民間の車検センター
  • ガソリンスタンド
  • 自分で陸運局に持ち込みする

いかなる場合でも、重量税7,500円+自賠責保険24,780円+印紙代1,100円の合計である36,440円は絶対にかかることを忘れないで下さいね。

実際にアクアを分解して、車検の見積りをおこなった

法定費用に続いて、車検にとって肝心な「整備代」の見積もりです。

ちなみに今回見積もりを依頼したアクアの走行距離は、3年間で1万6,000kmしか走行していなかったので、車自体にダメージはありませんでした。

せっかくなんで、下廻りを拝見させていただきました。

IMG_2956

 

こちらがブレーキ周りになります。

ただ、16,000km程度の走行距離なら、ブレーキパッドは全く消耗しておらず、8ミリ以上残っていました。

想像以上にブレーキパッド残量があったので、あと6、7年ぐらいは余裕で持ちそうとのこと。

IMG_2958

 

あと、マフラーなどの錆びはないかのかチェック。

多少の錆はあるが、とりわけ問題はありません。

また、新車のときに下廻りの防錆剤を塗布しているのですが、剥がれてきていないかをチェック、全く問題はなさそうですね。

IMG_2954

ディーラーでも車検見積もりの総額はこのぐらいになった。

1時間ほど見積もりをしてもらい、肝心の見積もりを作成してもらったところ88,442円の見積もり額となりました。

その内訳を説明すると、

アクア車検見積もり 88,442円
整備代金 38,070円
検査代行手数料 13,932円
法定費用 36,440円

IMG_2964

もちろんオイル交換など、余計な整備は一切せずの最低料金です。

正直言って「ちょっと高いなぁ」という印象を受けました。

実際のところ、16,000km走行したコンパクトカーの車検なんて、定期点検に毛が生えたようなものだと思っています(元々は車検の受け付けとかしていた経験上)

とくに高額に感じたのが、整備代+検査代行手数料の「52,002円」は高いと言わざる得ません。

そもそも検査代行手数料の13,932円ってなんやねん?

安心費用といえばそれまでですが、ディーラーが高いと言われている部分がここにあるんですよね。

では今回比較対象である、ネットを利用する「楽天車検」にて同じように見積もりをとってもらいました。

ネットの楽天車検をすると、見積もりはどのぐらい?

一方でネットで利用できる楽天サービスの「楽天車検」のサイトにて、アクアの見積もりを確認してみました。

スクリーンショット_2016-06-13_6_00_13出典:楽天車検

こちらが実際に楽天車検のページに記載されているアクアの車検の参考費用になります。

ただ、こちらの法定費用に多少間違いがあり、53,540円ではなくて36,440円が正解です。
※実際に車種別に異なるエコカー減税は考慮していません。

ただ、驚きなのがディーラーでの整備費用52,002円に対して、楽天車検では20,850円が平均的な価格となっており、なんと楽天車検のほうがディーラーよりも整備代が「約30,000円以上」も安くなっているのです。

整備士代金(検査料含み) 法定費用 車検費用
某ディーラー

52,002円 36,440円 88,442円
楽天車検センター(平均) 20,850円 36,440円 57,290円

このように改めて計算してみると、完全に整備費用だけの差になってしまいますよね。

もちろん購入して5年、7年経過して大きな整備が必要になるのなら信頼性のある、ディーラーにお願いしたほうがいいでしょう。

ですが、今回のように

  • 1回目や2回目の車検
  • 距離数が50,000km以下の車
  • あまり車検費用を掛けたくない車

などの車検については、整備代金が割安である、楽天車検を利用したほうが経済的にもお得ですよね。

まとめ

スクリーンショット 2016-06-13 7.22.44

結局、今回は価格の面でディーラーでの車検は見送ることにしました。

やはり両社の価格差3万円は予想以上に大きく、その価格差を埋められるだけの魅力はディーラーにはなかったからです。

確かにメーカー系である、ディーラーで車検をおこなうと安心かもしれません。

ただ安心感だけいえば、ディーラーだけじゃなく優良な民間車検工場でも十分可能です。

たとえば今回紹介した、楽天車検などが提携している「アップル」や「オートバックス車検」「エネオスDr.ドライブ」「車検のコバック」などの整備品質が大きくクォリティーが下がるわけでもありません。

さらに楽天車検を利用すれば、楽天ならではのポイントサービスも充実。

ネット予約で、最大で1500円以上安くなるポイントプレゼントも実施しています。

「車検はディーラーに頼むべき」と、そこばかりに固執していると、この先もディーラーでしか整備ができなくなります。

その思い込みを、一度壊して違う場所を試すことも大切だと思います。

もしもあなたが現時点で、

  • 車検代が高いと感じていて、支払う費用に不安を感じている。
  • 楽天ポイントを手に入れて、支払う金額をできるだけ取り戻したい。
  • ディーラーと同じぐらいの整備をお願いしたい。

と少しでも考えているならまずは、自宅近くの店舗を楽天車検のサイトにて検索してみましょう。

とくに、車検費用を安く抑えるならネットを利用するべきで、スマホからでもかんたんに申し込みができます。

楽天車検で事前見積もり予約して、車検見積もりに満足ができればそのまま依頼しましょう。

►►楽天車検でアクアの車検を格安でとる。


私は新車を購入するため、今まで乗っていたプリウスをディーラーに下取り査定を頼みましたが、予想してたよりもはるかに低い査定額でした。

そこで、下取りを一旦辞めてネットから「車一括査定」を申し込み、複数の業者から同時に査定してもらったところ、最大で234,000円の価格差がついたのです。

しかも、はじめに「概算金額」から教えてくれるので、自分の車の「相場価格」もかんたんに知ることができる。

無料一括査定なら最大の「10社」買い取り業者を使って同時に比較ができることができますし、 申込みも1分程度で終わるのでおすすめ。

►►45秒でできる、無料の「かんたん車査定」を見てみる。

 
かんたん一括査定ガイド

-車検を受ける

Copyright© クルマハック|「車を高く売る方法」 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.